【例文10選】ガクチカでゼミ経験をアピールするには?文字数別書き方解説!

【例文10選】ガクチカでゼミ経験をアピールするには?文字数別書き方解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録
柴田貴司
監修者

明治大学院卒業後、就活メディア運営|自社メディア「就活市場」「Digmedia」「ベンチャー就活ナビ」などの運営を軸に、年間10万人の就活生の内定獲得をサポート

就職活動では自分がどのような人間で、どのような強みをもっているのかをアピールする必要があり、しっかりと伝えられたかどうかが合否を左右します。

ほかの就活生との違いや、これまでの経験からどのような事柄を学んだのかなど、経験とそこから学んだことを簡潔に伝えなくてはなりません。

特にガクチカは、個人のこれまでの頑張りを全力でアピールする必要があります。

企業としても、どんなことに力を入れてきたのかによって合否の判断をする場合もあるため、ほかの就活生と差別化できる個人としての強みを用意しておく必要があります。

ガクチカでゼミ経験をアピールしようと考えている場合、何をアピールすればよいのか悩む方もいるかもしれません。

そこで今回は、ゼミに焦点を当てたガクチカの書き方やポイントアピール方法を具体的に解説していきます。

この記事を読んでわかること

・ゼミ経験のアピールの仕方とは?
・ガクチカの基本的な書き方とは?
・ガクチカでゼミ経験は使えるのか?

この記事をおすすめしたい人

・ガクチカの作り方がよくわからない人
・これから就活を控えている人
・今までゼミ活動に力を入れてきた人

木下恵利

全体の3割程度がゼミ経験をガクチカとして用いています。多くはゼミ長のように役職を持っている人やかなりの時間をゼミ活動に費やしてきた人が多いです!

目次目次を全て表示する

【ガクチカでゼミ経験をアピール】ガクチカでゼミ活動は有効?

まず結論として、就職活動における「学生時代に力を入れた」ことという課題に対してゼミで取り組んだことについて挙げるのは有効です。

ゼミはそれまでの学生生活で学んできたことの中から、自分が最も興味のあるものを選び、それを深めて研究する場所です。

自分が学生時代において、学業の中で最も力を入れたこと、自分が興味のあることを伝えられますし、どのようなスキルがあり、どのようなことに興味を持っているのかも伝わりやすいです。

しかし、ゼミ活動をガクチカとしてアピールする学生は多いため、伝え方に工夫をする必要があります。

【ガクチカでゼミ経験をアピール】ガクチカでゼミを用いるメリット

ガクチカといえば、アルバイトやサークル活動をまず思い浮かびますが、ゼミもガクチカの良いアピール材料になります。

ゼミはほとんどの大学生が経験しており、エピソードとしての珍しさはないかもしれません。

しかし、卒業論文の執筆や発表などゴールがわかりやすかったり学びがとても多かったりなど、ゼミ経験はガクチカにぴったりなエピソードです。

また、学生の本分である学業に力を入れてきたことは、面接官に良い印象を与えるでしょう。

ほかの就活生と差別化できる

ガクチカでゼミ経験をアピールすることで、ほかの就活生との差別化をはかれます。

ゼミが必修になっている大学も多いため、エピソードが被ってしまうことを心配する方もいらっしゃるかもしれませんが、そのようなことはないのでご安心ください。

なぜなら、ゼミでの研究内容がまったく同じという就活生はほとんどおらず、一人ひとり違った研究テーマがあるからです。

そのためゼミ経験には、サークルなどを取り上げるよりも差別化が容易になり、面接官の関心を引きやすいというメリットがあります。

面接官にはあなたのゼミでの研究テーマに対する知識はないかもしれませんが、上手に説明すれば興味をもって聞いてくれるでしょう。

アルバイトやサークル活動の鉄板ネタよりは、面接官の印象に残るはずです。

興味関心のある分野を伝えやすい

そもそもゼミ活動は、誰もが経験するようなものではありません。

つまり、特定の物事に対して本当に興味がある人じゃないと、ゼミ活動は誰もしないのです。

だからこそ、ゼミ活動の経験をガクチカエピソードとしてアピールすることで、本当に興味のあることが何なのかが伝わりやすくなります。

どこかで疑われることなくスムーズに話を聞き入れるようになるため、余計なところで疑問をもたれる心配はありません。

また、研究熱心なところもアピールできるので、それだけでも十分に高く評価されるポイントになるでしょう。

課題設定がしやすい

ゼミの研究には、研究結果をまとめた卒業論文の執筆や、その発表といったゴールがあります。

無事にゴールを迎えるためにはいくつも解決すべき課題があり、その課題を一つひとつ解決していくことで、論文という成果物を完成させていくのです。

ゼミの研究は、仮説を立ててからその仮説が正しいことを実証する形で進めていくので、研究の目的そのものも明確になっています。

したがって、論文の執筆という目標を目指してどのような課題があり、それを解決するためにどのような困難があったのかという、ストーリーを構成しやすいのです。

ストーリーがきちんと構成されていれば、課題とそれにどう対応したのかがわかりやすいガクチカとなり、面接官に良い印象をもってもらえるでしょう。

アピールできる能力が多い

「論文を書くための課題解決能力」「ゼミのメンバーとの関わりで必要なコミュニケーション能力」「たとえ失敗してもチャレンジを繰り返す忍耐力」など、ゼミで必要な能力はたくさんあります。

どれも就職してからも必要になる能力なので、ガクチカのアピール材料としては十分です。

特にベンチャー企業は人材が少ないため、社員1人当たりの担当する仕事量が大手と比べて多い傾向があります。

社員1人の裁量が多い分、自ら課題を見つけて解決しなければならず、周りの社員同士で協力していかないと業務を遂行できません。

アピールできる能力が多いということは、多くの仕事に柔軟な対応ができる人材であることを期待できます。

そのため、面接官からも高く評価されるでしょう。

ゼミ活動でアピールできる能力

【専門分野でアピールできる能力】
・専門分野の知識
・専門分野の適正

【グループワークでアピールできる能力】
・マネジメント能力
・コミュニケーション能力
・チームワーク
・統率力

【挫折経験からアピールできる能力】
・継続力
・忍耐力
・柔軟性

【個人ワークでアピールできる能力】
・問題解決能力
・継続力
・プレゼンテーション能力

活動内容で興味を惹きやすい

採用担当者に興味を持ってもらうメリットは、積極的に傾聴してもらい、自己アピールをしやすい環境作りができることです。

ゼミ活動は、学生が興味のある分野からテーマを選んで研究を行うものです。

研究内容が企業の事業と関連性の高いもので、なおかつ専門知識が豊富であれば、即戦力として期待も高まります。

しかし、事業と関連性の低い研究テーマを選んでいたというケースもあります。

その場合は不利かと言えば、そうとは言い切れません。

研究を経て得られた学びや気づきを伝え、研究成果が業務に活かせることをアピールしましょう。

また、ゼミ活動は少人数のグループで議論を行う機会が多く、プレゼンを通して論理的思考や説明力が身につきやすいです。

身につけたスキルは業務にも活かせる可能性が高いため、興味を惹くポイントとして話して損はないでしょう。

木下恵利

【ガクチカでゼミ経験を用いる際のデメリット】
結論ないと考えて大丈夫。ゼミは各大学で定員が設けられているため、エピソードが被ってしまう可能性が少なく、差別化を図りやすい。あとは本人の伝え方次第です!

【ガクチカでゼミ経験をアピール】ガクチカで活かせるゼミでの経験4選

会社は組織であるため、就活生は組織に貢献できることをアピールする必要があります。

仮に、ほかの就活生とは明らかに異なる秀でた能力をもっている場合であれば、その能力を存分にアピールしていけばニーズにマッチする可能性もあります。

しかし、多くの就活生は特異的な能力などもっていません。

したがって、ガクチカでアピールするポイントは協調性に重きを置く必要があります。

会社という組織に仕事を通して貢献するためには何より協調性が大切です。

個人としての能力も必要ですが、それ以上にほかの社員と協力して物事を進める能力が必要になるため、そこにゼミでの経験を結びつけるとよいでしょう。

ゼミでの経験を実際の仕事や社会人としてのこれからに結びつけてアピールしてください。

1.学業の専門分野をアピール

ゼミでの学習内容は専門的な分野であり、多くの場合、就職後の業務内容に直結するものではありません。

つまり、学習した内容を一生懸命アピールしたとしても、その企業で必要とされていないスキルである場合は好印象を与えられません。

大切なことは学習した内容ではなく、どのように業務と結びつけるかなのです。

そのためには、学習内容を伝えるのではなく、どのような背景があってどんな分野を学んだのかを伝える必要があります。

これを伝えることにより、どのような考え方をもっているのか、その考え方は業務を遂行するうえで有効的であるかを人事が判断できるようになります。

単に学習内容を伝えただけでは、その人を知ることはできません。

考え方や人間性などを知ってもらうように意識すると、よりよいイメージをもってもらえ、企業と就活生のミスマッチの予防にもつながります。

2.チームでの経験をアピール

ゼミの規模の大小はあれど、ゼミも1つの組織であることには変わりありません。

組織はチームであるため、お互いの協力や一人ひとりの協調性が非常に重要です。

企業においても組織で業務を遂行していくため、組織に貢献する力が求められます。

そのため、就活生がゼミというチームにおいてどのような役割を担ったのかを伝えることで人事に好印象を与えられます。

チームで活動することの大切さや難しさを学んだゼミでの経験を伝えましょう。

ここで大切なことは、できるだけ具体的なエピソードを用いるということです。

具体的なエピソードがないと発言に対する裏づけがなく、返って印象の悪い発言になってしまいます。

より鮮明なイメージをもってもらうためにも具体的なエピソードを用いて、できるだけ具体的に伝えましょう。

3.挫折経験をアピール

大学生にとってゼミは、決して楽なものではなく、ときには苦労の連続になります。

ゼミでの研究においてつまずいてしまったこと、そしてそのときの課題をどう解決したのかを、しっかりアピールしましょう。

ベンチャー企業では若いときから大きな事業を任せられることも多く、その際は多くの課題が出てくることでしょう。

しかし、一つひとつの課題を自力で乗り越えていかなければなりません。

就活生にその力が備わっているかどうかもは、採否を決めるにあたってとても重要です。

挫折経験を披露してしまうのは、就活で不利になると思われるかもしれませんが、実はそうでもありません。

挫折経験をあり、そこから立ち直って課題を解決したということは、かえってベンチャー企業には印象が良いのです。

木下恵利

マネジメントとチームワークを発揮した経験を求める場合が多いです。理由は入社後に不可欠な力で、マネジメントは自身が後輩を指導する立場になった時、チームワークはチームで働く際に不可欠な要素になってきます。

4.プレゼン・コンテストの経験

大学のゼミといえば、実際にこれまでやってきたことをプレゼンすることもあるでしょう。

例えば、プレゼンに関するコンテストに参加したことがある場合は、その内容をガクチカとして活かすこともできます。

プレゼンはいきなりぶっつけ本番で臨むような人はいないはずですので、おそらくさまざまな準備をした経験があるでしょう。

つまり、そのエピソードを活用すれば、それがガクチカになるのです。

【ガクチカでゼミ経験をアピール】ガクチカで重要なポイント

ガクチカはこれまでの経験を伝える項目ですが、単に経験したことを書く場所ではありません。

どのような経験をして、そこからどのようなことを学んだのか、学んだことを活かした結果どのような改善につながり、何を学んだのかなど、経験談をただ書くのではなく、重要なポイントを抑えているかどうかが大切です。

特にガクチカでゼミについて記載する場合、ほかの就活生とエピソードがブッキングする可能性もあります。

特有な経験であれば、それだけで注目を集められますが、経験が似通っている場合はそうもいきません。

同じような経験をしていたとしても、改善方法や学んだことが特有であれば注目を集められるでしょう。

そのため、ほかの就活生と差別化できるポイントを押さえておく必要があります。

人事に伝わりやすいかどうか

ゼミの授業や経験は専門性が高い場合もあり、専門用語を使ってしまうと人事に伝わらない可能性もあります。

どんなにいい経験をしたとしても相手に伝わらなくては意味がありません。

そのため、専門用語をできるだけ使わず経験談のストーリーを構築する力も求められているのです。

せっかく貴重な経験をしたのであれば、しっかりと評価につなげて欲しいものです。

これは、社会人になったとしても同様で、よい仕事をしてもうまく伝えられないと評価につながりません。

頑張ったアピールをしろということではなく、自身のこれまでの頑張りや経験を簡潔にわかりやすく伝える必要があるのです。

そうすることで人事も評価しやすくなり、結果もおのずとついてくるでしょう。

個人ではなく、組織に貢献できているかどうか

ガクチカでは個人としての経験や頑張りをアピールしがちになってしまいます。

たしかに、個人として結果を残すことは非常に重要であり、何よりも結果を求められることはいうまでもありません。

しかし、どんなに優秀な人材であっても会社員として働く限り、1人で完結する仕事は存在しません。

たとえ小さな仕事であったとしても、個人単位で行うことはほとんどないでしょう。

そのため、個人としての取り組みだけではなく、周囲とどのように関わっていたかを盛り込む必要があります。

ゼミというグループにどのように貢献してきたのか、その経験を会社という組織に、どのように貢献できるのかをアピールすれば、自身の魅力をより正確に伝えられます。

主体性をアピールする

採用担当者は、就活生がどんなことに興味・関心があるのか、どのように課題を解決してきたのかをチェックしています。

研究した内容だけではなく、テーマを選んだ理由や課題を解決するために行った工夫を掘り下げて説明したほうが、人間性の部分は伝わりやすいでしょう。

企業が求める人物像は業種によりさまざまですが、コミュニケーション能力や主体性は、あらゆるビジネスシーンで重要な能力として挙げられます。

ゼミ活動は複数人で協力し合い、議論を重ね、資料作りやプレゼンを行います。

そのため、コミュニケーション能力の向上や主体的に課題に取り組む姿勢を培いやすいです。

ゼミでの具体的なエピソードを交え、コミュニケーション能力の高さや主体性をアピールすれば、好印象を持たれる可能性が高いです。

企業が求める人物像を意識する

企業が求める人物像は、募集要項から確認できる場合がほとんどです。

そのうえでガクチカを振り返り、アピールにつながるポイントを押さえることをおすすめします。

企業研究については、企業理念や事業内容を理解していることが大切です。

採用担当者は、企業を一緒に成長させる仲間を求めています。

志望する企業の商品やサービスを日常的に愛用していたり、事業展開について理解したりしていれば、採用担当者の心を動かす可能性が高いです。

ただし、企業のホームページを見るだけでは、得られる情報が限られます。

実際に商品やサービスを利用した際の、自身の顧客体験をもとに内容を作ることをおすすめします。

そのほうが内容も具体的になり、企業への熱意が伝わりやすいためです。

【ガクチカでゼミ経験をアピール】ゼミ活動をガクチカにする際のポイント

これからゼミ活動をガクチカにしたい人のために、あらかじめ注意してほしいポイントを、大きく3つに分けて紹介します。

ゼミ活動をどのようにアピールすれば良いのかわからない人ほど、この内容は頭に入れておいてください。

何をアピールするのかを明確にする

まずゼミ活動をガクチカとして選ぶ際に、ゼミ活動そのものをアピールするのではなく、ゼミ活動を通じてどんなことをアピールしたいのかを、事前に明確にしておかなければいけません。

なぜなら、企業はゼミ活動をした事実を知りたいわけではないからです。

あくまでも就活生がどんな人間なのかを知ることが目的ですので、それがわからないと企業は評価してくれません。

そのため、目的を勘違いしないようにしましょう。

研究が直接活かせる場合は詳細に伝える

ゼミ活動の場合は、具体的に自分が志望する企業とどういう面で関連性があるのかも明確にしてください。

なぜなら、企業のジャンルに関連するゼミ活動であれば、自然にアピールしやすくなるからです。

どんなに良いアピールをしても、それが企業にとって響く内容になっているのかどうかは別の話になるため、あらかじめ関連性を示せるのかどうかを調べておきましょう。

そこをうまく結びつけることができれば、それだけでも採用価値の高い人材だと思ってくれる可能性が高まります。

詳細に伝えれば伝えるほど即戦力になることがアピールできるので、忘れないでください。

関連性が低い場合は過程を詳細に伝える

逆に自分が経験してきたゼミ活動と志望する企業のジャンルに、あまり関連性がないケースもあるでしょう。

その場合は、自分がその経験から得た知識を活かすことよりも、それまでに自分がどのような考え方を持って、どんな行動をしてきたのかを、強くアピールしてください。

なぜなら、企業は必ずしも自社にとって関連性のある経験をしている人だけを採用するわけではないからです。

例えばガクチカを通じて、その人の人間性が良かったり、ポテンシャルの高さを感じたりしたりした時にも、採用したいと思わせることができます。

そのため、関連性がないからといって諦める必要はありません。

背景や過程を詳細に伝える

ゼミ活動について説明する際には、必ず背景や過程を詳細に伝えることが大切です。

例えば、そもそもなぜそのゼミで活動しようと思ったのかも、最初に伝えるようにしましょう。

なぜなら、どんな企業もそこに対して真っ先に疑問を抱くからです。

また背景がわからない状態でゼミ活動の話をされても、いまいちピンとこないまま話を聞かれてしまうことになります。

それではせっかくのアピールが無駄になるおそれも考えられるため、最初に背景は明確にしておきましょう。

また、過程の部分についてもできる限り掘り下げるのがポイントです。

特にゼミ活動では専門的な領域で物事を追求することが多いはずですので、そんな活動の中で自分が何をしてきたのかを、相手に理解してもらえるように伝えていきましょう。

専門用語の使い方に気を付ける

ゼミ活動をガクチカとして伝える際に、必ず意識してほしいのが専門用語についてです。

そのジャンルによってはさまざまな専門用語が存在すると思いますが、基本的にESや面接の場では使わないようにしてください。

なぜなら、相手が専門用語を知らない可能性も考えられるからです。

仮にゼミ活動の内容と関連性の高い企業であれば通じることもありますが、そうじゃない場合はなおさら専門用語を使わない方が良いでしょう。

誰に話しても通じるような、一般的な言葉だけを使ってアピールしなければいけません。

そうすれば、気遣いのできる素晴らしい人材だと認識してもらいやすくなります。

【ガクチカでゼミ経験をアピール】ゼミ活動でガクチカを書く際の構成

ガクチカ_ゼミ_アピール_書き方

ガクチカを通じて採用担当者は、就活生が力を入れて取り組んだことそのものよりも、そこから何を学んだかを見ています。

大切なのはエピソードそのもののインパクトではなく、そこから何を得たのかです。

そして、その書き方からは就活生に思考能力や論理性が備わっているかを評価しています。

ゼミ活動でガクチカを書く際の構成

1.結論
2.所属ゼミについて
3.目標・課題
4.取り組みと結果
5.得た学び
6.入社後、どう活かしていくか

1.結論

ガクチカを書くとき、ゼミでどのようなことを頑張ったか結論から書きましょう。

最後まで読まないと結論がわからないような書き方は、企業に提出する書類にはふさわしくありません。

ビジネスにおいては、どのような文章も結論から始めて、何についての記述なのか読み手がすぐわかるようにする必要があります。

そこで結論から入ることで、相手がその文章で何を伝えたのかが明確になり、読むときも内容を追いやすくなるのです。

ここで伝えることは大まかな内容だけにして、余計な説明をせず端的に述べましょう。

もし、表彰された経験などインパクトのあるエピソードがあれば、採用担当者の興味を引きつけるために冒頭部分だけからでもそれがわかるように書くことをおすすめします。

2.所属ゼミについて

結論を伝えた後は、自分が所属していたゼミについて、しっかり説明しましょう。

なぜそのゼミで活動をしていたのかを、明確にしなければいけません。

どんな人にも何かしらきっかけとなることがあったはずですので、わかりやすく簡潔に伝えることを意識してください。

また、ここが欠けてしまうと、そもそも結論に対する説得力がなくなります。

そのため、どんなに良いことを伝えられたとしても、すべて無駄になってしまう恐れがあるので注意しなければいけません。

3.目標・課題

目標とはゼミで研究をするうえでの課題設定で、困難とは研究を進めるうえで大変だったことです。

このとき、すぐにクリアできそうな目標を掲げていると「志の低い人材である」と思われるおそれがあります。

簡単には越えられそうにもない目標を掲げてそれに向かって努力したことを、しっかりアピールできると良いでしょう。

業務でも頑張りが利く人物であると思われれば、採用担当者からの評価も高まるはずです。

困難については、客観的にも困難と言えるのかよく考えましょう。

なぜなら「その程度のことは困難でない」と思われてしまったら、とても不利な状況になるからです

誰が見ても困難な状況下で努力を続けたエピソードであれば、困難なことも乗り越えられる強い精神力のアピールになります。

4.取り組みと結果

ここでは自分がこれまでゼミを通じて、何を経験したのかを説明することになるでしょう。

そこで気をつけてほしいのが、単純に経験した内容だけを伝えるだけでは終わらないことです。

どのような目標を立てて、そこに向かって何をしてきたのかをわかりやすく説明してください。

この際目標が達成されていればいるに越したことはありませんが、必ずしも目標をすべて達成した内容でなくてもかまいません。

困難の原因はどこにあると分析したのか、そして具体的にどのようなことに取り組んだのかが重要です。

取り組みの内容だけでなく、なぜその取り組みが必要だと思ったのかという根拠をしっかり示すように意識すると良いでしょう。

実際の業務では、良かれと思ったことを手当たり次第試していくわけにはいきません。

原因を分析し、成功までの最短ルートを探す必要があります。

原因の分析と取り組みを、思考能力のアピールにつなげていきましょう。

5.得た学び

ゼミ活動に力を注いできた人なら、たとえ失敗談になってしまったとしても、その中でさまざまな経験をしてきたはずです。

だからこそ、大きな学びもたくさんあったことでしょう。

企業は就活生自身が、ゼミ活動を通じて最終的に何を学んだのかまで注目しています。

その理由は、どんな企業であろうと成長できる人材を求めているからです。

今までの経験を通じて次に活かせる人ほど、新しい成功を掴みやすくなるのは間違いありませんので、ここで積極的にアピールしてください。

その学びの内容によっては、企業があなたに大きなポテンシャルがあることを想像してくれるかもしれません。

6.入社後、どう活かしていくか

ガクチカの最後は、これまで語ってきたエピソードを通じてどのようなことを学んだのかを述べます。

もちろん、その学びは社会に出てからも通じるようなものでなければなりません。

単なる感想や気づきではなく、どんなことを学び、それを次は会社でどう活かせるのかまで述べるように心がけると良いでしょう。

次に活かせないのであれば、それは学んだことにはなりません。

たとえ次に活かせることでも、個人的な活動に活かすのではなく、社会人として組織の中で働くときに活かせることなのかどうかがポイントです。

ガクチカで述べるのは単なる学生時代の思い出ではなく、そこで学んだことを活かしてどう会社に貢献するのかという決意表明でもあります。

木下恵利

人事はエピソードの大きさを求めているわけではありません。学生の人柄や、ポテンシャル、論理性を見ています。 論理性をアピールするためにはここで述べた構成を意識して述べることが大切です!

入社後、どう活かしていくか

そしてもう1つ大事なのは、得た学びを使って実際に何ができるのかです。

つまり、企業に対して入社後のイメージをさせることも意識しましょう。

例えば「貴社に入社した際には、○○を活かして利益に貢献していければと思っています」のような言い方で締めくくれば、それだけでも採用率はアップします。

世の中にはガクチカエピソードを伝えるだけ伝えて終わってしまう人も決して少なくないため、必ず忘れないようにしてください。

そうすれば、採用される確率も大きく変わってくるでしょう。

特に本気度の高い企業に対しては、なおさら役に立てるところを見せつけていかなければいけません。

【ガクチカでゼミ経験をアピール】400文字のゼミ経験のガクチカの例文

チームでの経験や協調性は簡単に得られるものではありません。

日々生活のなかで少しずつ培われるものであるため、普段の何気ない生活から就活に対して少しでも意識をすることが重要です。

また、例文の内容に具体的なエピソードを加えることにより、鮮明な印象を相手に与えられるようになります。

エントリーシートでは文章のみで人事にアピールしなくてはならないので、できるだけ具体的に記載する必要があります。

具体的なエピソードでないと記載内容がぼやけてしまい、裏づけのない文章になってしまうのです。

そのため、普段の出来事からエピソードに使える出来事を見つけ出し、その内容にそって文章を組み立てていきましょう。

そうすれば実際に面接の場で深掘りされたとしても、しっかりと答えられるようになります。

例文①理数系のゼミでの研究

私は大学のゼミで植物遺伝子工学について学んできました。
植物遺伝子工学とは、植物のDNAを解析し、一つひとつの遺伝子情報を調べることで、さまざまな耐性の獲得を目指す研究です。
この研究を専攻したきっかけは、世界に目を向けると植物がさまざまな影響で減少し、それによって生活が困難になっている人々がいることを知ったからです。
せっかく勉強するのであれば、将来何か人のためになる勉強がしたいと考え、専攻することにしました。
私は常日頃から人のために何かできることはないかと考えるようにしています。
なぜなら、人のための行いは相乗効果となり、よりよい社会へ近づくきっかけになると思っているからです。
貴社の事業内容において柱である医療商品の販売は国内だけでなく、世界中の人々の健康的な生活の実現に貢献しているとうかがいました。
大学のゼミで培った理数系の問題解決能力と人のために仕事がしたいという気持ちを、貴社の事業を通して世の中に貢献したいと考えています。

木下恵利

スーツの男性の画像

この例文では、志望企業とガクチカの関連性を示せているので、研究職にはよく刺さりやすいガクチカだといえるでしょう。
しかし、この例文内では本人が実際に頑張ったことだけが書かれているので、具体的にゼミ活動の中で自分がしてきた行動内容を明確に書くことができれば、より良いガクチカエピソードになる可能性があります。
企業はそこをむしろ重視している傾向があるため、忘れないように書いておいた方が良いでしょう。

例文②ゼミでのリーダー経験

私はゼミでリーダーとなり、ゼミ生をまとめていました。
20人程度のゼミでしたがそれぞれ個性もあり、意見を尊重しつつまとめ上げることは、苦労もありましたがそれ以上のやりがいも感じられました。
なかでも、研究テーマについて話し合った際、ゼミ生ごとに進めたい詳細分野が異なるという問題に直面したのです。
たしかに、やりたいことや学びたい分野は個人それぞれであるため、意見が割れるのは当たり前のことだと思います。
しかし、そこでやりたい放題になってしまってはゼミがバラバラになってしまい、空気も悪くなってしまいます。
そこでリーダーとして、まずはゼミ生それぞれの意見をしっかりと聞くことに努めました。
すると、分野を大まかなグループに分けられることに気がつき、研究内容に基づいたグループを作ることができたのです。
この経験から、たとえ意見が割れてしまったとしても、しっかりと受け止め意見を聞くことにより解決方法が見つかることを学びました。

木下恵利

スーツの男性の画像

この例文では、自分がゼミ活動においてどのようにリーダーシップを発揮してきたのかがわかりやすく示されています。
特にゼミ活動の中で自分がぶつかった壁に対する行動がわかるようになっているため、良い印象を与えられるガクチカだといえるでしょう。
ただし、締めの文章が学んだことで終わっているので、最後はどのように貢献できそうなのかまで伝えるようにしてください。
そうすれば、企業に採用後の姿を想像してもらいやすくなるため、内定に1歩近づくはずです。

例文③ゼミのコンテストでの優勝経験

私はゼミ仲間と協力し、ゼミのプレゼン大会で優勝した経験があります。
リーダーではありませんでしたが、聞き手に伝わるプレゼンを作るために、資料作りやプレゼンの構成案を出すことに注力しました。
みんなで議論して内容を作っていましたが、意見が食い違い内容がまとまらない時期がありました。
メンバー同士が相手の意見をしっかりと理解していなかったのです。
私は全員が納得できる結論を出すために、一人一人に意見を出した理由を聞きました。
その結果、お互いに考えを共有することができ、全員が納得する落としどころを見つけることができました。
プレゼンは一人で行うものではないため、お互いの意見を尊重し合う協調性や調整力が重要です。
プレゼンの予行練習を初めて行ったときは、全員がたどたどしく、思い通りの出来栄えにはなりませんでした。
よく知った内容でも、やはり実践は緊張してしまうものです。
そのため、プレゼンには練習が欠かせません。
最初から上手くできる人はいないとメンバー同士で励まし合いながら、何度も繰り返し練習を行いました。
プレゼン大会の当日はプレッシャーもありましたが、何度も練習した成果が出て優勝できました。
苦しいこともありましたが、目標を達成するまでやり抜くことが結果につながります。

木下恵利

スーツの男性の画像

自分がどんなことに力を入れて、目の前の課題に対してどう対応してきたのかが明確に書かれています。
しかし、具体的にどのようなゼミでの活動になっているのかが、このままだとよくわかりません。
また、せっかく優勝したという成果があるのに、そこに対してどんな練習をしてきたのかがわかないため、まだまだ掘り下げられる内容だといえるでしょう。
そして最後の締めの部分は、アピールをする文章としては違和感があるため、これまでの経験を踏まえた上でどう仕事に活かしていけるのかを伝えるようにしないといけません。

例文④文系ゼミでの個人ワーク経験

私が学生時代に頑張っていたことは、転売をテーマにしたゼミでの研究になります。
なぜ私が転売に興味を持ったのかというと、現在の転売市場の大きさだったり、その背景にある経済や心理的な要因にも興味があったからです。
実際にゼミでは、どのような物が頻繁に転売され、どのような人たちがそこに関わってきたのかを詳しく調べるようにし、そしてどうすれば悪質な転売がなくなるのかを考えることを目標に頑張りました。
特にSNSやニュースサイトを細かくチェックするようにし、それに加えて実際に転売経験のある人にも直接インタビューをするようにもしました。
その結果私たちがわかったのが、転売をする理由には単純に儲けたい人以外にも、経済的な苦しさを何とかしたいと思っている人もいるという事実です。
これまで気づけなかった問題点があったことを知ることができたので、本当に頑張って良かったと思っています。
貴社に入社した際にも、常にさまざまな視点から課題を解決できるように、行動できれば良いなと考えています。

木下恵利

スーツの男性の画像

こちらの例文では、実際にゼミで経験したことを踏まえた上で、分析力のあるところをうまくアピールしています。

ゼミで何かを研究する際には、当然さまざまな情報をもとに分析をする必要が出てきますので、そのプロセスをうまくガクチカに落とし込むことができれば、必ず高く評価してもらうことができるでしょう。

例文⑤ゼミのプレゼン経験

私が学生時代に力を入れていたのは、合同ゼミでのプレゼン経験になります。
私が所属していたゼミは数人程度しかいない小さなゼミだったのですが、小人数精鋭だからこそ密なやり取りができたのが、むしろ研究を進める上で非常に良かったと思っています。
そのため、合同ゼミで必要なプレゼン資料も、最初に想像していた以上に捗った記憶があります。
特にうちの大学のプレゼンでは、必ずといってもいいほどたくさん質疑応答が出てくるので、とにかくどんな質問をされても良いように、回答を用意することを意識しました。
さらに本番を想定したシミュレーションまでおこない、プレゼンの精度をより高めるようにしたのです。
そしていざ本番を迎えて、私たちのゼミは見事スムーズにプレゼンを終えることができ、周りからも「素晴らしい」と褒めてもらうことができました。
この経験を活かして、貴社でもすべての物事において、きちんと準備をすることを忘れずにしっかり取り組んでいきたいと思います。

木下恵利

スーツの男性の画像

こちらの例文では、大事な出来事を前に自分がどんな行動をして、どのように対策をしてきたのかをうまく伝えています。
これにより、どのような難しいことでもしっかり対応できる力があることをアピールできているので、どんな企業も高く評価してくれるでしょう。

【ガクチカでゼミ経験をアピール】200字で書ける? 

学生時代に力を入れたことや志望動機、自己PRなどは基本的に400文字程度で書くことを指定してくる企業が多いですが、まれに「200文字程度で書いてください」と言ってくる企業もあります。

「そんな少ない文字数で自分のことをアピールできるのか」と頭を抱えている人も多いでしょうが、結論から言うと200文字で書くことは可能です。

しかし、ある程度工夫を凝らして書く必要はあるので、後ほど紹介するポイントを踏まえた上で作成する方がよりスムーズでしょう。

【ガクチカでゼミ経験をアピール】200字でガクチカを書くポイント

ここからは200文字という少ない文字数で、学生時代に力を入れたことをうまくアピールする方法について詳しく紹介していきます。

下記のポイントを把握した上で作成することでスムーズに作成できることでしょう。

是非参考にしてみてください。

・話の優先順位を決める
・文章を一つにまとめる
・長い単語は漢字に置き換える

話の優先順位を決める

まずは話の優先順位を決めるということが200文字のガクチカを作成する上において非常に重要です。

ゼミで学んだことにはさまざまなものがあるでしょうが、それを全て書いていては文字数を大幅にオーバーしてしまいます。

そこでまずは箇条書きにしてみて、自分が最も力を入れたこと、自分がアピールしたい能力は何なのかについて考えてみましょう。

文章を一つにまとめる

文章を一つにまとめるという作業も、200文字という少ない文字数のガクチカをうまく構成するにあたって非常に重要なポイントです。

完成した時点ですぐに提出しなければならないわけではないので、一旦複数の文章を作成してみても良いです。

そしてその中から重要なポイント、伝えたいポイントだけを抜き出して一つにまとめることができれば、要点を抑えた非常に良い文章ができることでしょう。

長い単語は漢字に置き換える

200文字という文字数指定をクリアするためには、長い単語を漢字に置き換えたりするなどの工夫が必要です。

特に「コミュニケーション力」などのカタカナ語は長いので、「対話力」などに言い換えると良いでしょう。

そのほかにも長い単語は数多くあるため、上手く言い換えられないか一度考えてみましょう。

言い換えられない言葉はそのまま使うしかありませんが、可能な限りカタカナ語を漢字に置き換えることで文字数を削減でき、伝えたいことを全て伝えることができます。

【ガクチカでゼミ経験をアピール】200文字のゼミ経験のガクチカの例文

ガクチカを伝える上で、200字程度でまとめてほしいと指定されるケースも珍しくありません。

とはいえ、つい長文で書いてしまいがちな人にとっては、どんな文章にすれば良いのかイメージしにくいことでしょう。

そこで、ここからは200字程度にまとめる際の例文を、全部で5つ紹介します。

もし200字でまとめるのが難しいと考えている場合は、こちらの内容を参考にしながら、自分なりのガクチカを書いてみてください。

例文①理数系のゼミでの研究

私が学生時代に力を入れていたのは、AIに関する研究です。私はずっとAIに興味があったので、これからAIがどのように私たちの生活を豊かにできるのかを、実際に自分で研究しようと思いました。そしてただ色々調べるだけではなく、教授と協力しながら実際に使えそうなAIを作ることにも専念。その結果、学校で使える生徒の管理ツールを作成することに成功しました。このような経験を活かし、貴社でもAIを活用したさまざまなツールを作り上げていきたいと思っています。

例文②ゼミでのリーダー経験

私が学生時代に力を入れていたのは、大学のゼミでのリーダー経験です。元々何かをする際には自分から率先して行動するのが好きな性格だったので、ゼミでも積極的に行動して周りを引っ張っていけるリーダーとして活躍していました。そこではゼミでの研究はもちろん、他のメンバーが全員快適に研究を進められるように、しっかりサポートをすることにも力を注ぎました。おかげで誰1人脱落することなく最後までゼミ活動ができたので、すごく良かったです。貴社でも自慢のリーダーシップを発揮しながら、周りを引っ張っていきたいなと思っています。

例文③ゼミのコンテストでの優勝経験

私が学生時代に力を入れていたのは、ゼミのコンテストです。ゼミでは○○○についての解決策をテーマに研究をしていました。当然優勝したかったので、メンバーときちんと協力しながら進めました。時には意見が食い違ってぶつかることもありましたが、そんな状況でも1人1人の考え方を聞きながら、その場をまとめるように頑張りました。おかげで見事優勝することができたので良かったです。貴社でも理想的な結果を出すために、どんな状況になっても諦めず努力したいと思います。

例文④文系ゼミでの個人ワーク経験

私は地域貢献をテーマに、ゼミの研究を行っていました。理由は、地元の地域活性化が上手くいかず何か力になることができないかと考えたからです。その中でも地元で有名な屋形船に着目し外国の観光客の方をターゲットにしたイベントを提案しました。提案が通り実際にイベントを行うことができ、今では地元で一目置かれるイベントにすることができました。貴社に入社した際にも、物事を細かく分析しながら仕事に取り組んでいければと思っています。

例文⑤ゼミのプレゼン経験

私はゼミにおけるプレゼン経験に力を注ぎました。少人数での活動をしていたゼミだったので、全員が協力しながらプレゼンの準備をおこない、結果的にうまく乗り切ることに成功しました。私が特に意識したことは、どのような質問をされても必ず答えられるようにすることです。何回もシミュレートをしたので、その成果をしっかり出すことができました。貴社でこれから仕事をする際にも、必ず最後までやり遂げられるようにうまく立ち振る舞っていきます。

ガクチカでゼミ活動を魅力的にアピールしよう!

ガクチカは単に頑張ってきたことをアピールするものではありません。

学生時代に力を入れたことについて紹介しながら自身がどのような人間で、どのような考えをもっているのかを伝えなくてはなりません。

そのうえで実際の業務に結びつけ、企業に貢献できることをアピールする必要があります。

そのため、エピソードはできるだけ詳細に記すことが大切であり、より鮮明なイメージをもってもらわなくてはなりません。

限られた文字数のなかで人事に精一杯アピールするためにも、一言一句考え抜いて文章を作りましょう。

エントリーシートの足切りで落とされないためにも、ガクチカの文章をしっかりと練り上げアピールすることが大切です。

悔いの残らない就職活動にするために事前準備の徹底が重要です。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます