自己PRが書けない人へ!書けない原因と解決策を徹底解説

自己PRが書けない人へ!書けない原因と解決策を徹底解説

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

pixta_36659026_M

就活では自己PRは避けて通れない一つの関門です。

自己PRがない、と悩んでいる就活生はとても多く、自分は人に誇れるような特技も能力もないと落ち込んでしまう人もいます。

謙虚であるのは良いことでもありますが、就活においてはしっかり自分をアピールする力をつけましょう。

誰しもアピールできることはありますし、自分にとってそれが何なのかをしっかり見つけ出すノウハウを身に付けることが大切です。

ここでは自己PRが書けない人のために、自分のアピールポイントの探し方を紹介します。

【自己PRが書けない人へ】自己PRが書けない3つの理由とは?

自己PRが書けないのには、主に3つの理由があります。

「何もないから」というのは自分の思い込みですので、まずは冷静に情報をまとめてみましょう。

自己PRはエントリーシートの作成時にも、面接に進んだ時にも必ず求められる項目です。

ここをクリアしないと選考を突破できませんので、まずは書けない理由を理解することが大切です。

①使えるエピソードがない、もしくはしょぼいと思っている

自分をアピールできるようなエピソードがない、あってもしょぼくて使えないと思っている学生はとても多いです。

でも就活する全員が海外留学の経験があったり、体育会で主将を務めたり起業や長期インターンの経験などを持っているはずもありません。

結論をいえば、エピソード自体は平凡なものでまったく構いません。

自己PRで重要なのはエピソードのすごさではなく、そこに現れる本人の人間性です。

たとえば極端なことをいえば、「海外留学して勉強になりました。」というだけのエピソードと、「アルバイトで努力して売上アップに貢献しました。」というエピソードでは、後者のほうが圧倒的に評価されます。

自己PRはその企業に貢献できる点を伝えることですので、どのような人間性を発揮できるかが重要なポイントであることを理解しましょう。

そもそも新卒採用において、華々しい成果や高い専門スキルを求める企業はほぼありません。

採用担当者は、これからどのように成長していってくれるかポテンシャルを見極めていますので、人物像や素質のわかる内容にすることが重要です。

②企業が自己PRで何を見ているのか把握していないから

企業は自己PRで自社の雰囲気に合いそうか、自社が求める人材かを見ています。

つまり、あからじめ相手企業がどのような人物像を求めているか情報をつかむことで、それに合わせたアピールポイントを探すことも可能です。

近年では採用にあたって企業がもっとも重視するのは、自社との相性、マッチングです。

相手が求める人物像を把握すれば、それに合うエピソードを探して組み立てることも一つの有効手段といえるでしょう。

逆にいえば、企業がどんな人を求めているかわからないと、アピールすべき内容がわからず自己PRに悩むことになります。

革新的な考えを持つ人物像を求める企業に、昔ながらの保守的な組織人である自分をアピールしてもマッチしないのは当然です。

いきなり自分の中から答えだけを見つけ出すことは不可能ですので、まずは企業が自己PRに何を見たいかを理解しましょう。

ただし当然、自分と乖離する内容を書いても意味はありませんので、マッチする要素を探すことが大切です。

③そもそも自分の強みがわからない

自分を理解していないと、自己PRは書きようがありません。

確かに普段の生活で自分自身を振り返ることはあまりありませんが、就活にあたってはあらためて自己分析し、自分がどういった人間性を持つのか洗い出してみましょう。

また自分ではなく、親しい人にインタビューする他己分析という方法もあります。

他己分析でもそれを鵜呑みにせず、そこから自分のこれまでを客観的に振り返ることが必要となりますので、ノウハウをマスターしておくのがおすすめです。

【自己PRが書けない人へ】自己PRが書けるようになるための2つの解決策とは?

自己PRをうまく構築するには、適切なエピソードを見つけることがとても大切です。

魅力的な自己PRが書けるようになるためには2つの解決策があり、いずれにせよ書く内容を決めるため、強みとそれを裏付けるエピソードを見つける必要があります。

ここではそれぞれの解決策を紹介しましょう。

①自己分析を行う

就活で最初に行うべきなのが自己分析です。

自分自身をよく知っているのは自分であり、過去の自分を客観的に見直すことで、強みを含め自分がどういう人間か理解を深めるのが先決です。

子供の頃からの自分をおさらいしてみると実にさまざまなイベントがあり、楽しかったこともあれば、できれば思い出したくないこともあります。

ただ自己分析は誰に見せるものでもありませんので、自分に嘘をつかず、詳細に情報をまとめることが重要です。

一生懸命取り組んだ経験を探す

まず自分の過去から、自分がこれまでに一生懸命取り組んだことを探してみましょう。

ただしここで実績は関係ありません。 サッカーを頑張った、書道に取り組んだ、自分でおもちゃを作ることに没頭したなどさまざまな経験があるでしょうが、大会で優勝したとか、賞を取ったとか、そうした成果はなくても構いません。

一番重要なのは、一生懸命取り組んだ経験の中に自分の良さが隠れているということです。

なぜそこまで夢中になれたのか、失敗しても諦めなかったのか、その理由にこそ自分がアピールすべき魅力や強さがあることを理解しましょう。

自己PRは自分を売り込む手段のため、評価してもらわなければと必要以上に難しく考えてしまう人がとても多いです。

エピソード選びで考えすぎるとせっかくのアピールポイントを見失ってしまいますので、特別なエピソードや実績でなくても丁寧に掘り下げるのがコツです。

探し方①モチベーショングラフの作成

自分の強みを探す時に役立つのが「モチベーショングラフ」です。

モチベーショングラフは自己分析で用いられるツールの一つであり、これまでの人生をモチベーションの上下でグラフ化したものです。

モチベーショングラフを用いると、どの時期にモチベーションが高いか=一生懸命取り組んでいるかが目で見てわかるようになります。

その時に何をしていたか、何かイベントがあったかを探すことで、エピソードを掘り出す助けになります。

グラフは紙とペンで簡単に作成できますので、マスターしておきましょう。

まず縦軸をモチベーション、横軸を年齢にして、どの時にモチベーションがどれくらいあったかをざっくり書いていきます。

そしてモチベーションが上下した時にあった出来事を言葉で書き入れ、その時の感情も言語化してください。

できるだけ詳しく感情を書き出すことで、現在の自分を形成する素養を知ることができます。

探し方②箇条書きで書き出す

これまでの人生で取り組んだことを、箇条書きでリストアップします。

中学時代、高校時代、大学時代とそれぞれで洗い出し、なぜその目標に取り組んだのか、目標のためにどんな取り組みをしたかを書き出しましょう。

チームで動いた経験であれば、その中で自分がどのように振る舞ったかも深掘りしていきます。

イベントにしても部活にしても、自分の行動から組織内での立ち位置や考え方、価値観を知る手立てになるでしょう。

それらの共通点を探す

できればモチベーショングラフも箇条書きも両方作成し、それぞれの中から共通点を探してみましょう。

それらの経験に共通する行動パターンには、自分の強みがちゃんと出るはずです。

自分が無意識にも取った行動や抱いた感情には、自分の価値観がきちんと繁栄されています。

正しく理解するためには何度も自問自答しながら深掘りをする必要がありますが、実際の経験から分析していくことで、自分が他者にアピールできるポイントが見つかるでしょう。

深掘りの仕方としては、なぜそれが印象に残っているのか、その時何を感じたのかをできるだけ具体的に言語にすることです。

そこで自分がどのような個性を発揮したかが見えてくると、自分の強みを理解できるようになります。

②他己分析をしてもらう

誰にも強みや魅力、個性や価値観があります。

それでもどうしても自己分析でアピールすべきポイントが見つからなかった場合は、他己分析をお願いしてみましょう。

他己分析は、家族や友人、先輩・後輩など普段の自分を知る周りの人に、自分を分析してもらうことです。

たとえば自分にはどんな強みがあるか、これまでの人生で、いつどのような時にどんなことに一生懸命取り組んでいたか、客観的に教えてもらいます。

中学時代や高校時代の思い出があまりないという人もいると思いますが、親兄弟などの記憶にはしっかり残っていることも非常に多いです。

「真っ暗になるまでキャッチボールをしていた」「晩御飯も忘れて本を読んでいた」など、自分では忘れていた風景も他者の目に焼き付いていることもあるでしょう。

また、複数の人に分析してもらうことで、多くの人が共通して感じている強みを見つけることもできます。

過半数の人が「責任感が強い」と言ってくれるなら、なぜそう感じるのかさまざまなエピソードを教えてもらうことで、自分のアピールすべきポイントを見つけることができるでしょう。

まとめ

自己PRが書けないと悩む学生はとても多いですが、誰にでもアピールすべきポイントはあります。

企業に高く評価されるために自分で却下してしまう傾向がありますが、エピソード自体は特別なものでなくても構いませんし、華々しい成果や実績も必要がありません。

まずは相手企業がどんな人物像を求めているかを知り、そこに該当する自分の強みを自己分析から見つけ出してみましょう。

自分をよく知る人に他己分析をお願いするのも良い方法です。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます