広告業界の志望動機の書き方とは?内定をもらうためにどのようにアピールすればいいのかを解説!

広告業界の志望動機の書き方とは?内定をもらうためにどのようにアピールすればいいのかを解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

 

はじめに

クリエイティブなイメージが非常に強い広告業界は、自分のセンスを活かした仕事がしたい方に人気があります。

しかし就職でライバルが多い業界でもあるだけに、内定を勝ち取るためにはしっかりアピールできるよう準備していなければなりません。

広告業界で通用する志望動機の書き方・文章構成はどのようなものでしょうか。

以下の記事で広告業界の採用試験で使える志望動機のポイントについて紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

【広告業界の志望動機】広告業界の仕事内容とは

広告業界の仕事は、広告主であるクライアントの扱う商品やサービスなどを、より多くの人に伝えるための活動をサポートする仕事です。

たとえば広告代理店では、まずその商品やサービスをより魅力的に広く伝えるため、広告主の戦略や意向を聞きながらアイデアを出し、効果的なプランを作ります。

そのプランに沿った映像や写真、デザインなどの制作は必要に応じて、広告制作会社やセールスプロモーション会社に依頼します。

このような流れで、できあがった広告を依頼主にかわって媒体に載せ、広告主と広告媒体をつなげることで手数料収入を得るのが広告業界の仕事です。

広告媒体には、テレビを始め・ラジオ・新聞・雑誌などのマスメディア系のほか、電車内の広告や屋外広告・チラシやダイレクトメールのほか、Webサイト広告もあります。

【広告業界の志望動機】広告業界に向いている人の特徴

魅力的な志望動機を書くためには、その企業で求められる人物像が自分の強みと一致していることを伝える必要があります。

そのためにも、広告業界で向いている人とはどのような人か、把握しておかなければなりません。

また、自分がその業界で働くことに向いているのかいないのかを確認しておくことは、就職てから後悔しないためにも大変重要なことです。

ここでは一般的に考えられる、広告業界に向いている人の特徴をあげているので、確認してみましょう。

コミュニケーション能力が高い人

広告業界の仕事は、広告主であるクライアントの要望に沿った広告を作らなければならないため、その要望を的確にくみ取れる能力が必要です。

自分のアイデアや発想力に自信がある場合でも、クライアントが求めるものになっていなければ、満足してもらえません。

相手の求めているものを把握するためにも、また、それを実現するための提案をするためにも、コミュニケーション能力が必要です。

また、広告を完成させ、媒体につなぐまでの間には、さまざまな分野の人と一緒に仕事を進めなければなりません。

良好なコミュニケーションがなければ、仕事を成し遂げることはできないのです。

どのようなタイプの人とでも関係性を築ける、コミュニケーション能力の高い人が、広告業界に向いていると言えるでしょう。

地道な作業を長く続けられる人

広告業界は華やかなイメージだけが先行しがちです。

しかし、実際には地道な作業が求められる場面も多くあります。

特に営業職で新規開拓をする場合は、アポイントを取るために粘り強く電話営業を続けなければならない場合もあります。

また、既存のクライアントとの関係性を良くするためには、仕事にならなくても挨拶に行ったり、電話をしたりなどこまめな努力は欠かせません。

広告を制作途中のクライアントに対しては、先方のスケジュールに合わせて訪問することはもちろん、制作会社などとこまめにコンタクトを取り、調整しながら仕事を進めなければなりません。

イメージと異なり、煩雑な業務も多い広告業界では、地道な作業が苦にならない人でなければ務まらないのです。

臨機応変に対応できる人

広告業界での仕事は、クライアントありきであるため、クライアントの要望に応えることは必須です。

そのため、クライアントの都合によってスケジュールをはじめ、制作内容に関することまで、なかには急な変更を求められるケースもあります。

広告を作るためには、さまざまな分野のメンバーと共に仕事を進める必要があるため、途中での急な変更は、多くのポジションに影響します。

直接クライアントに対応するポジションではない場合でも、そのような変更に臨機応変に対応できることが求められるのです。

クライアントが納得するものを作り上げるため、クライアントの要望や変更に対し、気持ちを切り替えて素早く行動できる人は、広告業界に向いている人と言えるでしょう。

【広告業界の志望動機】志望動機とは

企業は能力の高い人材を求めて採用活動を行いますが、そのなかでスキルや資格だけでなく志望動機についてたずねるのはなぜでしょうか。

それは自社のニーズと就活生の動機がマッチしているかを確認するためです。

就活生の動機と企業の実態がマッチしていなければ、「こんなはずではなかった」と早期退職されてしまうリスクが高まるでしょう。

どんなに有能な就活生であっても、ミスマッチが生じたからといってすぐに辞められてしまっては意味がありません。

就活生にとっても、自分の志望動機をかなえられない企業から採用されるのは意味がないでしょう。

ミスマッチを防止するために、志望動機を確認しておくことは非常に重要です。

言い換えると、第一希望の企業から内定を得たいと願うのなら、企業の求めるニーズとマッチした志望動機を準備しておく必要があるともいえます。

【広告業界の志望動機】広告業界の志望動機のポイント

つぎに、広告業界でアピールすべき志望動機のポイントについて紹介します。

広告業界に「派手」「ミーハー」というイメージがある方も珍しくありません。

実際「クリエイティブな仕事がしたくて」という動機で広告業界を志す就活生も多いです。

就職活動では、単に華やかな世界へあこがれて志望したのではないと理解してもらう必要があります。

以下のポイントを押さえておけば、選考通過の確率が大きく上がるのでぜひチェックしてみてください。

もちろん、以下で紹介するポイントが押さえられた文章を作るための前提は、自己分析と企業・業界研究です。

うまく志望動機を練り上げることができないと感じたときは、もう一度基本に立ち返って、自分の強みや業界で働く意味を問い直してみましょう。

なぜ広告業界なのかが明確である

最初のポイントは、なぜ広告業界なのかという点です。

たとえば「デザインのスキルを活かしたい」だけでは、広告業界以外でもそのスキルが活かせるところはたくさんあるでしょう。

どうして広告業界を選んだのか、その背景となるエピソードをうまく説明できなければいけません。

そのなかで、決してミーハーな気持ちだけでなく、明確な目標をもって志望していると示す必要があります。

これは広告業界に限ったポイントではありません。

志望者が多く、派手なイメージの強い広告業界では特にチェックされやすいポイントです。

自分がどうして広告の仕事に携わりたいのか、過去の自分史も良く振り返ったうえで説得力のある話を展開できるように準備しておきましょう。

なぜ御社なのかが明確である

業界に続いて、なぜ数ある広告関係の企業から「御社」を志望したのかについても明確にする必要があります。

一口に広告と言っても、その形態はさまざまです。

古くからある看板も広告の一形態ですし、新聞のチラシやテレビCM・動画などを活用したネット広告まで現在はあらゆる広告を目にします。

数ある広告のなかでもどうしてその分野に興味をもったのか、そしてその企業のどこに共感して応募したのかをはっきりさせましょう。

このことは、続けて話す将来のビジョン・会社に入って成し遂げたいことにもリンクしています。

将来はこうした仕事で活躍したい・こんな広告が出せるスキルを身につけたいというビジョンと、企業の事業内容・理念がマッチしていなければ良いアピールにはなりません。

業界の動向と自身の展望について明確にする

広告業界の動向と自身の展望についても盛り込み、業界に対して興味・関心があるとアピールすることも重要です。

しっかり業界研究している・論理的な話ができるという印象を与える意味もあります。

時代の変化・技術の進歩に伴って広告の手法は大きく変わっていました。

今では多くの企業がネット・スマホ・SNSといったツールで、いかにすぐれた宣伝効果を出せるか考える時代になっています。

こうした動向もふまえ、自分がどんな仕事で結果を出したいか・キャリアアップしたいかを述べられるようにしておきましょう。

「たくさんの人の目に留まる広告を作りたい」「広告ならどんな仕事でもしたい」といった曖昧な動機では、採用してもらえる可能性は非常に低いです。

求められる人物像を把握できている

仕事内容や入社後のキャリアについて、しっかりイメージできているかをアピールするためには、企業が求める人物像の把握は欠かせません。

企業がどんな人材を求めているかは、企業説明会・ホームページ・パンフレットなどさまざまな機会から、情報を得られるはずです。

最低でも企業が掲げている理念・社員に求める人物像を理解したうえで、自分の長所や経験とどうつなげられるかを考えておく必要があります。

たとえば営業職を志望しているのなら、広告業界の営業ではどんな素質が求められていて、自分はどうしてその仕事で能力を発揮できると思ったのかを整理しておきましょう。

入社後に就活生がどんな活躍を見せてくれるか、面接官に具体的なイメージをしてもらえれば、内定を得られる可能性は大きく高まります。

【広告業界の志望動機】志望動機の例文

それでは、広告業界を志望する方に参考となる例文を具体的に紹介していきましょう。

専攻を通過するために、どんな志望動機を書けばいいのか迷っている方は、ぜひご参考になさってください。

3つの例文を掲載します。

広告代理店に営業職として入社したい方・マーケティング職を志望している方・クリエイティブな業種での入社を希望する方という3パターンに分けました。

共通しているのは最初に「結論」を述べ、そのあとにどうして結論に至ったのか、具体的なエピソードで補足していることです。

さらに将来のキャリアプランや入社後の意欲へとつなげ、志望度の強さ・業界に対する理解度をアピールしています。

この結論ファーストの流れは、どの企業に応募する場合も使える文章構成です。

営業職志望

まずは広告代理店で営業職として働きたいと考え、自分の長所を「調整力」と感じている方の志望動機です。

私が御社を志望した理由は、すぐれた商品・サービスをどんどん世の中に広める仕事をしたいと思ったからです。

最初に広告業界へ興味をもったのは中学生のときで、それは自分がはじめてCMを見て「欲しい」という気持ちの強くなったことがきっかけでした。

そのCM制作に携わっていたのが御社です。

御社は〇〇といった取り組みから実績をあげており、今後もまだ世に知られていない商品やサービスが打ち出せる魅力的な事業展開をしていらっしゃいます。

内定をいただき入社できましたら××のアルバイトで培った調整力やヒアリング力を発揮し、クライアントの要望を最大限吸い上げ、広告へ反映させられるよう努めていきたいと考えております。

将来はあらゆる業界の広告に関する知識・スキルを習得し、幅広い分野で世の中に良いものを広められる営業マンになれるよう、スキルアップしていきたいです。

マーケティング志望

続いて、マーケティング職を希望して面接に臨む方の例文です。

こちらも結論ファーストで話を始めており、その後補足するエピソードや自分の強みをアピールしています。

「御社で働きたい」という意志を示して締めくくっている点もポイントです。

私は現在のネット広告の可能性に強い興味を抱いており、その研究・調査を通してよりユーザーと企業のニーズにマッチした広告を出すのに貢献したく、御社を志望いたしました。

御社は〇〇事業で他社にない××という強みをもっており、今後も業界でリードしていく可能性を強く感じています。

私は大学時代から〇〇というゼミでマーケティングの研究を続けており、私が特に力を入れているのがSNSを通したファッション・美容分野の広告事例です。

研究では成功した事例だけでなく、失敗した事例にも注目し、その理由を深く追究するように心がけてきました。

社会人になってもこの探求心や研究対象への熱意、粘り強さを忘れず、御社で仕事に励みたいと考えております。

クリエイティブ志望

最後に、クリエイティブ職で広告業界の内定が欲しい就活生の例文です。

人の心を購入に向けて動かし、経済を回す原動力となれる広告を作りたいと考え、御社を志望いたしました。

御社の理念や取り組みは、本当に必要な情報をピックアップしてユーザーに届けるという点に帰結しています。

私の両親は広告で「良い」と思ったものはすぐ試してみる性格で、過去に何度も失敗したところを目撃してきました。

そのため「広告を見た人が後悔しない選択をできる社会であってほしい」という思いを学生のころから抱いています。

御社の一員となり、ユーザーが本当に求める情報を広告という形で出すことで、より洗練された消費社会の実現に少しでも貢献したいです。

大学時代はデザインの勉強だけでなく、留学や海外交流サークルでの活動を通し、より広い視野でものを考えられるように努めてきました。

入社後も今の気持ちを忘れず、あらゆる分野にアンテナを張り巡らせて仕事に活かしていきたいと考えております。

まとめ

広告業界は非常にライバルの多い業界だけに、志望動機でしっかり面接官に良い印象を残すことが内定を得るために重要なポイントとなります。

どうして御社を志望しているのか、その志望動機に至った背景は何かを短い時間で論理的に説明するのがカギです。

また、志望動機はその後の定番質問である「ガクチカ」や「自己PR」と矛盾がないものでなければなりません。

志望動機だけで満足せず、そのあとの質問でも良いアピールができるよう努めましょう。

もし自分の作った志望動機の文章が良い内容か不安になったときは、就活エージェントや就活で成功した先輩などにチェックしてもらうことをおすすめします。

周りの方から指摘を受けて、はじめて気づくミスや修正点が見つかることも多いです。

 

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます