ガクチカで協調性をアピールするには?なぜガクチカを聞くのかを明確にして内定をゲットしよう

ガクチカで協調性をアピールするには?なぜガクチカを聞くのかを明確にして内定をゲットしよう

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

 

はじめに

就活の選考において、必ずといっていいほど聞かれるのが、ガクチカです。

多くの就活生は、「学生時代にもっとも力を入れたことについて教えてください」という質問を、エントリーシートで見たことがあるはずです。

ここで多くの企業がそれを問うのは、それが選考における重要な判断材料となるからにほかなりません。

学生時代、実際に取り組んだことを聞けば、就活生の重要な情報をいくつか確認できるからです。

逆に、就活生はその説明を通して、自らの長所を企業にしっかりとアピールする必要があるのです。

どう長所についてアピールするかは、もちろん人それぞれですが、本記事では特に「協調性」について取り上げることとします。

ここからはガクチカについての解説から始め、さらに効果的に協調性をアピールする方法についても紹介していきます。

【協調性のガクチカ】ガクチカとは

ガクチカとは、「学生時代にもっとも力を入れたこと」の略です。

就活ではガクチカの説明を通して、自分の魅力を伝えていくこととなります。

ここからはその作成の手順を簡単に紹介します。

ガクチカとは何か、まずはイメージをつかんでください。

まず、サークル活動、ゼミでの研究、アルバイト、趣味など、自分が学生生活で取り組んだことのなかから、もっとも注力したものをピックアップします。

つぎにその活動に関して「力を入れた理由」、「取り組みへの姿勢」、「困難を乗り越えた経験」など、自分の魅力が現れている要素について深く考えましょう。

そして、それらの要素がもっとも伝わりやすい、象徴的なエピソードを選びます。

最後にそのエピソードの説明を主軸として、わかりやすく自分の長所について語れば、それが立派なガクチカとなります。

企業がガクチカを聞く意図とは

企業がガクチカを聞くのは、就活生の情報を知るためです。

それは主に「思考力」、「モチベーションの源泉」、「人柄」この3つです。

1つずつ確認しましょう。

まずは思考力についてです。

ここでは学生時代の活動において、いかに頭を使いながら取り組めていたかを問われます。

企業はそれを知ることで、入社してからも知的な能力を発揮して働けるかを予想します。

つぎに、モチベーションの源泉についてです。

なぜその活動に力を入れられたのか、という動機のことです。

モチベーションのありかを知ることで、会社での仕事に対しても同じように熱意をもって取り組めるかを確認します。

最後に、人柄です。

どのような態度で活動に取り組んでいたのかに関する情報です。

人柄を知ることで企業の風土や業務内容などに、うまくマッチするかを見極められます。

【協調性のガクチカ】人事はどのような協調性を求めているのか

ガクチカの大まかな説明が済んだところで、ここからは本格的に協調性のアピールに的を絞って、解説を進めていきます。

まず協調性がすぐれていることを伝えようとする場合、考えなければならないのは「人事はどのような協調性を求めているのか」です。

いくら協調性を訴えようとも、それが人事の求めているものとずれていれば、無意味になってしまうからです。

広い意味での協調性とは「立場の異なる人同士が助け合い、譲り合いながら、同じ目標に向かって物事に取り組む能力」を意味しています。

しかし、これではやや漠然としています。

そのため、協調性という言葉の意味を、より深く考えなければなりません。

そこでここからは従順的な協調性と、主体的な協調性の2つに分類します。

そして「人事が求める協調性は何か」という観点にそって、それぞれについて解説していきます。

従順的な協調性

従順的な協調性とは「周りの意見に従い、空気を読みながら、集団における調和を保つ力」のことです。

これは一般的な意味での、協調性のイメージに近いはずです。

こうした意味での協調性は、社会で働いていくために、重要な能力の1つには違いありません。

企業に入社して働くというのは、集団活動のなかに身を置くということです。

ここで周囲の人の考えや気持ちに配慮し、無用な対立を避け、集団のスムーズな活動を支えていく力はとても大切になってきます。

しかし同時に、そうした協調性をアピールする場合には注意も必要です。

なぜなら、従順的な協調性はときに「常に受け身であること」や「意思のなさ」というような、マイナスイメージを与えてしまうおそれがあるからです。

そのため不用意にマイナスイメージを与えてしまわないために、そのポジティブな側面だけを人事に訴える必要があるでしょう。

主体的な協調性

主体的な協調性とは「自ら周りの人間に働きかけ、巻き込みながら、ゴールを目指していく力」のことです。

ここでは集団と調和するだけでなく、より積極的に集団に対して働きかけ、変化を生み出す力のことを意味します。

協調性という意味では、あまりなじみのない考え方かもしれませんが、人事からの評価が高い能力の1つです。

なぜなら、考えや立場の違う人と共に仕事をする場合、より良い結果を出すためには、こうした能力が非常に役に立つからです。

メンバー同士で積極的に意見を交わし、ときに変化を起こしながら、1つの集団としての方向性を調整することで、より質の高い成果をあげられます。

そのため、もし「自分には主体的な協調性がある」と考えているのならば、それを積極的にアピールすることをおすすめします。

【協調性のガクチカ】どのように伝えるのがいいのか 

どういったタイプの協調性をアピールするかが決まれば、つぎに考えるべきは、それを「どのように伝えるか」ということです。

エントリーシートであれば、およそ400字という限られた字数で、面接であれば限られた時間で、効果的に長所を伝えなければなりません。

ただし深く考えずに、単調な言葉を並べただけではたくさんの就活生のなかに埋もれてしまいます。

反対に面接官へ対して、説得的に訴えかえられれば、内定に向けて大きく前進できるのです。

自らの原体験をもとに語る

協調性を長所とする就活生は、たくさんいます。

そのなかで自らを差別化するためには、自分の言葉で独自のエピソードを語る必要があります。

まずエントリーシートの段階では、協調性を発揮することによって、何かを成し遂げたエピソードについて、確実に書けるようにしておきましょう。

ここではアピールポイントがしっかり人へ伝わるように、具体的で明確な文章を心掛けます。

必ずしもエントリーシートに書く必要はありませんが、協調性が身についた理由を、過去の経験をさかのぼって特定しておく必要があります。

なぜなら面接に進んだ場合、直接そのことを問われる可能性が高いです。

またそうでなくても、深い自己理解につながるからです。

自己形成に深く影響した原体験について理解していれば、その分、説得力のある言葉で語れるようになります。

【協調性のガクチカ】協調性を発揮したガクチカの例文

ここまで協調性をアピールするためのガクチカで、何をどのように伝えるべきかを解説してきました。

これまでの内容を理解できていれば、あとは自分自身の能力や体験についてじっくりと考え、それをもとにして、実際にガクチカを書いてみても構いません。

しかしいざ取り組んでみると、うまく考えがまとまらなかったり、納得のいく文章にならなかったりすることもあるでしょう。

こうしたときに、ガクチカの例文を見ると、いくらか助けになるはずです。

そこで、これから3つの例を紹介していきます。

テーマはそれぞれ、アルバイト、サークル、ゼミ活動です。

もちろん、例文をそのまま真似してはいけません。

あくまでガクチカの型を学ぶという姿勢で目を通してみてください。

例文

アルバイトのガクチカ

私は学生期間を通して、アパレルショップでのアルバイトに力を注ぎました。
そこで身につけたのは、人を巻き込み、課題解決へと向かう能力です。
アルバイトを始めて1年後、私は後輩を教育する立場になりました。
店には接客のマニュアルがあり、それに準ずる形で指導をしました。
しかし、教育を続けるうちに、何人かの後輩がうまく接客できていないことに気がついたのです。
ここで私は、スタッフ間でのミーティングを行いました。
話し合いを進めると、既存のマニュアルでは対応できない状況が多々あり、そのたびに後輩は戸惑いながら接客をしていることが判明しました。
そこで全員が質の高い接客をできるよう、特に困る場面での対応法などを含め、新しいマニュアルを作ることにしたのです。
その結果、後輩たちの悩みは解決され、お客様からの評判も良くなり、売り上げの向上に貢献できました。
この強みを活かし、貴社でも人を巻き込み協力しながら、課題解決に尽力したいです。

例文

サークルのガクチカ

私は学生時代、野球サークルでの活動に力を入れました。
私がここで学んだのは、集団のなかで一人ひとりの考えに耳を傾け、全体としての調和をとることの大切さです。
私は3年生になったとき、総勢30名のサークルの副代表を任されました。
着任してすぐのころは何をすべきか戸惑っており、代表の意見に従う形で、これまでの活動内容を継続する方向性で、運営を続けました。
しばらくして、あるメンバーに運営への意見を聞くと「活動をより活発にして欲しい」と伝えられたのです。
さらに、ほかのメンバー全員にも聞き取りをしたところ、そうした意見が多いことに気がつきました。
そこで私はメンバーからの意見をまとめたうえで、代表とも話し合い、サークルとしての目標や、練習の頻度などを刷新しました。
その結果、より多くのメンバーが納得する形で、活動を行えるようになったのです。
貴社に入社できた際は、周囲の意見を聞き取り、集団の調和をうながしていきたいです。

例文 

ゼミ活動のガクチカ

私は大学のゼミ活動で、大学対抗英語ディベート大会での入賞を目標とし、努力を重ねました。
この取り組みで、リーダーでなくとも、陰からチーム全体をサポートし、まとめ上げていく方法を学びました。
目標達成のため、本番前の3ヶ月間は毎日チームで集まることにしたのです。
そこで私は、議論において予想される、相手の反論をリストアップし、それに対する反論を考える役割に任命されました。
またチーム全体をまとめるため、練習への意欲を保てなくなったメンバーに対し、個人的に相談を受けることにしたのです。
さらに、全体の進捗状況に差が生まれないよう、練習を休んだメンバーに対し、メールや電話で練習内容を伝えました。
そうした取り組みの結果、チームとしての団結力を保ちながら練習を重ねられ、ディベート大会では、目標としていた入賞を果たせたのです。
貴社においても、陰から全体を支えつつ、企業活動に貢献していきたいと考えています。

まとめ

特に重要な3つのポイントをおさらいしておきます。

①ガクチカでは「思考力」「モチベーションの源泉」「人柄」が問われる。
②従順的な協調性と主体的な協調性を理解したうえで、ガクチカに落とし込む。
③原体験や、独自のエピソードを通して、協調性をアピールする。

ガクチカの完成度は、内定を獲得できるか否かに大きく影響する重大な要素です。

協調性を訴えたい場合は、企業側が何を求めているのか、そして、自分はどんな能力と経験をもった人間なのかをしっかりと理解したうえで、ガクチカ作りに取り組んでみてください。

最初はうまくいかないかもしれませんが、例文を参考にしながら、納得のいくものを作り上げていきましょう。

そうして出来上がったものは、内定を得るための大きな武器となるはずです。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます