OB訪問の流れはこれで完璧!OB訪問のマナーや事前準備を徹底解説!

OB訪問の流れはこれで完璧!OB訪問のマナーや事前準備を徹底解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

志望する業界や企業で実際に働いている先輩を訪ねて、話を聞くのがOB訪問です。

現場の生の声を聞くことは、就活において大きなメリットとなるでしょう。

しかし、直接話を聞きに行く際は、どのような作法があり、どういった手順で行えば良いのかわからない人がほとんどでしょう。

そんなOB訪問のマナーや事前準備について、徹底的に解説していきます。

今回の記事でOB訪問の流れを完璧にマスターできるので、ぜひ最後までご覧ください。

【OB訪問の流れを解説!】OB訪問を行うメリット

OB訪問の方法を知る前に、そのメリットや効果について解説していきます。

事前にどのようなメリットがあるか知っておくことで、より効果的にOB訪問を行えるのです。

つまり、そのメリットを最大限得られるような方法や流れで臨むことができるからです。

またそもそもOB訪問が、どう就活に役立つかわからない人もいるでしょう。

ある程度知っている人でも、自分では気づけなかったメリットもあるかもしれないので、参考にしてみると良いでしょう。

「OB訪問をした」ということを強みにできる

実はOB訪問には、さまざまなメリットを得られる以外の効果もあります。

それは、OB訪問をしたという事実自体が、就活において強みとなることです。

働く人の声を聞きたいと思うのは、その企業に興味関心があるからにほかなりません。

OB訪問をすることで、その企業の志望度がより高いものだと示せます。

また実際に自社で働いている人の意見というのは、その企業にとっても気になるものでしょう。

OB訪問のことを面接官に伝えると、面接官の興味を引くことにもつながり、ほかの志望者と一線を画すことが可能になります。

自社に興味を示してくれて、それを行動に移しているのでより好感がもて、採用を前向きに検討してくれる可能性があるのです。

自己PRや志望動機の内容が深まる

志望動機を考えるときは、企業のHPを見たり、会社説明会に参加したりして情報を集めるのが一般的です。

しかし、いくらこのような方法で調べてもわからないことはあります。

たとえばプライベートと仕事の関係、入社後にはじめに取り掛かる業務内容、リアルな会社の実態などです。

これらの社内の人しか知り得ないような情報は、OB訪問でしか得られないでしょう。

いくら志望動機を本気で考えようとしても、本当の社内の雰囲気を知らないような内容は、動機として少し弱いものになってしまいます。

似たような内容になってしまったり、ほかの志望者と差をつけたりすることはできないでしょう。

OB訪問を行っていれば肌身で社内の雰囲気を感じられるため、志望動機の中身も深まるというわけです。

OB訪問当日の流れを解説!

OB訪問がもたらす効果やメリットが理解できたでしょう。

次では、OB訪問当日の流れを解説していきます。

この流れを把握していないと、実際にOB訪問当日で戸惑ったり、段取りをミスしたりといった事態になりかねません。

訪問先の社会人も忙しい中時間を作ってくれているため、できるだけスムーズに、テンポの良い進行を心がけたいでしょう。

当日の進行を滞りなく、効率よく進めるためにも一連の手順を理解しておくのが大切なのです。

名前とお礼を述べる

まずはOBの方と合流したら、自分の名前や学校名と必要な情報を述べます。

そのあと、感謝の気持ちをもって、時間を割いてくれたことへのお礼を述べましょう。

事前にアポを取っているとはいえ、最低限の礼儀と挨拶は立派な社会人としても必須です。

第一印象はとても大切のため、気持ちの良い挨拶をしましょう。

始めに良い印象をもたれると、普段答えないような質問にも答えてくれたり、意外なことを聞けたりする可能性もあります。

自分のことを話す

本格的に企業のことや業務状況をくわしく聞く前に、自分のことについて軽く話しておきましょう。

今の自分の就活状況や、今回その業界や企業のOB訪問をしようと思った経緯を話しても良いでしょう。

それらを知ることで、OBの方がどのように話せば良いのか考えられるようになり、そのあとの質疑応答がよりスムーズに進行できます。

またOBの方のエピソードや情報を聞くことになるので、まず自分について触れておくのは礼儀と言えるでしょう。

質問をしていく

挨拶を済ませ、自分のことについて話し終わったら、いよいよ質問をしていきます。

事前に準備しておいた質問を1つずつ聞いていきましょう。

その際にいきなり残業時間や給与形態などの、踏み込んだ質問するのはやめたほうが良いでしょう。

最初にそのような質問をすると、意表をつかれたようになり、相手によっては無礼だと捉える人もいるかもしれません。

やりがいや1日の流れなどの質問をして、少しずつ深掘りしていくように質問内容を変えていきましょう。

お礼のメールを送る

OB訪問が終わったら、お礼の言葉は具体的にしてメールをしましょう。

好印象を与えておけば、OB訪問以降も相談に乗ってくれたり、手助けしてくれたりする可能性もあります。

内定先の企業で、OBの方と一緒に仕事で関わることもあるかもしれません。

また社会人として働いていくときには、取引先へ訪問することもあります。

お礼メールはそのときの練習にもなるため、丁寧な言葉づかいや文章を心がけます。

タイミングとしては早いに越したことはありませんが、遅くてもその日中には送りましょう。

【OB訪問の流れを解説!】ベンチャー企業のOB訪問をする際に聞くべき質問

OB訪問の流れについて一通り理解できたでしょう。

次では具体的にどういう質問をすれば良いか、特にベンチャー企業を希望する際に有効な質問を紹介していきます。

一般的な企業とベンチャー企業では、職場環境や業務内容などは大きく異なることが多いです。

OB訪問の肝とも言える質問を有意義なものとするために、どんな内容が有効かを考えるのは大切なことです。

どんな質問をしたら良いかわからない場合、ぜひ参考にしてみてください。

具体的な業務内容

ベンチャー企業は中小企業と比べ、独自のビジネスモデルで事業を行います。

そのため新しいことに挑戦したり、幅広い経験ができたりする環境にあります。

若いうちから1人で仕事を任せられる、などといったイメージがある人も多いでしょう。

そのイメージと現実にギャップがあるかを確かめるためにも、具体的な業務内容は必ず聞くようにしましょう。

これを確認しないで「実際に入社してみたら想像と違った」という事態になるのを防ぐことが可能です。

実際に自分が働くときの業務をしっかりと把握でき、入社前に必要な知識などを事前に予習をしておくなどの準備もできます。

なかには普段経験できないような経験や体験をしている人もいるため、貴重な意見をエピソードが聞けることもあるでしょう。

1日の流れ

出社してから帰るまでの大まかな1日のスケジュールを聞きましょう。

始業開始時間や退社時間などを知ることで、どのような生活リズムになりそうかがわかります。

残業はどのくらいなのか、休暇はどのくらい取れるのかなど、面接や説明会では聞けないような質問を選んで聞きましょう。

自分の理想とする働き方か、その企業でやっていけそうかなどをこのときに判断できるでしょう。

その際は、失礼に当たらないよう注意していきます。

先述したように、いきなり踏み込んだ質問をするのではなく、中盤や後半などある程度場が温まったタイミングにしましょう。

その場の雰囲気や、OBの方が不快にならないかを判断し、答えやすそうな質問から段階的に分けておくと便利です。

その企業でどのように成長することができたか

その企業で成長できたか、どのようなスキルが得られたかを具体的に聞いてみましょう。

特にベンチャー企業で成長したいと考えている人は、本当にその企業でスキルアップできるのか、自分の将来を想像できるようにします。

実現したいことや目標がいつまでに達成できそうかなど、自分のキャリアプランを明確に見定めることにつながります。

自分がどんな成長を望んでいるか伝えると、どのポジションなら実現できそうかなどのアドバイスをもらえるかもしれません。

これにより、面接で希望のポジションをアピールすることが可能です。

またスキルを身につけた人の経験から、改善点やコツなどを聞けることもあります。

これらを事前に知っておくと、業務をしていく中での成長スピードに影響します。

【OB訪問の流れを解説!】OB訪問の際に気をつけるべきマナー

OB訪問での具体的な質問内容を説明してきました。

ここまででOB訪問の際、特に大切になることは理解できたでしょう。

しかしこれらを押さえれば完璧というわけではなく、そのほかにも細かいけれど、重要なことはいくつかあります。

次ではその1つの、OB訪問の際に気をつけるべきマナーについて解説します。

多くの人が、社会人とフォーマルな場で直接的に接するのははじめての経験でしょう。

その際必要なマナーは、これから社会人として活動していくうえでも知っておかなければならないことです。

OBの方より先に現地につくようにする

OB訪問当日の流れで、第一印象が大事な理由についてはお話ししました。

しかし相手に会う前や、本当の意味で対面する直前の第一印象で良い印象を与えるためには、OBの方より先に現地につくことです。

いくら時間通りとはいえ、ぴったりに着くのはマナー的に良くないでしょう。

というのも、相手が先輩で目上の人だからという理由もありますが、OB訪問は自分が相手に時間を作ってもらうことで実現しているからです。

こちらの都合で相手に時間を割いてもらっている場合は、相手を待たせるという行為が良くない印象を与えてしまうかもしれません。

基本的に相手は5分~10分前ぐらいに現地に着くとこが多いので、それより少し前できるよう調整しましょう。

名刺を受け取ったら自分の左側に置いておく

名刺をもらってすぐに財布や名刺入れにしまうのではなく、自分にとって上座となる左側に相手の名刺が見えるように置いておきましょう。

名刺をすぐにしまうのは失礼に当たり、これはビジネスマナーでもあります。

社会人としては当然の行いでも、学生のうちからそういった意識があることを示すのは大事です。

名刺の置き方1つでも、社会人としての接し方をしっかり勉強してきて望んでいることがわかり、相手に良い印象を与える効果があります。

自分の名刺については、必ず用意しなければいけないものではありません。

しかし、用意しておけば自分の名前を覚えてもらえたり、今後それが役立ったりこともあるかもしれません。

名刺を交換する際は、自分の名刺を下にして、頂戴しますと一言添えて交換しましょう。

メモを取る

当たり前のことですが、OBの方が話している内容はメモを取るようにしましょう。

OB訪問が終わったあとで見返すためにも必要ですが、相手の話に意欲的な姿勢を示すためにも大事なことです。

メモをしていないと「自分の話に大切なことは何もないのか」と相手に思わせてしまいます。

スマホだと外見上もあまり良い印象ではないので、手帳などあまりスペースを取らないものにメモをしましょう。

質問内容を記入している場合、手帳であれば付箋を貼っておけばすぐに開けます。

しかしスマホだと開くのに時間がかかってしまい、余計な時間を相手に取らせてしまうデメリットもあります。

どうしてもないときや当日忘れてしまった場合は、先に了解を得てからスマホでメモを取りましょう。

【OB訪問の流れを解説!】OB訪問の事前準備

OB訪問には、事前準備も必要です。

当日を有意義な時間にするためにも、前もって準備しておくことが大切でしょう。

直前になって慌てて用意すると、忘れ物や抜けの出てくる危険性があります。

OB訪問で最大限の効果を得るためには、入念な事前準備が必須になるでしょう。

次では、具体的にどんな準備をしておけば良いかを解説していきます。

OB訪問を近日に控えている人も、もう一度確認して、チェックリストとして活用してみてください。

企業研究を入念に行っておく

なぜ企業の面接でもないのに、企業研究が必要なのかと思われる人もいるでしょう。

しかし、企業研究をしっかり行わないと本当に欲しい情報は得られないのです。

OB訪問ではOBの方に質問をしていくのですが、質問をするということはわからないことがあって、それらを解決したいということです。

企業研究を入念に行っていなければ、OB訪問の際に本当に聞きたい疑問点などが出てこないおそれもあります。

「聞いておけば良かった」と後悔しないためにも、事前に企業研究はやっておきましょう。

また質問をするときに、調べればわかることを聞くのは時間の無駄になります。

OB訪問に対しての意欲が弱いことにもなり、わざわざ時間を割いてくれたOBの方にも失礼に当たります。

OBへの質問内容をメモしておく

質問内容を当日持っていくメモ帳などに書いておくのも、必ず事前にやっておきたいことです。

その場で質問を考えようとしても、うまく考えがまとまらなかったり、質問内容が出てこなかったりする可能性があります。

特に緊張しやすい人は、スムーズに質問するためにも、事前に質問を用意しておきましょう。

質問内容をメモしておくのは、頭の中を整理するのにも役立ちます。

文字として書き記すことで、重複した内容になっていないか、本当に聞きたいことなのかなどを再確認できます。

書いたり消したりしながら内容を考えることで、質の良い質問を用意することが可能です。

質問を用意するときは答える側になって考えると、答えやすい質問になっているか、有効な返答が得られそうな質問かなどがわかるでしょう。

【OB訪問の流れを解説!】OB訪問に行く際の服装

OB訪問に行く際は特に指定がなければ、基本的にスーツで行くようにしましょう。

ビジネススーツを新調する必要はないので、就活で使うリクルートスーツを使うと良いです。

もし私服という指定があった場合のみ、オフィスカジュアルの格好をしましょう。

そのときは間違っても、ジャージや奇抜な格好で行かないように気をつけましょう。

オフィスカジュアルでも、派手な色や足などを露出しすぎた服は避けた方が良いです。

OBの方に失礼のないように、清潔感のある服装なら間違いないでしょう。

特に気をつけたいのは、靴が汚れていたり、前髪で目が隠れて見えなかったりすることです。

そのまま面接に行けるような格好で、身だしなみには十分気を配っておきましょう。

【OB訪問の流れを解説!】OB訪問に行く際の持ち物

OB訪問へ行く際、事前にやっておくべことや、マナーなどが理解できたでしょう。

もう1つ事前準備としてやっておかなければいけないことは、持ち物の確認です。

OB訪問直前に慌てることがないように、持ち物は前日には準備しておきましょう。

次では具体的にどういったものが必要なのか、1つずつ見ていきます。

基本的に今回紹介するものを持っていけば当日困ることはないので、OB訪問を直近に控えている人も再確認してみてください。

筆記用具・ノート

筆記用具とノートがなければメモをすることもできず、OBの方にやる気がないと思われてしまいます。

メモを取るときは、速さが大事なので自分の普段使い慣れているペンを持っていきましょう。

当日はOBの方の質問や話を次々とノートに書いていきます。

間違えたときなどは消す時間もないため、消しゴムは持っていかなくても大丈夫でしょう。

中身を持っていきすぎてかさばるといけないので。予備と合わせてボールペン3本あれば十分でしょう。

ノートはかばんから取り出しやすく、机がない場合でもかける大きさのものを用意すると良いです。

大きくてもA5サイズに抑えると便利です。

万が一忘れてしまった場合でも、手軽にコンビニなどで購入できるため、必ず持っていくようにしましょう。

腕時計

すぐに時間を確認するために腕時計を着けていくと良いでしょう。

もちろんスマートフォンで気軽に時間を確認することはできます。

しかし、人によってはスマートフォンで時間を確認することは失礼だと感じることもあります。

ビジネスの場でも、腕時計は必須アイテムだと言う人も多く、取引先などにおいてスマホで時間を確認することはあまりないでしょう。

OB訪問はビジネスではないにせよ、社会人として交流する以上、失礼のないようにしたいです。

時計選びは基本的にブランドを避け、黒や白を貴重としたシンプルなものを選びましょう。

重量のあるものやゴツゴツしたものだと腕が疲れるうえに、机などに当たったときに大きな音が出てしまうおそれもあります。

そのまま面接などでも使えるため、これを機に購入してみても良いでしょう。

履歴書・エントリーシート

面接ではないのですが、OB訪問の際にも履歴書を持っていきましょう。

口頭で自分のことを話すと、伝え忘れていることがあったり、時間がかかってしまったりします。

限りある時間を有効に使うためにも、一目で自分のことを知ってもらえる履歴書が適しています。

履歴書とあわせてエントリーシートも持っていくようにしましょう。

内容が企業の社風などと少し相違があった場合には、OBの方に指摘していただける場合もあるからです。

また時間があまったり、親切なOBの方だと自己PRについても一緒に考えてもらったり、添削してくれたりする可能性もあります。

自分が入りたい企業のOBの方だと、どのような書き方が好まれるのかなど、有効なアドバイスをもらえる確率は高いでしょう。

【OB訪問の流れを解説!】OB訪問のアポイントを取る方法

ここまでで、OB訪問の具体的な内容は一通りわかったでしょう。

しかし、いざOB訪問を行いたいと思っても、自分から動かないと実現できません。

そもそも、どこでアポイントを取れば良いかわからない人も多いでしょう。

そこで、OB訪問のアポイントを取る方法について3つほど紹介します。

具体的にどう動けば良いかわからない人には、特に参考になる内容となります。

自分の状況にあったやり方で、アポイントを取ってOB訪問を進めていきましょう。

会社に電話をしてOB訪問をお願いする

大学のキャリアセンターを利用し、自分がOB訪問をしたい企業のOB・OGを調べます。

プライバシー保護のため、大学によってはOBが在籍する企業名だけ教えてもらえるかもしれません。

企業名がわかれば、その企業に電話をして、OB訪問の時間を取ってもらえないかお願いしてみましょう。

メリットとしては、電話でのお願いは断られにくいということです。

余程忙しく、時間がない時期でなければ、高確率で取り次いでもらえることが多いでしょう。

電話をする際は、最初に対応してくれた方と、取り次ぎのOBの方にそれぞれ学校名・学年と氏名を伝えます。

電話を切るときは時間を取って対応してくれたことに対し、感謝の気持ちを伝えてから切りましょう。

OB・OGにアポイントのメールを送る

大学のキャリアセンターを利用し、自分が気になっている企業の人のメールアドレスを調べます。

自分の情報と、OB訪問に伺いたい旨の内容を送り、メールでアポイントのお願いをする方法です。

電話より手軽で、確実に用件を伝えられるというメリットがあります。

メールとして残しておくと、忘れたときも見返せるため、OBの方にとっても助かる場合もあるでしょう。

しかし、メールの場合だとアドレスを変えていたり、返信を忘れていたりなど、返事がない確率も高いです。

また人によって返信する速度が違うため、複数OB訪問を希望している人は、日程の予定が立てづらくなる可能性もあります。

どうしても会社に電話するのが無理な人は、こちらの方法でアポを取ってみても良いでしょう。

先輩にOB・OGを紹介してもらう

もう1つの方法が、大学の先輩や知人にOB訪問のお願いをすることです。

自分の行きたい企業の関係者がいる可能性は低いですが、電話やメールよりも気軽にOB訪問のお願いができるというメリットがあります。

知人の紹介であるため、気軽に質問できたり、込み入った話を聞けたりする可能性も高いでしょう。

また紹介されたということは、お互いにとってもある程度、信用が保証できる相手だと言えるでしょう。

しかしいくら知人の関係者とはいえ、自分とは初対面なので、マナーや礼儀をないがしろにしないよう気をつけます。

紹介してくれた知人の信用にも関わることなので、普通のOB訪問と変わらない気持ちで臨みましょう。

業界単位で話が聞きたい人なども、こちらの方法を活用してみると良いでしょう。

おわりに

OB訪問の流れをアポイントの取り方から、お礼メールまで具体的に解説してきました。

OB訪問について理解していなかった人も、今回の記事でメリットや、やるべきことを細かく把握できたでしょう。

マナーや意識することなど、社会人としての振る舞いが大切になってくるため、面接などの練習だと思って取り組んでいきましょう。

また事前準備をおこたると、高い効果が得られなかったり、進行に影響を与えたりしてしまうため、十分に余裕をもたせることが大事です。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます