【例文5選】ガクチカで資格取得の経験は使えるの?アピールする方法や評価される伝え方を紹介!

【例文5選】ガクチカで資格取得の経験は使えるの?アピールする方法や評価される伝え方を紹介!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録
柴田貴司
監修者

明治大学院卒業後、就活メディア運営|自社メディア「就活市場」「Digmedia」「ベンチャー就活ナビ」などの運営を軸に、年間10万人の就活生の内定獲得をサポート

この記事を読んでわかること

・ガクチカで資格取得の経験は使えるか
・ガクチカで資格取得の経験を使うメリット
・資格取得でガクチカを書く際のポイント
・ガクチカの例文

この記事をおすすめしたい人

・資格取得でガクチカを書きたい人
・資格でガクチカを書いていいのか分からない人
・書き方や手順を知りたい人
・例文を知って参考にしたい人

学生時代に資格勉強を頑張ったため、それをガクチカにしたい人もいるでしょう。

しかし、同じように資格を取得している人は多いため、ガクチカとして活用するにはほかの人と差別化しなくてはいけません。

このためには、企業がガクチカを聞く意図を理解し、書き方や構成を工夫する必要があるでしょう。

本記事では、ガクチカで資格取得の経験をアピールする際のポイントを紹介します。

また、代表的な資格をガクチカでアピールする際の例文も掲載しているので、ぜひ参考にしてください。

目次目次を全て表示する

【資格取得の経験をガクチカにする】ガクチカで資格取得の経験は使える!

そもそも、資格取得の経験はガクチカになるのか気になる人もいるかもしれませんが、問題なく使えるので不安に感じることはありません。

資格は客観的に見ても明確な成果であり、採用担当者も学生が頑張っていたことを簡単にイメージできるからです。

まず、資格を取得したいと考える時点で何らかのきっかけや理由、動機があるでしょう。

それらをもとに、自分の価値観や考え方を深掘りして伝えられます。

また、資格を取得するためには相応の勉強時間を確保しなくてはいけません。

その過程を話すことで、計画性があって長時間努力を続けられる人材であることをアピールできるでしょう。

MOSや簿記など、比較的知名度があるものであれば、多くの企業でその取得経験をガクチカにすることが可能です。

【資格取得の経験をガクチカにする】ガクチカが聞かれる意図

次に、面接やESなどの選考で、企業がガクチカを聞く意図について確認しておきましょう。

選考の際、企業が学生に質問する事柄には、すべてに何らかの目的や意図があります。

ガクチカを聞く主な目的は、まず「企業との相性を見るため」「活躍している人材であるかを見るため」です。

また、「モチベーションの源泉を知る」「目標達成の過程を知る」の2つも挙げられます。

これらの意図を汲み取ってガクチカを作成することで、企業に自分の魅力を効果的にアピールできるでしょう。

ガクチカが聞かれる意図

・企業との相性を見るため
・活躍してくれそうな人材であるかを見るため
・モチベーションの源泉を知るため
・目標達成の過程を知るため

企業との相性を見るため

企業がガクチカを聞く理由として、まずは「企業との相性を見るため」が挙げられます。

企業との相性が良くないと離職率が高くなってしまい、人材が定着しないからです。

採用活動には膨大なコストがかかっており、すぐに退職されると採用にかけたお金や時間が無駄になってしまいます。

このため、企業は学生が優秀かどうかと同じくらい、自社との相性を重要視しています。

企業とのマッチ度が高いと評価されるには、企業がどんな人材を求めているのか事前に調べておく必要があるでしょう。

「OBやOGに実際にどんな人が評価されやすいか話を聞く」「インターネットで調べる」などの方法があるのでぜひ実行に移しましょう。

このとき、どんな資格が評価されやすいかも調べておくようにしてください。

得られた情報は、新たな資格を取得するときに役立ちます。

活躍してくれる人材であるかを見るため

入社後に活躍してくれる人材であるかを見るためというのも、企業がガクチカを聞く意図のひとつでしょう。

採用した人材が利益を上げてくれないと、企業の経営状況が悪くなってしまうからです。

企業は商品を買ってくれる顧客、投資してくれる株主、そして社会のために成長し続けないといけません。

新卒採用で重視されるのは、入社後に成長できる人材であることです。

特に近年は社会や経済の変化が激しく複雑になり、今まで以上に臨機応変な対応が求められています。

社会の流行やトレンドを捉えて先行きを予測して動き、会社に利益をもたらす必要があるでしょう。

このためには挑戦する気持ちや諦めない気持ち、常に向上心を忘れない姿勢が大切になってきます。

モチベーションの源泉を知るため

応募者のモチベーションの源泉を把握するためにガクチカが用いられることもあります。

仕事は基本的に週に5日ほど行うことになるため、モチベーションの源泉がないと続かなくなってしまうからです。

「その仕事や業界が好き」などのモチベーションの源泉がないと、主体的に取り組めないことがあるでしょう。

また当たり前の話ですが、楽しくできる仕事に就いた方が、人生全体の幸福度は高くなります。

企業に採用してもらえるよう、自分のモチベーションの源泉が何なのかをきちんと示しましょう。

目標達成の過程を見るため

学生のガクチカから「目標達成の過程を見る」という企業も多くあります。

目標達成の過程を知ることで、その人自身の考え方や、学生時代の経験値がわかるからです。

学生時代に経験したことや身につけたスキルが、そのまま仕事で活かせるケースはそれほど多くありません。

しかし、ガクチカにおいて目標達成の過程がわかると、その人が活躍するイメージが明確になります。

このため、資格を取得したという結果だけでなく、目標達成のためにどんなことに取り組んだのかにも触れましょう。

【資格取得の経験をガクチカにする】ガクチカで資格取得の経験を使うメリット4選

【例文5選】ガクチカで資格取得の経験は使えるの?アピールする方法や評価される伝え方を紹介!2

資格取得の経験をガクチカに上手く活用することで、面接官に自分の強みや能力、そしてポテンシャルを効果的にアピールすることができます。

ここからは、ガクチカで資格取得の経験を使うメリット4選を紹介します。

ガクチカで資格の経験を使うメリット4選

1. 目標達成の過程を伝えることができる
2. 継続力をアピールできる
3. スキルのアピールになる
4. 業界の理解をアピールできる

目標達成の過程を伝えることができる

ガクチカを聞かれる意図でも説明したように資格を取得した経験をアピールすることで目標を達成した過程、仕事をする上で必要な能力をアピールすることができます。

あなたがどのように具体的な計画を立ててそれに取り組み、途中で出くわした困難を克服しながら最終的に目標を達成したかを細かく説明できるからです。

資格取得のエピソードは、困難があっても諦めずに目標を追い求める強い意志を見せる絶好のチャンスです。

目標に向かってどれだけ効率的に、かつ効果的に取り組むことができるかを資格取得の経験からアピールしましょう。

継続力をアピールできる

資格を取るためには、長い期間集中して努力することが求められます。

資格を取得するための勉強の過程は、あなたが目標達成に向けて、計画的で一貫した取り組みをいかにできるかを示す良い例です。

資格取得の経験をガクチカにすることで、自分がどのように目標に向かって継続的に努力できるかをアピールできます。

継続力があることは、新しいプロジェクトを始めるときや、難しい課題に直面したときに、長期的な視野で取り組む能力があることをアピールする意味もあります。

スキルのアピールになる

ガクチカで資格取得の経験を使うことで、スキルのアピールにもなります。

通常、新卒採用ではポテンシャルを見られるケースが多いのですが、これは前提として新卒の学生にはまだスキルがなくて当然とされているからです。

つまり、スキルがあれば他の学生と一気に差別化できるということでもあります。

たとえば、会計やコンピュータープログラミングの資格は、その分野における即戦力であることを示すものです。

ガクチカで資格取得の経験を使えば、あなたが入社後に即戦力で働ける可能性のある人材だと企業にアピールできるでしょう。

業界の理解をアピールできる

志望業界で有利な資格を取得した際は、ガクチカを資格取得のエピソードにすると効果的です。

例えば不動産の営業を志望している人が宅建を取得した際は、業務内容に理解があると判断されます。

また志望度も資格を取得していることで高いと判断されることもあるため資格をガクチカにすることは有利と言えます。

【資格取得の経験をガクチカにする】資格取得をガクチカにするときのポイント

次に、資格取得をガクチカにするときのポイントを解説します。

ポイントは「努力の過程を述べる」「取得の目的や動機を明確にする」「考えを言語化する」の3つです。

いくら高難易度の資格を持ち、貴重な経験をしていたとしても、要点を押さえてガクチカを作らないとあなたの魅力は伝わりません。

以下で紹介するポイントを押さえると、企業が知りたい情報をすべて盛り込めるため、評価されるガクチカになります。

書き終わった後、すべての項目が盛り込めているか確認しましょう。

資格取得をガクチカにするときのポイント

1. 努力の過程を述べる
2. 資格取得の目的や動機を明確にする
3. 考えを言語化する

努力の過程を述べる

資格取得をガクチカにするときの1つ目のポイントとして、「努力の過程を述べる」ことが挙げられます。

先ほども解説したとおり、企業はガクチカを通して目標達成の過程を知りたいのです。

資格取得をした人は、その資格にどんな価値があるのか、どう役立つのかをアピールすることに重きをおいてしまいがちです。

しかし、これでは資格取得までの過程や、どのように努力してきたのかを伝えられません。

このため、具体的にどんなスケジュールを立て、それを達成するためにどのように取り組んだのかを話しましょう。

また、途中で問題が発生した場合には、それをどのように乗り越えたのかについて述べるのも効果的です。

取得した資格がそのまま業務で役立つとは限らないため、なぜガクチカを聞くのかを理解してから作成する必要があります。

資格取得の目的や動機を明確にする

資格取得をガクチカにするときの2つ目のポイントとして、資格取得の目的や動機を明確にしましょう。

資格は能力やスキルを示すのに便利なものですが、それは資格を取得することが目標ではなく手段だからです。

このため、何がきっかけで、どんな目的で資格を取得したのかを明確にしないと「目的意識がない」と思われてしまうでしょう。

何かしらの意図を持って学生生活を過ごした方は、知識よりも大事な「目的意識」があると判断されやすいです。

このときは、いかに自分に向き合って、突き詰めて考えられているか、「思考の深さ」を見られることがあります。

ESに書いていない内容を面接で深掘りされても困らないよう、事前に準備しておきましょう。

なお、資格取得によって得られる知識的なアドバンテージは、長い社会人生活においてはすぐに埋まってしまうため、入社後の自己研鑽も重要です。

考えを言語化する

3つ目のポイントとして、「考えをきちんと言語化すること」が挙げられます。

物事を掘り下げてロジカルに考えられるかどうかは、物事の判断のすべてに影響するからです。

たとえば営業職なら、何気ない会話のやり取りから顧客のニーズを推測し、個別のニーズに合わせた提案をするのに活かせるでしょう。

このように考えを掘り下げて言語化できることは、多くの業種において必要な能力と言えます。

そのため、企業は応募者がどれくらい深く物事を考えているのかを知ろうと、学生の性格や考え方が浮き彫りになるガクチカをよくチェックしているのです。

ガクチカを書く際には、物事に取り組んだ結果やその過程においてどのようなことを感じたのか、採用担当者がわかるよう、工夫して書くことをおすすめします。

【資格取得の経験をガクチカにする】ガクチカで資格取得の経験を伝える際の注意点

資格取得の経験は、ガクチカのテーマに相応しい素晴らしい経験です。

しかし、その経験をどのように伝えるかは、書類選考や面接の合否に大きく影響します。

ここからは、資格取得の経験をガクチカにする際の重要な注意点を詳しく説明します。

資格の数をアピールしない

ガクチカで資格取得の経験を伝える際、多くの資格を持っていること自体を強調するのはやめましょう。

資格の数よりも、一つ一つの資格をどのようにして取得したか、その過程でどんな困難を乗り越え、どのような成長を遂げたかを詳細に語ることが重要だからです。

ガクチカで大切なのは、あなたの努力や成長の過程をより具体的に伝えることです。

特に取得に努力や苦労が必要だった資格を選んで、その資格取得の過程に焦点を当ててガクチカを作成しましょう。

資格を取得する過程をガクチカにする

単に資格をアピールするのではなく、その資格を取得するための過程に焦点を当ててガクチカを作りましょう。

資格取得の過程で得た経験や学びは、あなたの能力や個性をより深く理解してもらう手助けとなります。

まずは、資格取得に向けた勉強方法、時間管理、困難への対応方法など、具体的な経験や行動を書き出してみましょう。

資格そのものよりもあなたの成長過程や対応能力をアピールできるガクチカが、企業に刺さるガクチカになるでしょう。

【資格取得の経験をガクチカにする】ガクチカの構成方法

ガクチカの構成

次に、資格取得でガクチカを作成する際のおすすめ構成方法を紹介します。

せっかく良い内容のガクチカが書けていても、構成がきちんとしていないと伝わらなくなってしまうからです。

採用担当者は、選考期間には何百枚ものESに目を通し、そこから選定しなくてはいけません。

このため、読み手の印象に残りやすく、あなたの魅力が伝わるような構成にする必要があります。

特に資格取得をガクチカにする場合、ほかの就活生と差別化できていなくてはいけません。

おすすめは、結論→目標や課題→動機→取り組み・結果→学びの順で書くことです。

以下の項目で大事なポイントを解説するので、構成を考える際の参考にしてみてください。

結論

まず、学生時代に何に注力したのか結論を述べましょう。

「私が学生時代に力を入れたのは資格取得です。

具体的には○○の資格を取得しました」のように書きます。

結論から提示することで、読み手にとっても話題がわかりやすくなります。

目標や課題

次に、なぜ行動するに至ったか、自分の気持ちなどを動機として入れましょう。

具体的には「取得しようと考えたきっかけは、~~と感じたためです。」といった具合です。

行動の理由を明確にしておくことで、主張に説得力が生まれます。

動機

次に、具体的なエピソードとして、どんな目標を設定し、行動したのかを述べましょう。

「資格を取得するために○○という目標を決め、△△を行いました」のように書きます。 課題に対して、何をしたのかを明確にしないと内容があやふやになるので注意しましょう。

取り組み・結果

行動を起こした結果、どのようになったのかを述べましょう。

「授業の合間を縫って勉強し続けた結果、○○の資格を○ヶ月で取得できました」といった具合です。

このとき、たとえ難易度が低い資格であっても特に気にする必要はありません。

学び

ガクチカにおいては、頑張った経験からどのようなことを感じたのか、どのようなことを学んだのかも伝えましょう。

ただ結果を得ただけでなく、そこから次に活かせるものがあるかどうかが重要です。

この点をしっかり述べられると、成長意欲があることを担当者にアピールできます。

どのように活かしていくか

最後に、ガクチカから得られた経験を会社でどのように活かしていくかを述べましょう。

まだ実際に業務を体験しているわけではないので、簡潔なもので構いません。

企業は、あなたがこれから活躍してくれる人材かどうかを評価しています。

【資格取得の経験をガクチカにする】資格勉強のガクチカ例文

ここでは、資格取得の過程で得た経験をどのようにガクチカとして効果的に伝えるか、具体的な例文を通じてご紹介します。

ガクチカにおいて、どのように自分の資格取得の経験を価値あるものとして伝えるかのヒントになるでしょう。

資格(TOEIC)の例文

学生時代に力を入れたことは、海外留学のためのTOEICの勉強です。私の大学には留学制度がありましたが、レベルの高い大学に行くにはTOEICでの高得点が必要でした。ここで大きな障壁となったのは、普段の大学の勉強を行いながら、同時に試験対策も行わなくてはいけなかったことです。そこで私は1日に勉強をする時間を決め、事前に決めた学習量をこなせるよう、「決めたページ数の勉強は必ず行う」という目標を設定し実行しました。結果として850点を獲得し、希望通りの大学に留学でき、また留学先でもスムーズに会話することができました。私がこの経験から学んだことは、事前に計画を立てて物事を進めることの重要さです。貴社に入社してからも、物事の段取りを考えて効率的に業務を進めていきたいと考えています。

TOEICをガクチカにするには何点必要?

TOEICスコアは内定獲得の絶対条件ではありません。

とはいえ、新入社員に期待される平均点数が425点から645点の範囲にあることを考慮すると、これを上回るスコアを持っていることが望ましいでしょう。

ただし、点数だけでなく、そのスコアをどのようにして達成したか、TOEICの勉強を通じてどのようなスキルや知見を得たかを語ることが重要です。

高いスコアがあることは良いことですが、そのスコアを獲得する過程で得た経験や学びが、ガクチカとしてより価値のある内容になります。

FP(ファイナンシャルプランナー)の例文

私が学生時代に力を入れたのは、ファイナンシャルプランナー2級取得へ向けた勉強です。きっかけは大学2年生のときに受講した会計学の授業をおもしろく感じ、もっとこの分野に詳しくなりたいと思ったためです。しかし、私はもともと会計の知識がまったくなかったので、最初は理解するのに苦労しました。そこで大学内にある会計学のゼミに顔を出し、先輩に質問して疑問点を解消するほか、仲間と教え合いながら勉強を進めることにしたのです。結果として、半年間でファイナンシャルプランナー3級、その後さらに半年で2級を取得できました。私はこの経験を通じて、目標達成のために人を巻き込み、協力することの大切さを学びました。貴社に入社してからも、社内の人と協力しながら大きな仕事を成し遂げたいと考えています。

MOSの例文

学生時代に力を入れたことは、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格取得です。取得を考えたきっかけは、大学で課題・レポートを提出する機会が多く、書類作成のスキルを身につけたかったためです。最初は十分な対策をしておらず、1回目の試験では合格点に届かず不合格になってしまいました。しかし、課題作成の際に学んだことを実践したことで、知識の定着が早まり2回目の試験で晴れて合格することができたのです。また、レポートのクオリティも上がったことで、授業でも高い評価を受けることができました。私はこの経験から、インプットだけでなくアウトプットすることの重要性を学びました。貴社に入社してからも学んだことはすぐに実践に移し、成長していきたいと考えています。

情報処理技術者試験の例文

学生時代に特に力を入れたのは、情報処理技術者試験の資格取得でした。この資格を取得しようと思ったのは、ITの知識とスキルが今後のキャリアにおいて重要であると感じたからです。初めて試験に挑戦した時は、十分な準備ができておらず、残念ながら不合格となってしまいました。しかし、その失敗を糧に、より計画的に勉強を進め、実際のプロジェクトに応用することで、理解を深めることができました。結果として、2回目の試験では合格でき、実践的な知識も身につけることができました。この経験は、ただ学ぶだけでなく、学んだことを実際に適用することの大切さを教えてくれました。また、困難に直面しても諦めずに目標に向かって努力することの重要性を学びました。貴社に入社してからも、この経験を活かし、学んだことを積極的に業務に適用し、継続的に成長していきたいと考えています。

簿記検定の例文

私が学生時代に力を入れたことは、簿記検定の資格取得でした。簿記検定を受験した動機は、将来的に会計や財務の分野でのキャリアを目指していたためです。最初のうちは、理論を理解するのが難しく、実際に数字を扱う際に多くのミスを犯しました。このような困難に直面しながらも、私は諦めずに勉強を続けました。特に、実際の企業の財務状況を分析してみるなど、理論を実践に結びつける学習方法に切り替えたことで、徐々に理解を深めることができました。その結果、簿記の試験には合格し、より実践的なスキルを身につけることができました。この経験から、単に知識を覚えるだけでなく、実際の場面でどのように適用するかを理解することの重要性を学びました。また、挑戦に際して困難に直面しても、目標を達成するまでの粘り強さが重要であることを実感しました。貴社においても、この経験を活かし、簿記の知識を実務に応用して、さらに成長していきたいと考えています。

【資格取得の経験をガクチカにする】エージェントに相談する

「どうしてもうまくガクチカが書けない」など、就活に関して不安がある人は就活エージェントに相談してみましょう。

おすすめは、「就活相談に本気で向き合ってくれる会社第1位」に3年連続選ばれているジョブコミットです。

あなた専属のアドバイザーがつき、就活のサポートを全力で行うので、不安なく任せることができます。

また模擬面接についても、内定を獲得するまで何度でも実施してもらえるのも魅力です。

就活を進めることに不安を感じている人は、まずは個別相談会に参加してみましょう。

以下のサイトからアクセスできるので、ぜひ検討してみてください。

まとめ

本記事では、資格取得をガクチカでアピールする際のポイント、おすすめの構成を紹介しました。

資格は目に見える成果として誰にでもわかりやすいので、ガクチカのテーマとして非常に有効です。

しかし、ガクチカでは結果だけでなく、そこに至る過程や努力も大事です。

また、なぜ資格を取得しようと思った動機や、どう活かしていくのかも見られています。

読み手の印象に残りやすい文章構成を意識し、あなたの魅力が伝わるガクチカを作成しましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます