ガクチカが書けない人はどうすればいい?人事の評価基準を知って通過するガクチカを書こう

ガクチカが書けない人はどうすればいい?人事の評価基準を知って通過するガクチカを書こう

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録



はじめに

就職活動を行っていくうえで避けては通れない「ガクチカ」。

ほとんどの企業が面接やエントリーシートでガクチカを求めてきます。

多くの企業がガクチカを求めるということは、それほど「ガクチカ」が採用を決めるうえで重要な項目であるということです。

希望する企業の内定を勝ち取るためには、企業へ「この学生を採用したい」と思わせるようなガクチカを作成する必要があります。

ガクチカへ取り掛かっている学生、またこれから取り掛かろうとしている学生の中には、「ガクチカが思いつかない」「ガクチカが書けない」と悩んでいる学生もいるでしょう。

ここではガクチカが書けない人へ、人事の評価基準やガクチカ作成のフレームワークについて紹介します。

ガクチカで行き詰まっている学生はぜひ参考にしてみてください。

【ガクチカが書けない】ガクチカとは

では、そもそもガクチカとは何かについて説明します。

ガクチカとは、「学生時代に頑張ったこと」の略称です。

ガクチカを作成する材料として多く用いられるものが、学業やゼミ、サークル活動やアルバイトなどです。

そのほかにも、留学経験やインターンシップをガクチカのテーマにする学生もいますし、自分の趣味をテーマにする学生もいたりと、ガクチカのテーマは多岐にわたります。

ガクチカと混同してしまわれがちなのが「自己PR」です。

自己PRは自分の良い点をアピールすることです。

そのため、自分の強みに焦点を当てることが求められるため、自分のスキルや長所を企業へ伝えることが必要となってきます。

ガクチカは、エピソードを通して自分の考え方や行動原理を伝えることで、自己PRは自分の強みを伝え企業で活躍する存在であると伝えることです。

ガクチカと自己PRの違いを理解してそれぞれの目的に合ったアピールをしましょう。

【ガクチカが書けない】企業が見ているガクチカの評価基準とは

ガクチカが何なのかわかりましたが、では企業はガクチカをどのような基準で評価しているのでしょうか。

企業は①「学生のモチベーションの源泉が書いてあるか」②「学生時代に学んだことや気付いたことのポイントが伝わるか」を主な評価基準としている場合が多いです。

企業の評価基準を意識せず、自己満足でガクチカを作成してしまうと「結局この学生は何が言いたいのだろう」「この学生の人間性や内面が理解できない」と思われてしまいかねません。

せっかく良いエピソードを持っていても、評価基準を理解しないまま書いてしまうと印象の薄いガクチカになってしまいます。

逆に平凡なエピソードでも、評価基準に沿ったエピソードを書くことができれば、企業受けの良いガクチカを作成することが可能です。

以下では上記2つの評価基準について詳しく説明します。

学生のモチベーションの源泉が書いてあるか

企業はガクチカを聞き出すことで、その学生のモチベーションの源泉を把握しようとします。

モチベーションの源泉とは、「モチベーションを感じるきっかけは何か」ということです。

企業はそれを把握することで、この学生が当社の環境でモチベーションを持って仕事へ取り組み、力を発揮できる存在であるかどうか判断します。

モチベーションにはさまざまありますが、希望する企業の職種や企業理念と合っていないと良い印象を与えることはできません。

たとえば、システム開発系の職種へ就職を希望していた場合、面接で「接客業のアルバイトで、お客様からの感謝の言葉が、忙しいアルバイトを続けるうえでモチベーションの源泉となった」と伝えたとします。

この場合だと、システム開発の仕事はお客様や営業先と関わる機会は少ないため、この会社には適していない、と判断されてしまう可能性があります。

自分のモチベーションの源泉を深掘りし、それが希望する企業とマッチしているかを検討することが大切です。

学生時代に学んだことや気付いたことのポイントが伝わるか

ガクチカにより、学生時代に学んだことや気付いたことのポイントが伝わるか、という点も重要な評価基準の一つです。

企業がなぜその点を評価するのかというと、学生の気付きや学びから、その学生の価値観や考え方を知り、今後企業で成長し、活躍する存在かどうかを見極めるためです。

そのため、実績を華々しくアピールすることや、エピソードをたくさん伝えることなどに重点を置いてしまい、ガクチカから得た気付きや学びをないがしろにしないよう注意しましょう。

自分のガクチカに学びや気付きを盛り込む際は、組織として学んだことを書くようにすることが大切です。

会社というものは組織で動きます。

そのため、「コミュニケーション」や「協調性」などのような組織としての学びや気付きを盛り込み、組織で活躍できる存在であることを伝えるようにしましょう。

【ガクチカが書けない】ガクチカのフレームワーク

ガクチカの評価基準について理解できたと思いますが、いざ書くとなるとどのように書けば良いか悩む学生も多いかと思います。

ガクチカを書く際はPREP法で書くと、伝えたい情報を企業へ効果的に伝えることができます。

PREP法とは、P(結論)、R(根拠)、E(事例)、P(結論)の順で構成する法則です。

この法則はビジネスの場面でも用いられることが多く、伝えたいことを論理的かつ簡潔に伝えることができるのでとてもおすすめです。

以下では、PREP法について詳しく解説していきます。

P(結論)

PはPointの略で「結論」という意味です。

初めの段階で、学生時代に力を入れたことは何なのかをはっきり示しましょう。

結論を最初に示すことで企業側はその後のエピソードが理解しやすくなります。

ガクチカが塾のアルバイト経験であれば、「私は学習塾のアルバイトで、担当生徒の志望校への合格率を前年より約30%上げることに成功しました。」のように先に結論を提示しましょう。

ここでは結論を簡潔に示すことを意識しましょう。

この段階で伝えたいことを盛り込みすぎてしまうと、構成がぐちゃぐちゃになってしまい、軸がぶれた構成になってしまうおそれがあります。

基本的には1文で、多くても2文で結論を端的にわかりやすく伝えましょう。

R(根拠)

RはReazonの略で「根拠」という意味です。

なぜ、学生時代に力を入れたことへ取り組んだのかを書きましょう。

ここは、行動に移った動機が述べられるため、上記で説明した「モチベーションの源泉」とも関連してきます。

企業としては、この学生は課題や現状に対して、どのような考え方やモチベーションを持って行動する人物であるのかを判断する箇所となります。

学習塾のガクチカの例だと、「私が塾へ入社した当初は直近の志望校合格率が50%でした。私は受験生へ、希望する高校への合格を勝ち取ることでの努力の大切さや達成感を実感してほしい、との思いから、受け持つ生徒の志望校合格率を80%以上にすることを目標としました。」

この段階で注意することは、客観的な文章になるように意識することです。

主観的になり、なぜその行動に至ったのかわからない理由だと、読み手や受け手はガクチカの内容が理解しがたくなるうえに、この学生の考え方は当社とは合っていないと判断されてしまう可能性があります。

客観的な事実に基づくなどして、読み手が納得のいく理由を書きましょう。

E(事例)

EはExampleの略で「事例」という意味です。

根拠にもとづいて、実際にどのような活動をしたのかを書きます。

ここでは、具体的に書くことを心がけましょう。

抽象的な表現で書いてしまうと、結局のところ何をしたのかが企業へ伝わりにくくなってしまいます。

数値などを用いて書くと具体性が増し、読み手や受け手に伝わりやすくなります。

塾講師の例だと、「各授業の終わりにミニテストを設け、理解度を把握しました。そして理解が乏しいと思われる箇所をその週の宿題に出し、再度復習させるようにしました。また、保護者との面談以外に生徒個人と面談する機会を2ヶ月に1回設け、生徒の悩みや気になっている点を話し合い、解決策などをアドバイスしました。」

このように、自分またはグループがどのような活動をしたのか具体的に伝えましょう。

P(結論)

最後に、再びPoint(結論)を述べます。

最初に結論を示し結論で締めることにより、読み手は内容を理解しやすくなります。

ここでは、最初で示した結論とまったく同じことを書くのではなく、行動に対する学びや気付きを書くことが大切です。

行動を起こし成果を得たことで、自分の考えがどう変わったのか、何を学んだのか、を書くようにしましょう。

「結果、その年に行われた高校受験で、受け持ちの生徒10人のうち、8人が第一志望へ合格することができました。私はこの経験から、目標達成に向けた課題分析の重要さとコミュニケーションの重要性を学びました。」

学びや気付きを明記し、入社後もその学びを活かして活躍できることをアピールできるとなお良いでしょう。

【ガクチカが書けない】輝かしい実績は必要ない!

ガクチカを書けないと思っている原因の一つとして、「ガクチカには輝かしい実績が必要だ」と勘違いをしてしまっていることが挙げられます。

上述したように、企業はガクチカからその人の考え方やモチベーションの源泉を把握し、企業で活躍していける存在かどうかを判断しようとしているので、ガクチカでの実績の華々しさは重要視されません。

全国大会出場やビジネスコンテスト優勝などの成績はインパクトとしては確かにありますが、企業としてはガクチカの「実績」よりも「過程」を重視しているのです。

そのため、自分がどのような人間でどのようなことにモチベーションを感じるのかをしっかり深掘りし、伝えることができれば、目立った経験をしたことがない学生でも内定を勝ち取ることが可能です。

まとめ

ここではガクチカが書けない人へ、人事の評価基準や作成時のフレームワークについて説明しました。

ガクチカの評価基準で押さえておきたいポイントは「モチベーションの源泉」と「経験からの学びや気付き」です。

これらが伝わるように自分の経験を今一度深掘りしてみましょう。

ガクチカ作成時のフレームワークとしてPREP法を用いて書くと簡潔かつ論理的に相手へ伝えることができます。

そして、企業はガクチカの実績よりも過程を重視しているため、平凡な経験でもここで説明したポイントを押さえて書けば、効果的なガクチカを作成することが可能です。

自分の内面が十分に伝わるようなガクチカを完成させて、希望する企業の内定をつかみ取りましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます