【例文15選】ガクチカに学業は使える?おすすめのテーマや構成を徹底解説!

【例文15選】ガクチカに学業は使える?おすすめのテーマや構成を徹底解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録
柴田貴司
監修者

明治大学院卒業後、就活メディア運営|自社メディア「就活市場」「Digmedia」「ベンチャー就活ナビ」などの運営を軸に、年間10万人の就活生の内定獲得をサポート

この記事を読んでわかること
  • 勉強をガクチカにするときのポイント
  • ガクチカのおすすめ構成
  • 勉強のガクチカの例文
この記事をおすすめしたい人
  • 勉強をガクチカにするときのポイントを知りたい人
  • ガクチカのおすすめ構成を知りたい人
  • ガクチカに不安がある人

ガクチカは新卒採用の場においてまず問われる質問であり、就職活動にあたっては避けて通れないものです。

テーマにはアルバイトやサークル活動、留学などがよく選ばれるものですが、学生の本分である勉強もガクチカとして使用可能です。

自身が一生懸命に取り組んだ活動が実際に勉強である場合、アルバイトやサークル活動などをテーマとするより内容も濃くなります。

今回はガクチカのテーマに勉強を選ぶことの良し悪しや、知っておきたいコツや例文などをそれぞれご紹介するので、ぜひご確認ください。

 

目次目次を全て表示する

【確認しておこう】学業のガクチカと学業の自己PRの違い

学業に関するガクチカを作成する前に、もうひとつ頻出質問である自己PRとの違いを確認しておきましょう。

この二つを混合して考えてしまう就活生は非常に多いです。

まず自己PRは自分の強みをアピールするものであり、文章構成は

長所・強み→エピソード→今後への活かし方

という流れになります。

一方で今回解説するガクチカは、

取り組んだ活動(学業)→目標・課題→結果&今後への活かし方

という文章構成になります。

同じ学業をエピソードとして適用しても、アピールする内容が異なるため、表現も大きく異なります。

【ガクチカで学業をアピール】学業をガクチカにするのはダメ?

学業をガクチカで使うのはダメだ、と思っている就活生も多いですが、学業をガクチカのテーマとすることは特に問題ありません。

ESや面接の設問では学生時代の具体的な話が求められるものの、各経験やエピソード自体に企業は大きく注目していないのです。

また留学やアルバイトなどの思い出話が聞きたくて設けている問いでもありません。

それゆえに、選んだテーマだけで大きな差はつきません。

海外に留学したといった派手な経歴を披露しても、それだけだと評価はあまり期待できないのです。

反対に、企業側の狙いをふまえて内容がまとめられていれば、大学で必修とされた勉強を頑張ったといった内容であっても好感触を得られることもあります。

下記にご紹介するように、企業側の狙いはあくまで別のところにあるので、テーマ選びであまり神経質になる必要はありません。

学生としては当たり前の活動でもある学業も特に問題なく選べるので、実際に頑張ったことが勉学なら、そのままガクチカのテーマとして使うとよいでしょう。

【ガクチカで学業をアピール】学業のガクチカがダメと言われる理由

学業をテーマにするのがあまり好ましくないと言われるのは、他の応募者との差別化がなかなか難しいからです。

たしかに学業は学生時代にすべき重要なものですが、企業はその他のスキルや経験も求めています。

そのため学業以外の面での活動、経験などを強調しなければなりません。

もし学業をテーマにしたい場合は、学びを実践にどう活かしたかを具体的に示してその成果や影響に焦点を当てることが重要です。

学業のみならず自己成長やリーダーシップ、チームワークなどのスキルも示すことでバランスの取た印象を与えられるでしょう。

差別化が難しいため

学生にとって学業に力を入れるのは当たり前のことであるため、ただ勉強したエピソードをまとめても他の学生との違いが出せません。

したがって独自性を見つけるためには、他に興味を持ったことや活動したことに焦点を当てましょう。

たとえばボランティア活動やインターンシップ、クラブ活動など学業以外の経験やスキルに焦点を当てることです。

そうしてテーマを自分にしかないものに絞ることによって、自己表現の幅をぐっと広げることができます。

自分の興味や情熱に基づいた経験を通じて独自の価値を示すことにより、自分の個性や特性を明確に示すこともできるでしょう。

独自の価値を示すことは、就職活動だけではなく人生全般において重要な要素となるに違いありません。

勉強しかしていないと思われるため

もちろん頑張って勉強したことそのものは、悪いことではありません。

しかしそれだけをアピールするのでは他の学生との違いを出すのは難しいです。

また、学生時代に勉強しかしてこなかったという印象をもたれかねません。

なぜよろしくないかと言うと、企業は単に勉強熱心な人材を求めているわけではないからです。

実際に学校以外での活動、ボランティアをしたりアルバイトをしたりした経験がきっとあったのではないでしょうか。

そのなかから柔軟性やリーダーシップ、あるいはチームワークなど身につけたものをアピールするほうがずっと有効です。

ですから学業以外のエピソードを振り返ることにより、自己成長や人間性の側面を伝えられるように準備しておきましょう。

個人作業が多いため

多くの勉強は個人作業が多いことでしょう。

個人での黙々とした作業はガクチカとして評価されるのでしょうか。

たしかに就職活動では協調性やコミュニケーション能力が評価されますが、それが得意でない場合でも決して焦る必要はありません。

その代わりプレゼンテーションやグループワークなど、他者と協力して成果を出した経験について振り返りましょう。

過去のプロジェクトでチームと協力して目標を達成したこと、リーダーシップを発揮して円滑なコミュニケーションを取った経験があればそこを強調しましょう。

たとえば学生団体での活動やボランティア活動、アルバイト先でのチームワークなどがあげられます。

自身の関わり方や貢献度を具体的に説明し、それがどのように成果に結びついたかをアピールすることが重要です。

自分の経験をしっかりと整理し、自信を持ってアピールするよう心がけましょう。

【ガクチカで学業をアピール】企業がガクチカを通して知りたいこと

就活において企業が学生時代の活動についてたずねるのは、各応募者の人間性や姿勢を知るのが狙いです。

たとえば、困難にぶつかった際にさまざまな解決策を考えて実行したといった内容があれば、簡単には諦めずに数々の試行錯誤ができる人なのだとわかります。

どのような活動にも人間性は現れるものです。

そして、どのような環境や状況で頑張れるのかといったモチベーションの源泉や、目標に対する努力の内容や姿勢などを特に見ています。

これらが新卒採用で重視されるのは、将来的には自社で活躍できる存在かどうか、社風に合う人かどうかを判断するためです。

新卒採用はあくまで将来性を基準に人を選んでおり、現時点での実力は度外視しているので、短期的な費用対効果はよくありません。

採用には大きなコストを要する分、離職リスクは企業にとっても無視できないものであり、ミスマッチによって短期で退社されてしまうと痛手をこうむります。

特に経営基盤が安定していないベンチャー企業や中小企業ほどダメージが大きいので、ミスマッチをできるだけ防ぐべく、採用の場において学生の人となりを重点的に調べているのです。

ここからは企業がガクチカを通して知りたいことを紹介します。

物事への取り組み方

企業は、学生時代のガクチカを通じて、候補者の物事への取り組み方を理解しようとします。

これには、目標設定、計画立案、実行、そして困難に直面した際の対処方法などが含まれます。

企業は、入社後の活躍を予測するために、これまでの行動パターンや価値観、問題解決のアプローチなどを評価します。

学生時代にどのように目標に取り組み、それをどのように達成したかは、企業が求める人材かどうかを判断する重要な基準となります。

社風と合っているか

企業は、ガクチカを通して、候補者の価値観や人柄が自社の文化や価値観と合致しているかを見極めようとします。

学生時代に力を入れたことや、その経験から学んだ教訓や価値観は、企業のミッションやビジョン、チームワークのスタイルなどとの相性を示す手がかりとなります。

特に、企業文化やチームの雰囲気に合うかどうかは、長期的な勤務において重要な要素です。

自身の経験がどのように企業の価値観と合致するかを示すことが、採用の決め手となることがあります。

【ガクチカで学業をアピール】学業のエピソードが企業に与える印象

学生時代の学業への取り組みは、就職活動において非常に重要なアピールポイントとなり得ます。

学業を通じて培ったスキルや姿勢は、企業が新卒採用で求める資質と密接に関連しているからです。

ここからは勉強のエピソードが企業に与える印象を掘り下げていきます。

真面目

大学生活は自由に時間を使える貴重な期間です。

この時期に多くの学生が趣味や娯楽に時間を費やす中、学業に専念する姿勢は、真面目で責任感がある学生であるという印象を与えます。

学業への取り組みは、単なる知識の習得を超え、自己管理能力や課題に対する真摯な姿勢を示すものです。

企業は、このように自己成長と学びに真剣に取り組む姿勢を高く評価します。

目標達成意欲が強い

資格取得やテストでの高得点、GPAの向上など、明確な学習目標を設定し、それに向けて努力する姿勢は、目標達成に対する強い意欲と向上心を示します。

これらの目標は具体的に測定可能であることから、それを達成するための計画性と実行力は、企業で働くうえで重要な能力の一つです。

特にビジネスの世界では、目標を設定し、それを達成するための戦略的思考と実行力が求められます。

コツコツ取り組む力がある

学業は短期間で成果が出るものではなく、長期間にわたる計画的な取り組みが必要です。

目標から逆算して計画を立て、継続して取り組む力は、企業が求める重要な資質です。計画性と持続力は、プロジェクトの管理や複雑な課題の解決において非常に価値のあるスキルとなります。

したがって、学業を通じて培われたこのような能力は、企業にとって非常に魅力的な要素となるでしょう。

【ガクチカで学業をアピール】 ガクチカで学業について話す際のポイント

学生時代に真剣に取り組んだ勉強や学習活動は、就職活動での強力なアピールポイントになります。しかし、単に「勉強をした」と述べるだけでは、面接官に強い印象を与えることは難しいでしょう。

重要なのは、その学業が将来の職業にどのように役立つかを明確に伝えることです。

この章では、ガクチカで学業について話す際に重要なポイントをいくつか紹介し、自分の学習経験をいかに効果的にアピールできるかについて掘り下げていきます。

差別化を図る

就職活動において、学業に関するガクチカを紹介する際、単に「勉強をした」という事実だけでなく、その背景にある目標や具体的な取り組みを明確にすることが重要です。

たとえば、特定の資格取得を目指した理由やそのための独自の学習方法、または特定の分野での深い専門知識を身につけるための努力など、自分の行動を他の学生と差別化する要素を強調することで、より印象的な話になります。

これにより、単なる勉強好きではなく、目的意識を持って取り組む意欲的な学生であることをアピールできます。

チームでの取り組みを伝える

勉強は個人的な活動と捉えられがちですが、企業ではチームでの協力やコミュニケーション能力も重要視されます。

したがって、ゼミ活動やプロジェクトでのチームワーク、学習グループでの協力など、他の人と共に目標を達成した経験を紹介することが有効です。

たとえば、ゼミでの共同研究やグループ学習を通じて達成した成果や、困難を乗り越えた経験などを共有することで、単に知識を得るだけでなく、チームとして働く能力を持っていることをアピールできます。

具体的な行動を書く

自己アピールのポイントは、自分の努力や成果を事実として具体的に示すことです。

何か目標に向けた努力や達成したこと、それらを端的に伝えられるように準備しなければなりません。

たとえばプロジェクトのリーダーシップを取り、チームをまとめて成果を達成した経験などがあげられます。

自己成長のために取り組んだ課外活動や、あるいはボランティア活動などをあげることで自己アピールが強化できるのです。

また、経験から学んだことや成長した点も明確に述べ、自己成長の姿勢をアピールすると良いでしょう。

いずれにしても自分の行動や結果を振り返り、それを具体的に伝えることで自己理解や成長の方向性を見出すことができます。

これは将来の目標設定や、キャリアプランの構築にも役立つことでしょう。

具体的な数値やデータを用いる

もし研究やゼミ、TOEICなどのエピソードを用いる場合、可能であれば具体的な数値を用いることをおすすめします。

数値やデータなどは目に見えて成長具合がわかるため、ガクチカの説得力が増すためです。

研究などの場合は専門用語や専門的知識を必要としない形で作成しましょう。

客観的に伝える

自己アピールにおいて客観的な視点は不可欠であり、自分のスキルや経験を客観的に示すことで自己評価とは異なる信頼性を築きます。

ですから仮に学業をアピールするにしても、客観的な視点に基づいて自身の能力を示さなければなりません。

たとえば学業成績についても単なる数字ではなく、そこから自己管理能力、あるいは問題解決能力を伝えるのです。

成績が優秀であることは、厳しい環境下での能力を証明する一方、苦労した経験は挑戦に対する柔軟性や持続力を物語ります。

プロジェクトや研究での実績についても客観的なデータとともに、自らの目標や価値観、成長意欲を伝えることで自己アピールはより深みが増すでしょう。

過去の実績や経験を通じて得た能力やスキルを、より具体的な事例や数値で裏付けることも有効となるはずです。

企業が求めることと一致させる

就職活動において自分をアピールする際に重要なのは、企業が求める要素と自身のスキルや志向を一致させることです。

事前に企業の情報を十分にリサーチし、その企業が重視する価値観やスキルを把握しましょう。

たとえば企業はリーダーシップ能力やチームワーク能力を重視し、組織内での協力や連携が求められることもあるでしょう。

あるいは新しいアイデアやアプローチを提案し、変化に対応できる柔軟性が重視されることがあるかもしれません。

業界によって異なる特性を知ったうえで、企業に自分のスキルや経験がマッチしていることを中心にアピールするのです。

ただ単に自分の強みを的確に伝えるというよりも企業とのマッチング性を強調することで、採用担当者からの評価が高まることでしょう。

【ガクチカ面接対策】面接で好印象を得るために対策をしよう!

選考の面接において、「ガクチカ」は頻出質問であり、

ここで好印象を得られるかどうかが通過率を動かすキーポイントと言えます。

ESのガクチカをただ読むのではなく、面接用にガクチカを作りましょう!

またこのツールでは深掘り質問への対策もできるため、

面接力を大きく向上させることができます。

ツールで作成した面接用のガクチカ

私が学生時代に力を入れたのは飲食店でのアルバイトです。
働く店舗は売上の伸び悩みを問題としていたという理由で自分にできる売上向上施策をするという目標を掲げ、取り組みました。
飲食店でのアルバイトに取り組む中で、中々売上が向上せず、プレシャーのみが積み重なってしまうという困難にぶつかりました。
それに対して、先輩や上司に積極的に相談をするという行動を取ることでアドバイスをもとに施策を考え、売上を1.5倍に伸ばすという結果につながりました。
この経験を通して周囲とコミュニケーションを取ることと積極的に動くことの大切さということを学び、貴社に入社後は経験で得たことを活かして活躍していきたいと考えています。

【ガクチカで学業をアピール】ガクチカで学業について話す際の注意点

ガクチカのエピソードによっては、企業に合っていないと思われてしまうことがあります。

自分の頑張ったことが企業にどのように伝わるのかを意識して、エピソードを選ぶことが重要です。

以下にご紹介する注意点をしっかりと確認して、間違ったガクチカにならないように気を付けましょう。

専門的すぎるエピソードにしない

大学生のガクチカを学業のエピソードにすると、内容が少なからず専門的になる時があります。

そうなった際に、専門用語をそのまま書くのではなく、誰にでも伝わるような表現に言い換えることが重要です。

専門用語を多用されると、企業に自分の頑張ったことが全く伝わらない可能性があります。

よって、専門性の高すぎる内容は避けるか、専門用語を言い換えることで、相手に伝わりやすいガクチカを意識しましょう。

嘘のエピソードを伝えない

ガクチカとして記載した内容は、面接の際に深堀されることが多々あります。

そのため、嘘のガクチカを伝えると辻褄が合わなくなったり、深堀されると答えられなくなる可能性があります。

そうすると、面接官はすぐに嘘をついたとわかるため、不採用となります。

そうならないためにも、ガクチカのエピソードは嘘をつかずに、真実を伝えましょう。

【ガクチカで学業をアピール】ガクチカの構成

ガクチカのテーマは特に問われません。

学業も問題なくアピールの素材にできるものの、必ず書くべき内容があります。

先述のとおり、学生時代の取り組みをたずねるのは、各応募者の資質や人となりを把握することが狙いです。

その狙いに合わせた内容になっていないと、たとえ主席になるほどに勉学に打ち込んでいても、選考の場での評価は今ひとつに終わります。

せっかくの経験を前向きに活かせるよう、以下にご紹介する内容はしっかりと確認し、これから作成するガクチカにできる限り加えてください。

勉強を頑張った動機

なんらかの活動を生んだ本人のモチベーションの源泉は、重要なポイントです。

何をどのように考えたり、感じたりしていて、どのような意欲へとつながったのかに注目されているのです。

学業をテーマとした際にも、学業に励もうと決意した理由やきっかけは、明確に書かないといけません。

同じように学業をテーマとしたガクチカでも、作成する学生によって内容は千差万別です。

大学で専攻した内容に興味がわいて学業にのめり込んだ人もいれば、純粋に学生の本分は学業だからといった理由で勉学にはげむ人もいます。

そこに人となりが現れ、ビジネスマンとしての将来性や社風との相性などを企業から判断されるのです。

学業にはげんだ動機があいまいでは企業も評価が難しく、採用を見送られやすいので、必ず明確にしてください。

目標に向けて取った行動

学業をテーマにガクチカを作成する際、目標の実現に向けて取った行動も重要な記載事項です。

何かに励むと目標はおのずと生まれるものであり、達成に向けてまい進するなかでさまざまな困難や挫折も経験するものです。

この困難や挫折に直面した際、なぜうまくいかないのか、どうすれば現状を打破できるのかを考え、行動に移す力は新卒採用時にも重点的に見られます。

日々の仕事のなかで困難や挫折は日常茶飯事であり、直面している課題をうまく乗り越える力はビジネスでも欠かせないからです。

優秀な人材を獲得できるよう、勉強の分野にて、現状分析力や改善のための企画力、実行に移す行動力などが確認できるかは、企業からよく注目されます。

それゆえに、当時掲げていた目標に向けて心がけていた行動についても明確に記してください。

行動した結果

学業をどのように取り組んだかを述べたあとは、次にどんな結果を得ることができたかを記載する必要があります。

結果がわからないと企業側は評価ができないため、あなたの努力がどのような結果をもたらしたのかまで詳しく伝えましょう。

学業で得たことを仕事でどう活かすか

ガクチカを伝えるときは、最終的にそこで得た学びや気づきを、仕事にどう活かすのか述べる必要があります。

学びがあった、気づいたというだけでは「ただの事実・感想」のため、結論として活かし方を伝えることが就活におけるアピールにつながります。

学業というガクチカでは、「目標に向けて計画的に行動することの大切さ」や「決めたことを最後までやり抜くことの大切さ」など、さまざまな学びがあるでしょう。

それらは社会人になってからも十分に活かせるため、ガクチカを伝える際は、具体的にどう活かしたいのかアピールすることが重要です。

ガクチカのエピソードが具体的でも、実際にその頑張りが仕事につながるかどうかはわからないものです。

働いている姿を採用担当者がイメージしやすいように、活かし方をアピールすれば、内定には近づく可能性があります。

【ガクチカで学業をアピール】学業のガクチカが思い付かない人が振り返るべきこと

学生時代に取り組んだことは、学業以外にも重要な経験があったはずです。

これまでにも取り上げたようにリーダーシップを発揮したクラブ活動やチームプロジェクト、ボランティア活動やアルバイト経験など誰でもひとつは思い浮かぶのではないでしょうか。

それらはコミュニケーション能力や協調性、問題解決能力など就職において必要なスキルを身につけるチャンスだったはずです。

その経験を振り返ることにより、自分がどのような役割を果たしどれだけの困難を乗り越えたかを考えてみましょう。

自分の強みが発揮された場面

就職活動で自己アピールする際には、自身の強みを示すことがなによりも重要です。

そのためには具体的なエピソードを取り上げること、相手がイメージしやすくなるようにすることが効果的です。

たとえばチームプロジェクトでリーダーシップを発揮し、メンバーの協力を得て期限までに成果物を完了した経験などをあげると良いでしょう。

他にもチーム内でのコミュニケーション能力を発揮し、意見の違いを調整して円滑な意思決定を促進した経験などもアピールできます。

個人またはチームの目標達成のために、効果的な計画と時間管理スキルを示した経験も業界によっては高く評価されるでしょう。

このように自分の強みがどのような状況でどのように活かされたかを具体的に説明することで、企業に自分の活躍イメージを伝えられます。

専攻を選んだ理由

就職活動では専攻を選んだ自分の理由、その目的意識を明確に伝えることも重要です。

専攻を選んだ自分の理由を振り返り、その背景にある情熱や興味を再確認しましょう。

たとえば専攻を通して新しい知識やスキルを習得して、自己成長を図りたいと考えたというのでも良いでしょう。

あるいはその分野での専門知識や専門技術を習得して社会に貢献したい、そんな志を持っていたのならそれも高い評価につながるに違いありません。

いずれにしても自分の選んだ道にどのような目的意識があり、それを追求するためにどのように努力してきたかを具体的に伝えることで、企業に自己をアピールすることができます。

自分の専攻や目的意識について深く考え、その情熱を伝えることで企業は熱意や成長意欲を評価しやすくなるはずです。

一番長く時間をかけたこと

長い期間にわたり継続して取り組んだことがあれば、それは多くの場合においてもっとも努力を尽くした経験と言えるのではないでしょうか。

大学の卒業論文や学位論文の執筆、大規模なプロジェクトやイベントの企画・運営などが思い当たるかもしれません。

あるいは特定の技術やスポーツの習得、ボランティア活動を通じて成長したことなどもあったでしょう。

一貫して取り組んできたことや挑戦した経験から得た知識やスキル、それによる成果や困難を乗り越えたことなど思い出してみましょう。

面接や履歴書でそれらの経験について詳細に語り、どのように挑戦し成長したのかを具体的に伝えることが重要です。

そこには自分らしい価値観や能力、そして目標への真摯な姿勢がきっと反映されることでしょう。

一番楽しかった授業

自己アピールの際には、自らが自主的に取り組んだ課題や活動を通じての経験を強調しなければなりません。

たとえば授業でもっとも楽しかった経験を深掘りし、そのなかでどのような課題に取り組み、どのような成果をあげたのかを具体的に語ることが効果的です。

実際に手を動かして学ぶことができる実習や実験がある授業では、自分の手で何かを作り出すこと、現象を観察することが楽しい経験になったのではないでしょうか。

あるいは興味深いトピックについて情熱的な議論を交わしたり、異なる視点から問題を考えたりすることも該当します。

その経験が熱意や能力を示す証拠となり、採用担当者に強い印象を与えるでしょう。

楽しい経験を通じて得た学びや成長についても率直に語ることで、自己の成長意欲や学びへの姿勢をアピールすることにつながるのです。

一番成績が良かった授業

自分の成績でアピールする際には単に数字や結果だけでなく、その背景にある自分の性格や強みをアピールしなければなりません。

たとえば自分が最高成績を収めた授業について話す際には、その成功に至った過程や取り組み方、そして自分の性格や強みとどう結びついているかを明確に伝えます。

成績を上げるためには計画的な学習が必要ですから、時間を管理して日ごとに学習計画を立てたことが成功の一因だったとも言えるでしょう。

自己管理能力など、採用担当者が求めるとされるスキルや特性を具体的な例とともに示すことが有効です。

自分の価値をより効果的に伝えること、自分の強みや成長の過程を率直に語ることで相手に信頼を与えるでしょう。

いずれにしても最終的には自分自身を正直に表現し、自信を持って話すことが大切です。

【ガクチカで学業をアピール】おすすめのテーマ

自己アピールのテーマとしては、自らの学びや成長プロセスを強調するのが効果的です。

たとえば挑戦と克服や自己啓発と目標達成などといったテーマは、自己成長への意欲や向上心をアピールするのに適しています。

また学びを活かした実践経験や学術知識を実務に活かす方法など、勉強したことを実践に結びつけるというものも良いでしょう。

そのうえで自身の強みや将来のビジョンについても明確に伝えることによって、企業に対する熱意と適合度を示すことにつながります。

授業

自己アピールにおいて授業での活動を強調するのは、素晴らしいアイデアのひとつです。

グループワークやプレゼンテーションでの積極的な取り組みは、協調性やコミュニケーション能力、リーダーシップなど多くの価値を示すものです。

たとえばグループプロジェクトでチームをまとめ、効果的なコミュニケーションと調整力を発揮したことは大きくアピールできます。

あるいはプレゼンテーションでは研究やアイデアを明確に伝えるために努力し、聴衆の興味を引く工夫をしたことなども良いでしょう。

リーダーとしてメンバー間の意見の調整に努めたというだけでなく、調査とデータの分析に重点を置いてプロジェクトに専門知識を提供したことも評価に値します。

これらの経験は能力や成長を示すものであり、貢献につながるものとして認めてもらえるでしょう。

語学

語学力の成長をアピールする際には、具体的な点数や評価だけでなく、その背後にあるストーリーを伝えましょう。

定期的な勉強時間をもうけてTOEICやIELTSのスコアが向上したというエピソードだけでなく、その成長の背景にはどのような取り組みや努力があったのかを示すことが大切です。

たとえば留学した経験や語学コースを修了したこと、専門的な指導を受けるために語学学校や大学の語学コースに参加したことなどです。

あるいは語学を話す機会を増やすため、言語交換パートナーを探したり、国際交流イベントに参加したりということでも良いでしょう。

自らの成長を支えた具体的な経験や取り組みをあげることで、語学力を客観的に証明して自己アピールにつなげることができます。

資格

学生時代に何か資格を取得しようとした経験があるなら、それもアピールできる材料のひとつです。

ただしここでも実績を強調するのではなく、挑戦しようと思った理由をはっきりさせなければなりません。

そのためにどれくらい勉強する期間をもうけたのか、学校に通いながらどのように時間を作ったのかなど工夫したことについても整理しておきましょう。

さらにその経験から得た成長、あるいは専門的な知識の他に学んだことを強調できるとさらに良いです。

挑戦の背景や目的、どうしても学びたかったことや困難にどう対処したかを具体的に説明できれば自身の意欲や決断力をアピールできるに違いありません。

経験から得たスキルや価値観の変化、自己成長や将来への意欲も示すことで評価がいっそう高まるでしょう。

研究

研究に取り組んだ動機や課題、行動をアピールするにも自らの情熱や目指していた目標を明確にしなければなりません。

なぜそのテーマに興味を持ったのか、その背景や経験を語ることで自分の熱意が伝わります。

取り組んだ課題がなぜ重要であるのか、その社会的な意義や影響について述べることで解決に貢献したいという姿勢を示せます。

研究から得た成果や学びを強調することにより、新たな発見や解決策に至った経験や気づきを具体的に示せて自分の能力や成長をアピールすることにもつながるでしょう。

さらに研究を通じて得た経験やスキルを将来のキャリアや目標にどのように活かしたいのか、それを述べることで自分の将来の展望や志向性を明確に示せます。

こうして自己意欲や目標達成への意志をアピールすることは、難関を突破するための近道となるでしょう。

成績

学校での成績はもちろん重要なものですが、優秀だったことを強調するよりも周囲との関わり方を伝えるのが有効です。

成績が良いことは素晴らしいですが、それを仕事で活かすためにはチームワークやリーダーシップの能力も必要になります。

たとえばグループプロジェクトでリーダーシップを発揮したこと、クラスメートに協力を求めたことなどで自分の関わり方を示せます。

また対人関係のスキルやコミュニケーション能力も、社会に出れば欠かせません。

積極的にディスカッションに参加したり、他の人の意見を尊重したりしたエピソードは自分のアピールポイントを高めることができます。

成績だけでなく、周囲との関わり方も大切にし、自分の魅力をより多くの人に伝えることを意識してみてください。

【ガクチカで学業をアピール】学業のガクチカは成績が良くないと使えない?

結論として、ガクチカで学業について話す際、成績が良い必要はありません。

もちろん、成績が良い方が良い印象を与えられる可能性は高いですが、授業への取り組み方に焦点を置き、どのようなことを学んだのか、何を工夫したのかについて述べることが非常に大切です。

もちろん、常に赤点を取り続けたなど、どう考えても実際は学業に力を入れていないと思えるような成績ならば、マイナスな印象を与える可能性があります。

しかし、よほどひどい成績でなければ、そこまで成績が良くなかったとしても、特に問題はありません。


成績もアピールしたい場合

では、学業成績が優秀でない場合もアピールできるということは、これまで良い成績を取るために取り組んできたことは無駄だったのでしょうか。

結論として、それは全く無駄ではありません。

成績が良かった場合は、ただ高い成績を取ることができたという事実を伝えるのではなく、「なぜ高い成績を取ろうと思ったのか」「そのモチベーションはどこにあったのか」という意識的な面と、「どのような工夫をしたのか」という「方法」をわかりやすく伝えることが重要です。

これにより、あなたが結果を出すためにどのように工夫ができる人物であるかについて伝えられるだけでなく、実際に高い成績を確保しているため、結果を出すことができる人物であると判断してもらえる可能性が高まります。

【ガクチカで学業をアピール】学業をエピソードにしたガクチカの例文15選

これまでご紹介した内容を押さえたら、いよいよガクチカを実際に作る段階へと入ります。

しかし、急にはうまく作成できないことも多いでしょう。

わかるのとできるのは別だとよく言われている通りで、ガクチカの作成には慣れやコツも必要です。

企業側の心をつかめるようなアピールをするためにも、例文をいくつか参照するとよいです。

勉強をテーマとしたさまざまな例を見ると、内容の選別や話の順序などのコツをよりよく押さえられ、自身の取り組みをうまくまとめられます。

以下に例文をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

勉強をエピソードにしたガクチカの例文15選
  • 例文①: 授業
  • 例文②: 単位獲得①
  • 例文③: 単位獲得②
  • 例文④: 学業とアルバイトとの両立
  • 例文⑤: 英語学習
  • 例文⑥: 留学①
  • 例文⑦: 留学②
  • 例文⑧: 資格取得①
  • 例文⑨: 資格取得②
  • 例文⑩: 研究
  • 例文⑪: ゼミ活動①
  • 例文⑫: ゼミ活動②
  • 例文⑬: 成績アップ①
  • 例文⑭: 成績アップ②
  • 例文⑮: 奨学金取得

ガクチカ×授業の例文

例文①: 授業

例文

私の学生時代に特に力を入れたのは、大学の授業での学びでした。

幅広い学問分野に積極的に取り組む中で、特に時間をかけたのは統計学の勉強です。

講義では、データ分析技術を実際の市場調査に応用し、理論を実務に活かす能力を身につけました。

たとえば、消費者行動の分析や市場トレンドの予測など、具体的なプロジェクトを通じて、統計モデルの構築と解析のスキルを磨きました。

さらに、私は哲学や歴史の選択科目も履修し、問題を多角的に考察する思考法を身につけました。

これらの科目では、思想史や文化的背景を学び、それらの知識を現代の問題解決に応用する独自の研究を行いました。

例えば、歴史的な出来事から現代社会の課題に対する洞察を深めることで、より幅広い視野を持てるようになったと感じています。

このような経験は、私にとって人生の貴重な資産でもあります。

これからも新しい知識を積極的に学び、自分のスキルを拡充し続けることができると確信しています。

例文②: 単位獲得①

例文

学生時代に私が特に力を入れたのは、幅広い単位獲得に向けた学習です。

理系学部の学生として、私は専門分野である生物学に限らず、哲学や文学など、様々な教養科目にも挑戦しました。

これら異なる分野の科目に取り組むことで、多角的な思考能力と広い知識の基盤を築くことを目指していました。

生物学に関する複雑な理論を理解するためだけでなく、哲学の抽象的な概念や文学作品の深い解釈に対応するため、私は自習時間を積極的に確保しました。

図書館は私の第二の家のような場所であり、毎日のようにそこで勉強に没頭していました。

このような努力の甲斐あって、学期ごとの試験では、専門外の分野であっても優れた成績を収めることができました。

この経験は、専門知識だけでなく、異分野に対する理解と柔軟な思考を養うことにも大いに役立ちました。

入社後も、幅広い興味と知識を活かして、新たな課題に取り組み、成果を生み出していきたいと考えています。

例文③: 単位獲得②

例文

学生時代に力を入れたことは、幅広い単位獲得に向けた学習です。

専攻は心理学でしたが、より幅広い知識を身につけるために、哲学、歴史、自然科学の講義も積極的に受講しました。

この多岐にわたる学問分野への取り組みは、多角的な知識構築を目指す私の熱意を反映しています。

私は時間管理と優先順位の設定に注力し、学業と課外活動のバランスを保ちつつ、各科目での理解を深めるために自主学習にも力を入れました。

この努力の結果、一度も単位を落とさずに全ての科目を修了できました。

社会人としても様々な課題に対して効果的にアプローチし、成功に繋げるスキルを磨いていきたいと考えています。

例文④: 学業とアルバイトの両立

例文

学生時代に力を入れたことは、学業とアルバイトの両立です。

経済学部の学生として優秀な成績を維持しながら、地元のカフェで週末と夜間にアルバイトをしていました。

厳格な時間管理と効率的な作業計画を実践することで、学業とアルバイトの両方で実績を上げることができました。

カフェでは、顧客満足度を向上させるための提案を実施し、実際に売上向上に貢献しました。

また、大学ではマクロ経済学とミクロ経済学に関する深い知識を論文で示し、学術面での成果も上げました。

この経験から、多様なタスクを同時に管理し、それぞれにおいて高い成果を出す能力を身につけました。

社会人としても、この能力を活かして様々な業務に取り組み、全てのタスクを丁寧にこなしていくことができます。

ガクチカ×語学の例文

例文⑤: 英語学習

例文

学生時代、私が力を入れたのは、国際的なビジネスシーンでも使える英語力の証明としてのTOEICスコアの向上でした。

TOEICスコアの向上は、私の学習への取り組みの熱意と目標達成への強い意欲を示しています。

日々の英語学習を欠かさず、特に実用的なビジネス英語の習得に力を入れました。

この努力の結果、TOEICスコアを400点から800点に大幅に引き上げることができました。

学習プロセスでは、英語のニュースを聞くリスニング練習や、実際のビジネスシーンで使える英文メールのライティングスキルを磨き上げました。

さらに、英語を使用するボランティア活動にも参加し、実際のコミュニケーションの場で英語を使う機会を積極的に増やしました。

このTOEICスコアで裏付けられた英語力を生かし、社会人になってからは国際的なキャリアを目指していきたいです。

例文⑥: 留学①

例文

学生時代に力を入れたことは、アメリカ留学です。

国際ビジネスと言語の習得に注力し、新しい文化と教育システムの中での学びを深めました。

留学中は、多様な文化背景を持つ学生たちとのディスカッションを通じて、グローバルな視点を広げることができました。

また、経済学者向けの専門クラスを受講し、現地企業訪問やインターンシップにも積極的に参加しました。

これらの経験から、国際ビジネスに必要な実践的なスキルと異文化コミュニケーション能力を身につけました。

留学を通じて、新たな語学能力と異文化への理解を深めることができ、これらの経験は社会人としても役立ちます。

自ら学び、新しい文化を知ることで、幅広い視点からの貢献を目指しています。

例文⑦: 留学②

例文

学生時代、私が特に力を入れたのはアメリカへの1年間の交換留学プログラムへの参加でした。

この経験を通じて、英語のコミュニケーションスキルを大幅に向上させることができました。

海外での生活は自主性と高い適応力を要求され、現地の文化や生活様式に迅速に適応する必要がありました。

また、現地の大学では特にマーケティング分野に焦点を当てて学び、異なる文化背景を持つチームメンバーとの共同作業を通じて、多様な価値観や考え方を学ぶことができました。

この留学経験から、異文化理解の重要性とグローバルな視野を持つことの重要性を深く理解しました。

社会人としても、異なる文化や価値観を尊重し、幅広い視野から価値を提供できるような人材になることを目指しています。

ガクチカ×資格の例文

例文⑧: 資格取得①

例文

私は大学の授業と並行して簿記の勉強をし、3級の資格を取得できました。

簿記を勉強しようと思ったのは、時間のある学生のうちに何かを成し遂げたい思いがあったこと、簿記は実用的で将来も役立ちやすいと聞いたことが理由です。

大学の授業では求められない内容ではあるものの、簿記の資格試験は在学中に必ず合格することを目標に、空き時間に市販のテキストを用いて勉強を始めました。

最初のうちは簿記の勉強を後回しにしてしまいがちで、これでは目標を達成できないと思い、月・水・金・日の週4日ペースで必ず勉強する習慣をつけました。

その結果、リズムができて自然に資格の勉強を続けられ、簿記3級を取得できたのです。

この経験から、何かを成し遂げるには習慣が大事であり、目標の達成につながる行動を日々積み重ねることが必要だと学びました。

例文⑨: 資格取得②

例文

私が学生時代に特に力を入れたのは、ITパスポート資格の取得に向けた学習です。

将来IT業界でキャリアを築くため、この資格を取得することを最初のステップとしました。

単に参考書を使って学ぶだけでなく、試験日程を明確に定め、必要な学習量を計算し、効率的なスケジュールを立てて学習を進めました。

また、苦手意識のある箇所を徹底的に克服するために、日々時間を決めて苦手な問題を繰り返し練習しました。

この徹底した準備と計画性が功を奏し、最終的には800点を超える高得点で資格を取得できました。

現在は次のステップとして、情報処理技術者試験の取得に向けて計画を立てています。

このような目標達成への取り組みは、入社後も継続し、貴社への貢献に活かしていきたいと考えています。

ガクチカ×研究の例文

例文⑩: 研究

例文

学生時代、私が特に力を入れたのは生物学研究室での活動です。

主な研究テーマは、特定の植物種の生育環境とその遺伝的多様性に関するものでした。

この研究で私は、フィールドワークを通じて植物サンプルを収集し、実験室で遺伝子解析を行いました。

特に、植物の生育に影響を与える環境要因を特定し、その遺伝的適応について深く探求しました。

この経験から培われたのは、正確な分析力です。

研究では、定量的なデータ収集とそのデータの質の高い分析が求められ、統計ソフトウェアを用いて複雑なデータ処理を行いました。

私の努力は実を結び、最終的には研究成果を学内で発表する機会を得ました。

この経験によって身につけた論理的思考と分析力を生かし、社会人になったら企業の問題解決に貢献したいです。

例文⑪: ゼミ活動①

例文

私が学生時代に特に力を入れたのは、国際関係学のゼミ活動です。

世界各国の政治経済動向を深く理解し、それらが国の政策や市民生活に与える影響について学ぶことに重点を置きました。

特に、発展途上国の貧困問題に関する研究において、現地でのフィールドワークを通じてデータを収集し、それらの情報を論文に反映させる作業に専念しました。

この過程で、ゼミメンバーとの積極的なコミュニケーションを通じて、多様な視点からのアプローチを学びました。

また、ゼミでのプレゼンテーションを通じて、分析力やチームワークの重要性を実感し、これらのスキルは今後の社会人生活での問題解決に役立てることができます。

例文⑫: ゼミ活動②

例文

学生時代に力を入れたことは、国際関係学のゼミ活動でした。

このゼミでは、世界各国の政治経済動向を深く理解することを目指し、特に国際政策と市民生活への影響に関して研究を深めました。

私の関心は主に発展途上国の貧困問題に向けられており、具体的にはアフリカや南アジアの国々を対象にしました。

これらの地域に実際に赴き、現地の人々の生活状況や政府の政策がどのように貧困問題に影響を与えているかを調査しました。

得られたデータと現地での経験は、私の論文の基盤となり、そこから国際協力の重要性についての深い知見を得ることができました。

また、ゼミでのプレゼンテーションでは、自らの研究成果を分かりやすく伝える中で、自分の考えをさらに磨くことができました。

この経験は、論理的思考やコミュニケーションスキルの向上にも大いに繋がったと感じています。

私はこれらのスキルを社会人としても活かし、チームでの問題解決やプロジェクト管理に取り組んでいくことを目指しています。

ガクチカ×成績の例文

例文⑬: 成績アップ①

例文

私は学生時代に学業へと打ち込み、高いGPAを獲得できました。

勉強を頑張ろうと思ったのは、高校時代に苦労して勉強して入った大学だからこそ、学べることはすべて学びつくそうと思ったからです。

また、入学式での挨拶で学長が「学生の本分は勉強である」と言われたのも、勉学に力を入れようとあらためて決意したきっかけです。

学生の成績はGPAで表されると知り、できるだけ高いスコアを取ろうと、各授業で基本的にA評価をもらうという目標を立てました。

そのために予習復習は欠かさなかったものの、ついていけない授業もたまにあったことから、わからないことは先生に直接質問することを心がけるようにしました。

それ以降、全ての授業においてA評価を取ることに成功しています。

この経験から、わからないことは1人で抱え込まず、素直に質問に行くことが大切だと身をもって知ったのです。

また質問に行った際、「それは自分で調べられることだ」と指摘されたことも何度かあり、下調べの大切さや方法もあわせて学びました。

例文⑭: 成績アップ②

例文

私が学生時代に特に力を入れたのは、GPAの向上を目指した勉強でした。

この努力は、学業成績の著しい改善という形で実を結びました。

大学入学当初は新しい環境と学習スタイルに適応するのに苦労しましたが、時間管理と学習方法の見直しにより、徐々に成績を向上できました。

図書館での自習時間を積極的に増やし、さらにゼミの教授との授業外での議論や意見交換を通じて、学問への深い理解と分析能力を磨きました。

特に、統計学や経済学の講義で学んだ理論を実際のケーススタディに適用し、実践的な理解を深めることができました。

このような自主的な学習姿勢と努力の結果、GPAを1.5ポイントも向上させることに成功しました。

この経験から、目標達成への自己鍛錬の重要性を学びました。自己学習は社会人になっても継続し、お客様に対する貢献に生かしていくことを目指しています。

例文⑮: 奨学金取得

例文

私は大学の勉強に打ち込み、その結果、予定していた奨学金をすべて給付していただけました。

奨学金がないと経済的に苦しい状況だったので、家計を助けるためにも4年間しっかり奨学金を獲得しようと決意したのです。

そのために取り組んだのは、勉強会への参加です。

私が専攻した学科は学ぶことが多いため、同学年の学生同士で勉強会を開くのが伝統であり、先輩もたまに顔を出してくれます。

授業についていくためにもこの勉強会にはできるだけ参加し、先輩へ積極的に質問もしました。

そのおかげで授業にもしっかりとついていけ、目標だった奨学金も今まで予定通りにもらえています。

1人で勉強していたら、おそらく授業についていけなくなっており、奨学金を打ち切られていたのではと思っています。

以上の経験から、私は仲間と協力し合うことの大切さを学びました。

【ガクチカで学業をアピール】完成度を高めるために

就職活動で自己アピールを際立たせるためには、まず自己分析をおこなって自分の強みや価値を明確に把握しなければなりません。

そのうえで効果的なコミュニケーション能力やチームワークを示す経験を積むことも忘れてはなりません。

また自己成長の証として、継続的な学びとスキルの磨きを怠らないことももちろん大切なポイントです。

その他自信と熱意を持って志望企業にアプローチするにはどうすれば良いか、ガクチカの完成度を高める方法を具体的に見ていきましょう。

また面接に向けて対策を進めることも大切です。

面接力を強化したい就活生は以下のツールを利用してみましょう!

声に出して読んでみる

自己アピール文の完成度を高めるためには、声に出して読んでみることをおすすめします。

自分の言葉がどのように聞こえるかを確認することで、表現の明確さや魅力を向上させることができます。

表現が自然かどうかを確認できるだけではなく、自然な言葉遣いは面接やプレゼンテーションでの印象を良くするために欠かせないものです。

さらに声に出して読むことでリズムやイントネーションを調整することができ、適切なリズムや強弱の使い方は相手に伝わりやすく興味を引くものに仕上がります。

自分の言葉を実際に口に出すことでアイデアや表現を整理できるだけでなく、徐々に自信が深まっていくに違いありません。

そのため、声に出して読むことは自己アピール文を完成させるうえで非常に有効です。

他の人に添削してもらう

就職活動中の学生が自己アピール文を完成させるには、他の人に添削してもらうことも有効な手段です。

他者の視点からのフィードバックは、自己分析や強みの明確化に役立ちます。

自分では気づけなかった強みや、さらに改善すべき点の発見にもつながるかもしれません。

またアピール文は他者に自分を紹介する手段であり、読者の視点での理解を促す必要があります。

他者のフィードバックを受けることで、自分の表現がどのように受け取られるかを理解でき、効果的なコミュニケーションが可能になる点もメリットです。

いずれにしても信頼できる先輩やキャリアアドバイザーに相談すれば、適切なアドバイスを受けることができより魅力的で明確な自己アピール文を完成させることができるでしょう。

ジョブコミットに相談する

当然ながら、家族や友人は就活のプロフェッショナルではありません。

そのため、添削してもらった結果、逆に完成度が下がってしまう可能性もあります。

また、すぐに添削を依頼できる相手が身近に見つからず、十分な対策ができない方もいるのではないでしょうか。

そんなリスクを避けたい方におすすめなのが、就活エージェントの利用です。

ジョブコミットの就活エージェントを利用すれば、就活のプロから無料で添削が受けられます。

ぜひジョブコミットの就活エージェントを利用してみてください。

まとめ

ご紹介したように、ガクチカは特定の取り組みや経験は期待されておらず、そこからわかる資質や人となりに注目されているので、テーマに制限はありません。

学業は学生の本分であり、ガクチカにも使える好材料なので、これまで一番打ち込んだことが学業であるなら、学業をテーマに選ぶとよいです。

その際には、企業が重点的に見ている「動機」や「目標に向けての行動」などに力を入れつつ、構成にも注意してください。

例文も参考にしながら作成すると、勉強をテーマにしたすぐれたガクチカを作れます。

最後に、他のガクチカ例文や作り方を知りたい方は以下の記事をご覧ください。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます