自己PRは書き出しが重要!押さえるべきポイントとは?印象に残る自己PRを作ろう

自己PRは書き出しが重要!押さえるべきポイントとは?印象に残る自己PRを作ろう

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

 

はじめに

エントリーシートや履歴書を書く際に、何を書けば良いか迷ってしまうのが自由度の高い自己PR欄です。

アルバイト・サークル活動・留学を通して得られた語学力など、人によってさまざまなアピール材料が考えられます。

ほかの志望者と差をつけられるような、インパクトの大きいエピソードが思い浮かばない方もいることでしょう。

自分の性格について書く・やる気をアピールする・学生時代のエピソードを書くなど、文章の方向性自体が自由であることも迷いが生じる原因です。

この記事では、自己PR欄の書き出しについて押さえるべきポイントをまとめました。

こちらの記事を参考に、採用担当者の印象に残りやすい自己PR文を作成してみてください。

【自己PRの書き出し】自己PRとは?

就職活動における自己PRでは、自分の強みを述べるだけでなく、その強みがどのように形成されたかを伝える必要があります。

ガクチカ・志望動機と並び、志望者がどんな経験を経て成長してきたか・その経験が就職後も活かしてもらえそうかをチェックするための質問です。

そのため、面接はもちろん履歴書・エントリーシートでも頻出質問となっています。

この質問にうまく答えられるかどうかが、就職活動成功を大きく左右することは間違いありません。

【自己PRの書き出し】自己PRの書き出しの重要性とは

自己PRでは、書き出しの一文が非常に重要です。

なぜなら、企業の採用担当者は膨大なエントリーシート・履歴書に目を通しています。

選考が始まったばかりの段階では、何百人単位の自己PRを目にすることになるでしょう。

当然、すべての文章をゆっくり読むほどの時間はありません。

どうしても最初に目がいくのは、書き出しに何が書いてあるかです。

書き出しで採用担当者に興味をもってもらえる内容か・自分のアピールしたいことがはっきり伝わる内容かが非常に重要です。

書き出しで何を言いたいのかよくわからない・長そうだと思われると、そのあとの文章も読んでもらえない可能性もあります。

まず相手に読んでもらえる文章となるよう、わかりやすさやインパクトに重きを置いた書き出しになるよう練習しましょう。

【自己PRの書き出し】自己PRの書き出しで押さえるべきポイント!

それでは、具体的に自己PRの書き出しで押さえるべきポイントを紹介します。

インパクトある、わかりやすい書き出しとするために以下の見出しで紹介する3点を心掛けてみましょう。

どのポイントも、決して難しい内容ではありません。

しっかり意識しておけば、どんな内容をアピールする場合でも実践できるポイントです。

志望者の性別や希望業界にも関係なく共通するポイントなので、ぜひエントリーシートを提出する前にマスターしておきましょう。

結論ファーストで書く

自己PRの書き出しで一番大切なことは、結論ファーストで書くことです。

一番シンプルな例をあげると、「私の強みは実行力です。」となります。

最初に結論を書いておかないと、たくさんのエントリーシートに目を通す採用担当者にアピールが伝わらない可能性も高いです。

時間がなく、エントリーシートは大まかにしか目を通せない場合であっても、自分について最低限知ってもらえるよう、書き出しに結論を書いてしまいましょう。

これは面接で自己PRを質問されたときも同様です。

最初に結論を述べることで、面接の担当者はそのあとの内容も頭に入ってきやすくなります。

書類でも面接でも、まず相手に自分の伝えたいことが伝わらなければ、意味がありません。

結論ファーストをいつも心掛け、わかりやすくアピールをしていきましょう。

ベタな言葉はなるべく避ける

ほかの志望者と差別化をはかるため、できるだけ自分らしい言葉を使うのも効果的です。

「行動力がある」「チャレンジ精神旺盛である」といった内容は、確かに良いアピール材料となりえます。

しかし、自分なりの強みとするためにはさらに「〇〇なことができる行動力」「〇〇にも意欲的に取り組んできたチャレンジ精神」と具体性をもたせるようにしましょう。

この部分で、自分の文章力や個性を伝えることが大切です。

ただしあまりにも「個性」や「オンリーワン」を意識するあまり、就職活動・ビジネスシーンにそぐわない内容にならないよう注意する必要があります。

その強みがビジネスの場面でも活かせるとイメージしやすい、わかりやすいものであるかをチェックしてください。

必ず言い切る

書き出しの一文は、必ず言い切る形にすることも大切です。

「私の長所は〇〇なところだと思います」ではなく、「長所は〇〇です」と断定してしまいましょう。

就職活動では、弱気な印象を与えないこと・自分に自信をもっていることも非常に重要です。

「~~だと思います」という文章が多いと、どうしても自信がない・おどおどしているという印象を与えてしまうことがあります。

特に自己PRや入社に向けての意気込みなど、自分の希望や熱意を伝えるシーンでは「言い切る」ことをくせにしてください。

多くの企業では、「自社に心から就職したいと思っているか」もチェックポイントにしています。

文章を通して熱意も伝えることができれば、内定を得られる可能性は大きく高まるでしょう。

【自己PRの書き出し】自己PRのテーマ別例文を紹介!

続いて、自己PRの書き出しの例文を紹介していきます。

多くの方が自己PR欄で書きたいと考える、アルバイト・学業・サークル活動に分けて例文を掲載しました。

どのテーマであっても、先述したように「結論ファーストでわかりやすく言い切る」ことが大切です。

その後に続ける文章も考えつつ、インパクトの大きい書き出しを書けるようにしましょう。

ここで紹介する例文は、そのあとの文章のつなぎまで掲載しているので参考にしてみてください。

アルバイト

「私の長所は、多忙な居酒屋のアルバイトで培った臨機応変さです。

ピーク時には多くのテーブルから同時に声がかかることも多くありますが、どんなときもすぐに優先順位をつけ、スピーディーに対応できるよう心掛けてきました。」

「私はピンチでも諦めず取り組める粘り強さのある人間です。

家庭教師のアルバイトでは、D判定だった担当生徒を根気よく応援し続け、現役合格をサポートしました。」

こちらの記事では、アルバイト経験で自己PRを書く際のポイントについてさらに詳細に説明しています。

アルバイトで自己PR文を作りたい方は、ぜひこちらもお読みください。

学業

「私は受験勉強で養った弱点克服力が強みです。

もともと私は数学を非常に苦手としていましたが、その苦手を克服するために、〇〇に取り組み、最終的には得意科目と遜色ない点数を取れるまでになりました。」

「私の最大の長所は、TOEICで500点から650点に成績が上がるまで、コツコツ勉強をしてきた継続力です。

成績が伸び悩んでいた時期には、自分がTOEICを受験する動機である、ニューヨークへの留学という最終目標を思い描くようにしてきました。」

こちらの記事では、自己PR文で学業の経験からエピソードを作るうえでのコツを紹介しています。

自己PRで学業について書く方は、ぜひ参考になさってください。

サークル活動

「私は個性の強いメンバーでも、1つにまとめられるリーダーシップを武器にしています。

メンバー同士の意見がぶつかるときには、双方の話したいことがなくなるまで話してもらったうえで、自分の意見を述べるよう心掛けてきました。」

「私は〇〇のサークル活動から、目標に到達するまでコツコツ取り組む継続力を身につけました。

昨年は~~活動で地域の商店街から感謝状をもらうことができ、目標を達成したことが大きな自信につながっています。」

サークル活動での自己PRに関しても、こちらの記事でより詳細なポイントや例文を紹介しています。

サークル活動を頑張ってきた方は、こちらを参考に自己PR文を作ってみてください。

まとめ

エントリーシート・履歴書の自己PR文は、書き出しで採用担当者にインパクトを残せるようにすることが大切です。

そのためには内容を吟味することも大切ですが、結論からわかりやすく書くという、簡単なテクニックも覚えておきましょう。

手書きの場合、文字を丁寧に書くことや、レイアウトを工夫して読みやすくすることもアピールにつながります。

書き出しの文章をほかの文字よりも大きくする、アピールしたい長所を「実行力」などをカッコでくくり、目立たせるといったことも可能です。

何を書くか自由である自己PR欄は、志望者一人ひとりの文章力や、就職活動に向き合う本気度が問われている欄とも言えます。

上手にアピールし、就職活動でほかの志望者よりも一歩リードできるようにしておきましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます