【今の職場に不満のあるあなたへ】ベンチャー企業に転職するメリットについて解説

【今の職場に不満のあるあなたへ】ベンチャー企業に転職するメリットについて解説

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

今回はベンチャー企業に転職する際のメリットについて解説します。

今の仕事に満足できないので、ベンチャーに転職しようと考えている人もいるかもしれません。

その際に注意したいことなどについて詳細な解説をしているので、ぜひ確認してみてください。

メリットを明確にした後は、大手とベンチャーの違いなどについても紹介しています。

本気で転職するつもりならば、ベンチャーの情報については、徹底的に調べておくべきなので、ぜひ把握しておいてください。

【ベンチャー転職のメリットとは】ベンチャー企業に転職するメリットとは

ベンチャーに転職を考えているのならば、ベンチャーに転職をする際のメリットについて考えておく必要があるでしょう。

現状の職場よりも、メリットが少ないのであれば、あえて転職する必要はありません。

そして、ベンチャーに転職するメリットの中心になってくるのが、自分の実力が認められる環境にあるということでしょう。

その点を中止に、転職するメリットについて紹介していきます。

結果を出せば年齢関係なく昇給・昇進できる

ベンチャーの大きなメリットとして、結果を出せば、年齢に関係なく昇給や昇進をすることができます。

大手企業というのは、まだまだ昔の体質が残っていることが多く、縦社会だったり、年功序列だったりします。

若手が手柄を立てることよりも、若手が年配の人たちに手柄を譲るのが普通という考え方もありますので、これがあまり合致しないという人もいるでしょう。

そうした人にとっては、ベンチャーの結果を出せる社会システムというのはメリットが大きい可能性があります。

結果を出せない人にとってはデメリットになりますが、逆に結果を出せる人にとっては、これほど良い環境はなかなかないでしょう。

スピード感を持って働くことができる

大手企業というのは、大きなものを背負っているので、意思決定が遅い傾向があります。

しかし、ベンチャーはそれではやっていけませんので、基本的には意思決定がスピーディーです。

場合によっては、下の人たちもかなりの裁量権を提供して、自分たちで判断して行動できることもあります。

せっかく仕事をやる気になっているのに、たくさんの人に確認が必要といった場合には、仕事ができる頃にはやる気がなくなっている可能性もあります。

また、途中でストップが入って、水を差されることもあるのではないでしょうか。

こういった心配が少ないのがベンチャーになっていますので、向いている人にはかなり向いているでしょう。

さらに、こうした意思決定の早い環境に身を置くことによって、自身も素早い意思決定ができるようになってきます。

能力の幅を広げられる

ベンチャーのメリットの中には、能力の幅が広がるというメリットがあります。

ベンチャーでは、いろいろな仕事を任されることが多いので、その分だけいろいろな能力を身につけられる可能性が高いのです。

もちろん、未経験のことにチャレンジする機会も多くなってきますので、好奇心を刺激されるというメリットもあわせてついてきます。

常に、新しいことにチャレンジできる環境というのは、人を成長させるのには最適な環境とも言えますので、そういった環境に身を置いて、自分をどんどん鍛えていきたいのならば、ベンチャーはおすすめできるでしょう。

【ベンチャー転職のメリットとは】ベンチャー企業と日系大手の違い

ここではベンチャー企業と日系大手の違いを紹介します。

ベンチャーは、日系の大手と比べることによって、その特異性が目立ちます。

こうすると、よりベンチャーに対しての理解が深まりますので、ぜひ比較してみてください。

仕事の役割分担にはどういった違いがあるのか、仕事の進め方にも違いが見受けられるか、さらに、給与体系にも違いはあるのかなど、比べるポイントは多岐にわたります。

比較すればするほど、どんどんベンチャーの魅力に気付くことができるかもしれません。

仕事の役割分担

大手とベンチャーの違いを確認してみると、仕事の役割分担には大きな違いが見受けられます。

大手は人数が多い分、一人ひとりの担当する業務がしっかり決まっていることが多いです。

一方でベンチャーは、役割分担がきっちり決まっているわけではないため、1人がいろんな業務を受け持つことがあります。

これが本来の仕事を妨げたりすることもありますし、逆にいろいろな仕事をすることによって、能力アップにつながったりすることもあります。

ベンチャーで受け持っていたいろいろな仕事がきっかけになって、転職した際に役立つといったこともあるようです。

思わぬ仕事を任されることもありますので、これはベンチャーの楽しみであるとともに、ベンチャーの辛さであるとも言えるでしょう。

仕事の進め方

日系大手とベンチャーが大きく違う部分には、仕事の進め方もあります。

この部分は、本当に全然違って、まず大手にはしっかりとしたマニュアルがあります。

かなり詳細な部分まで決められていて、あまりルールに逸脱したことはできないようになっているのです。

良くも悪くも基本的には個人によってやり方に差が出ないようにしています。

対して、ベンチャーは大枠はあっても自分流にやり方を変えられることが多いのです。

絶対にやらなければならないことと絶対にやってはいけないことをいくつか決めて、後は社員の裁量に任せるようなやり方をすると、とてもその社員は伸びます。

そんな意味では、成長という観点から考えると、ベンチャー企業の仕事の進め方のほうが優秀であると言えるでしょう。

給与体系

気になる給与体系についても、大手とベンチャーでは大きな違いがあります。

大手は一定の年齢までは役職・給料共に同じスピードで上がっていくことが多いです。

一方で、ベンチャーは結果を出しさえすれば20代で部長になることも有り得ます。

これについては、人によってメリットと言えるかどうかは異なってくるでしょう。

実力のある人ならば、ベンチャーでどんどん上にいけますが、実力がなければ、いつまでも下のままという可能性があるのです。

大手企業では、そこまで実力が伴わずとも、年功序列の社風が強いところであれば、勝手に昇進することも多いです。

もちろん、それに伴って給料も上がってくるでしょう。

給与体系については、完全にその人の能力に左右される部分なので、しっかりと自分がベンチャー向けかを把握しておきたいところです。

【ベンチャー転職のメリットとは】外資系企業と比較した際のベンチャー企業の良いところ

日系大手と比較するのならば、外資系企業とも比較しておきたいところです。

外資とベンチャーは似ている部分こそあるものの、まったく違った存在になります。

実力、成果主義という点では、外資もベンチャーも同じなのですが、それ以外違った部分がたくさんありますので、そういった部分も比較しておくことによって理解が深まるでしょう。

組織規模が小さいため意見が通りやすい

まず、ベンチャーと外資を比べてみたときに、入社のしやすさが違っています。

ベンチャーは、組織規模が外資系企業に比べて、就職試験に通りやすくなっています。

日本にある外資系企業などは、とにかく規模が大きい大企業が多く、そういった企業に入社するのは、一筋縄ではいかないでしょう。

特に、学歴がそれほどないので、ベンチャーに入ろうとしているような人にとって、外資はかなりハードルが高いはずです。

組織規模の違いは、意見の通りやすさにも関係していて、社長や経営幹部、上司との距離が近く、自分の意見・提案を上に通しやすいというのもベンチャーの特徴になってくるでしょう。

外資系企業においては、新入社員が意見を言っても、それが通るということは、まずないと言えるでしょう。

事業の決定権を持っている

事業の決定権を持っているというのも、外資と比べた場合のベンチャーの強みであると言えるでしょう。

事業の決定権を持っているということは、責任は重大ですが、やりがいにつながる部分でもあります。

また、外資系の場合は、ほかのアジアの国々の成長により日本市場の重要性が低下したために、日本支社に予算などの決定権がない場合もあるのです。

このような場合は、特に決定権がなくなってしまいますので、おもしろい仕事ができない可能性もあります。

このように世界情勢を踏まえたうえで、地域的な特性まで考えてみると、外資系企業の欠点というものが見えてくるはずです。

英語が苦手でも仕事に支障がない

自らの英語のスキルによっても、外資なのかベンチャーなのかが変わってきます。

外資系企業の場合は、よほど実力がなければ、英語スキル不問は考えられないでしょう。

外資系企業にはさまざまな人種の人が働き、海外との連絡も多い外資系は、さすがに厳しいものはあるでしょう。

一方で、ベンチャー企業というのは、外資系企業とは事業領域が異なってきますので、必ずしも英語が得意でなくとも問題ありません。

ただし、注意が必要なのは、ベンチャー企業といっても、グローバルに展開しているような企業の場合は、英語が必須であることもあります。

ベンチャーの中には、果敢に海外に飛び出す企業もありますので、そういった企業の場合は、むしろ外資系企業よりも英語スキルが求められることもあります。

なぜならば、担当者が少ないので、通訳を頼める相手が少なく、自らの言語能力に依存する部分が非常に大きいです。

【ベンチャー転職のメリットとは】ベンチャーに向いている人

最後にベンチャーに向いている人の条件について模索してみます。

ここまでベンチャーのことをさまざまな対象と比較することによって、紹介してきました。

最後におさらいとして、改めてベンチャーのメリットについて確認してみましょう。

そうすれば、自分はベンチャーに転職するべきなのか、どうなのかが明確になってくるでしょう。

マルチタスクができる人

マルチタスクができる人は、ベンチャーに向いているかもしれません。

ベンチャーというのは複数の仕事を同時進行でするのが当たり前の世界です。

一人ひとり役割が与えられているというようなものではありませんので、マルチタスクができる人のほうが強いです。

また、とにかく人手不足になっていますので、複数のことをこなせる人が多ければ多いほど、ベンチャーは円滑に回ると言えるでしょう。

結果にこだわれる人

ここまでの説明からもわかったかと思いますが、ベンチャーというのは実力主義です。

実力があれば良い思いができますし、実力があれば、仕事を任せられます。

そのため、結果にこだわる人というのは、ベンチャーが求める人材の大前提です。

いくら能力があっても、あまり結果がこだわらない人であれば、仕事に対する意欲が少ないので、どうしても淡白になってしまいます。

一方で、結果にこだわる人は、仕事に対して前向きで、がむしゃらになって、仕事に邁進することができるのです。

どちらがベンチャーに向いているかは、一目瞭然ではないでしょうか。

これまでの人生で、数字にこだわることが多かったという人は、ベンチャー向きです。

柔軟な人

柔軟な発想をすることができる人はベンチャーに向いているでしょう。

困難な状況でも自分の頭で考え臨機応変に対応できる能力が必要になってくるのです。

そもそもベンチャーというのは、困難の中に飛び込んでいくようなスタイルとなっています。

だからこそ、困難は当たり前であり、その困難に対して、前向きに進める人こそが、ベンチャーで生き残っていくのです。

【ベンチャー転職のメリットとは】ベンチャー企業に転職する際の注意点

ベンチャーへの転職を考える場合には、ついついメリットばかり見てしまいます。

しかし、本当に考えなければならないのはデメリットです。

ここでは、あまり目を向けたくないベンチャーのデメリットについて紹介しますので、それを踏まえたうえで転職するかどうかを決めてみると良いでしょう。

転職をするうえでメリットは当然なので、重要なのはデメリットです。

また、ベンチャーのデメリットについて、より詳しく説明したコンテンツを用意しておりますので、そちらもあわせて確認してみてください。

福利厚生が大手に比べ劣っている

ベンチャーのデメリットで大きいのが、やはり福利厚生が大手に比べて劣っているという部分でしょう。

家賃補助などについても、大手のように充実したものが手当てされるわけではありません。

家賃補助が十分ではないと、せっかく年収は上がっているのに、可処分所得がいまいちという状況が有り得ますので、ここは注目すべき部分です。

さらに福利厚生の部分は、社員の職場環境という部分にも関係しているかと思いますが、有給がなかなか消化できないなどのデメリットもあるでしょう。

ベンチャーはとにかく人手不足なので、もしあなたが戦力として活躍できる存在ならば、なかなか休みは取れないと覚悟したほうが良いかもしれません。

さらに、実力のない人にも厳しいのがベンチャーです。

実力があれば、どんどん良い思いをすることができますが、実力がない場合は、かなり不満の残る生活になってしまうかもしれません。

まとめ

ベンチャーへの転職を考え始めた人は、今回の記事を確認して、どうだったでしょうか。

もしかすると、メリットとデメリットを踏まえて、より転職したい気持ちが強まったかもしれません。

逆に転職はしたくないと思っている人もいるかもしれません。

ベンチャーというのは夢を掴むことができる場所でもありますが、それなりに厳しいものが求められる世界でもありますので、それを踏まえて転職する必要があるでしょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます