【新卒向け】エンジニアのやりがいは?気になる魅力や新卒で入社するコツも解説!

【新卒向け】エンジニアのやりがいは?気になる魅力や新卒で入社するコツも解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

社会人デビューする際に、どの職業からスタートするかはとても重要です。

今後の人生におけるキャリア形成に大きく影響するからです。

重要なスキルや人脈は、獲得する時期が早ければ早いほど、活用できる期間が長くなりチャンスも多く巡ってきます。

もし転職する場合や独立を考えた時にも、その時点での経験やスキルが結果を大きく左右することがあります。

優良なキャリア形成の初期段階を築けるエンジニアについて詳しく紹介します。

ITエンジニアの仕事内容

ITエンジニアの具体的な仕事内容は職種によって変わりますが、社会に役立つ製品やサービスを開発するために情報技術を活用することは共通しています。

多くの人が利用しやすいようにアプリのシステムを作って管理したり、さまざまな人がさまざまな場所からサイトにアクセスするためにネットワークを構築したりサーバーを管理したりもします。

家にある身近な家電が、スイッチ一つで問題なく動くようにプログラムを設計するのもITエンジニアの仕事です。

このように、ITエンジニアはいろいろな商品やサービスの開発に関わり、仕事内容もさまざまです。

エンジニアの仕事内容については、以下の記事で具体的に解説しているので、詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。

→「エンジニア 仕事内容」

ITエンジニアの魅力

ITエンジニアはとても魅力的な職業です。

社会人としてスタートする際にまったく違う職業を選んだ人でも、途中から勉強してITエンジニアに転職する人が多いくらいです。

新卒でチャレンジすれば学べる機会も多くなり、その知識や技術を活用して仕事ができる時間も多くなります。

ですから、できるだけ若いうちに経験しておくと有利というわけです。

すでに社会人経験を積んでいる人も惹き付ける、ITエンジニアの魅力とは何かを詳しく紹介します。

さまざまな業界と関われる

現在IT技術はさまざまな分野で活用されています。

すでにIT技術が取り入れられている業界では、さらなる利便性が追及されて改善が繰り返されているのです。

まだIT化が進んでいない業界でも、生産性向上などが期待できるため活用方法が模索されており、徐々に浸透しつつあります。

どの分野でも利用価値があるため、IT技術者はクライアントを通じてさまざまな業界に関われるのが大きな魅力の一つです。

ただ商品やサービスの開発に関われるだけでなく、どのような人がどのような仕事をしているのか、どのような商品やサービスがあるのかなど、膨大な実例を見ることができます。

ほかの職業だとまったく違う複数の業界に人脈を作るのは難しいのですが、ITエンジニアにはそれが可能です。

将来性がある

AIの登場により、一部の職業は今後なくなっていくと予測されています。

すでに機械が人の作業を奪ってきた実例は多くあり、AI化も徐々に進んでいくことは間違いないとされているのです。

多くの職業がなくなると言われている中、エンジニアはこれからも需要があるとされています。

AI技術を活用するのもITエンジニアの仕事だからです。

すでにIT化が進んでいる分野でもまだIT技術が活用されていない分野でも仕事ができるので、これからも活躍できる場がたくさんあると言えます。

ただし、IT技術に関わる情報が一般の人にも浸透してきており、簡単なプログラミングや操作であればできる人が増えているのです。

そのため、ITエンジニアという職業には、より豊富な経験と高度なスキルが求められます。

成長を実感しやすい

IT業界は成長が著しい業界です。

画期的な技術が登場すると、取って代わられた技術は使われなくなり時代遅れになってしまうものもあります。

特に、デバイスやデータを変えるだけですぐに別のサービスに切り替えられる商品やサービスは、ユーザーの手間がかからないため変化が激しいです。

その変化に対応していく必要があるため、常に勉強していかなくてはいけません。

また、商品やサービスを使ってもらった感想や評価なども広く早く得ることが可能です。

常に学び続けることが必要になり、成果やフィードバックもわかりやすいということです。

エンドユーザーの声が聞けることや評価が早くわかるというのは、やりがいにつながりやすく仕事のおもしろい部分にもなります。

成長できれば、その成長を実感しやすい環境です。

年収が高い

ITエンジニアの年収は、関わる商品やサービス、業種などによって違いますが、新卒の給与を見ると比較的年収が高いことがわかります。

近年の情報通信業界の大卒の初任給は年収にして215万円程度だと言われています。

そんな中、ITエンジニアの大卒の初任給は年収にして300万円程のようです。

一概には言えませんが、情報通信系の職業の中では比較的高い給与水準だと言えます。

初任給の話ですから、スタートが年収300万円として、将来性を考慮してもそこから上がっていける見込みは十分にあるでしょう。

大手であれば安定した給与が期待できますし、スタートアップやベンチャーであれば実力次第でさらに高収入が見込めます

長く続けていきたい人や稼ぎたい人にとっては、年収が高いというのは非常に魅力的です。

働き方の自由度が高い

ITエンジニアは、リモートワークができる環境が整っていることが多いです。

自宅で仕事ができれば、通勤時間がなくなり自由に使える時間が増えます。

オフィスに行って仕事をする場合でも服装が自由な企業もあるでしょう。

場合によっては、仕事の時間が自分で決められることもあります。

このように、ITエンジニアはほかの業界よりも自由度の高い働き方ができることが魅力です。

ただし、自由といってもこなさなければいけないタスクはきちんとあり、夜中に緊急で対応しなくてはいけないこともあります。

自由度が高いということは、自分でしっかりとスケジュール管理やタスク管理をしなくてはいけないということです。

時間や姿勢を自分で管理して仕事に打ち込める人にとっては、自由な働き方は生産性を高めます。

ITエンジニアがやりがいを感じる瞬間

社会人として仕事をしていくにあたって、やりがいはとても大切です。

これから多くの時間を仕事に費やすことになります。

もちろんお金を稼ぐために仕事をするわけですが、それだけでは続きません。

仕事をする楽しさややって良かったという思いを感じるなど、お金以外のものを得られることで、たくさんの時間を仕事に費やすことが嫌ではなくなります。

むしろ、仕事が楽しくなるものです。

ITエンジニアの仕事を楽しくしてくれる要素は何か、代表的なものを紹介します。

チームでプロジェクトをやり遂げる瞬間

ITエンジニアは1人よりもチームで活動することが多いです。

複数のエンジニアが集まる場合もありますし、異なる分野を得意とする人が集まった中にエンジニアが1人入る場合もあります。

チームで活動する場合、1人ではすんなり決まることでも、いろいろな意見が出たり、それぞれの作業が滞ったりして仕事がスムーズに進まないこともあるでしょう。

誰かのミスや遅延をほかの人がカバーしなければいけないこともあります。

ですが、複数の人間でやったほうが早い作業もありますし、1人では思いつかなかった意見や結論にたどり着く場合もあります。

自分が助けてもらえたり、学びになったりすることも多いです。

チームで協力してプロジェクトをやり遂げると大きな達成感も得られます。

クライアントから感謝される瞬間

ITエンジニアは、IT技術を活用して社会に役立つ商品やサービスを開発して提供します。

クライアントが今まで不便を感じていたシステムを改善できれば感謝されるでしょう。

企業の担当者だけでなく、使ってくれる人から直接お礼を言われる機会もあります。

自分の仕事がどのような役に立っているのかがわかりやすいと、大きなやりがいにつながります。

また、IT技術がまだあまり活用されていない分野に技術を持ち込めれば、その企業や業界全体の生産性が大きく向上する可能性が高いです。

使いやすい良いものを提供できれば、人手不足の解消や労働環境の改善などにも貢献できます。

良いものが提供できれば、間違いなく人の役に立てる職業ですから、感謝されることは多いです。

自分が携わったサービスが利用される瞬間

直接感謝の言葉を得られなかったとしても、商品やサービスを使っている人たちやその人たちの変化を知ることでやりがいを感じることがあります。

役に立つ商品やサービスを提供できれば、使う人たちにはなんらかの良い変化があるはずです。

作業が以前よりも早くできるようになるかもしれませんし、楽になるかもしれませんし、少ない人手でたくさんの作業をこなせるようになるかもしれません。

社会貢献の形や目に見える変化は、提供する商品やサービスによってさまざまですが、どのような形にしろ、他人の役に立てたという事実はやりがいを生みます。

自分が開発に携わったサービスが世に出て初めて人に使われる時は、どのような反応が返ってくるのか、緊張の反面、非常にわくわくして楽しみなものです。

新たな技術に触れる瞬間

IT業界は進化が止まらず、今も新しい技術が開発され続けています。

革新的な技術が生まれると、すぐに広がりより速くより便利になっていくでしょう。

そのため、少し不便な前の技術はすぐに古いものになっていき、使われなくなっていく傾向があります。

時代のニーズに合わせ、開発する商品やサービスをより良いものにするために、ITエンジニアは最新の技術をチェックしなくてはいけません。

今までなかったような革新的な技術に触れたり、自分では思いつかなかったようなシステムを知ったりするのは、エンジニアにとってとても感動的で楽しいと感じられる出来事です。

変化を楽しめる人は、新しいものを取り入れたりチャレンジしたりする機会にもやりがいを感じるはずです。

ITエンジニアに新卒で入社するコツ

希望したからといって新卒でITエンジニアとして仕事ができるとは限りません。

企業によっては内定を取っても、入社後どの部署に配属されてどんな仕事をするのかわからない場合もあります。

新卒ですから、研修などで育ててもらえることもありますが、即戦力になるような人材がいれば、企業はその人にどんどん仕事を任せていきたいはずです。

新卒でITエンジニアとして入社するために、学生のうちにやっておくべきことを紹介するので実践してください。

最新の業界知識を身につける

新卒でITエンジニアとして仕事をするためには、すでにIT業界の知識を持っていることをESや面接で伝えたほうが有利です。

しかも、古い知識や一般的な人でもわかるような浅い知識ではなく、最新の情報を理解しておかなくてはいけません。

IT業界はすごい早さで試行錯誤と改善が成されていくため、新しいほうがより高性能でより使いやすい傾向があります。

ほかの業界よりもトレンドの移り変わりが激しいので、最新情報のチェックはもちろん、トレンドになっている経緯や未来予測など、深い理解が必要です。

面接前にちょっと検索して得たような情報を持っていってもだめだということです。

これから本当にITエンジニアとして仕事をしていきたいのであれば、毎日少しずつでも学んでいきましょう。

プログラミングスキルを身につける

新卒採用では、プログラミング未経験でも採用している企業があります。

ですが、多くの志望者がプログラミングスキルを身につけていることは事実ですし、企業もできればプログラミングスキルをすでに習得している人材が欲しいはずです。

これからますます学生でもプログラミングスキルを習得している人が増える予測ができますから、未経験だとますます採用されづらくなるでしょう。

プログラミングは高いお金を払ってスクールや教室に通わないと習得できないようなものではありません。

教えてもらったほうが効率が良いのは確かですが、独学で習得する人もたくさんいます。

大学生のプログラミング学習については以下の記事で詳しく解説しているので、興味がある人は読んでみてください。

→「大学生 プログラミング」

長期インターンで実務経験を積む

必須ではありませんが、ITエンジニアの長期インターンへの参加はおすすめです。

プログラミングスキルの習得はもちろん必要ですし、多くの大学生ができることです。

ですが、経験や実績を積むというのは誰にでもできることではありません。

そのため、インターンに参加してITエンジニアの実務経験を積んでおけば、就活に大きく役立ちます。

プログラミングスキルの習得も長期インターンを利用してできますし、実務経験は確かなプログラミングスキルを持っている証明にもなるのです。

実績を出せればさらなるアピールポイントになりますし、自分の自信にもつながります。

稀に、長期インターンに参加していた企業で、そのままITエンジニアとして採用されることもあります。

長期インターンに参加するならベンチャー就活ナビを利用しよう

ITエンジニアの長期インターン先を探すなら、ベンチャー就活ナビが便利です。

無料で利用できるエージェントサービスとなっています。

インターンでは自分に合った企業を探すことが大切です。

せっかく長期インターンに参加しても、イメージと違ってやりにくさを感じたり、私生活に余裕がなくなってしまったりすると良い経験にはなりません。

ベンチャー就活ナビなら、活かしたい強みや希望の条件など細かなヒアリングによって自分に合った企業を選出してもらい、そこから自分で実際に参加する企業を選ぶことができます。

効率良く自分にあった企業と出会えるのが魅力です。

また、応募から選考まで完全にフォローしてもらえるので心強いです。

詳しく知りたい方は、こちらからぜひご覧ください。

まとめ

ITエンジニアは、どの業界にも通じる非常に将来性のある職業です。

自由な働き方ができ、やりがいや自分の成長を感じられる機会も多いため、自分でスケジュール管理をして意欲的に仕事に取り組みたい人に向いている職業です。

学生の頃から業界の最新事情をチェックし、プログラミングスキルを身につけておくと新卒でもITエンジニアとして採用してもらえます。

長期インターンに参加しておけばさらに有利になるので、ベンチャー就活ナビなどを使ってインターン参加も検討してみてください。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます