エントリーシートに箇条書きをするのは評価が下がる?注意点と例文の紹介

エントリーシートに箇条書きをするのは評価が下がる?注意点と例文の紹介

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録
柴田貴司
監修者

明治大学院卒業後、就活メディア運営|自社メディア「就活市場」「Digmedia」「ベンチャー就活ナビ」などの運営を軸に、年間10万人の就活生の内定獲得をサポート

この記事を読んでわかること

・エントリーシートで箇条書きをして良いのか
・エントリーシートで箇条書きする際の注意点
・エントリーシートで箇条書きをする際の例文

この記事をおすすめしたい人

・エントリーシートで箇条書きをしようとしている人
・エントリーシートで良い印象を与えたい人
・箇条書きをする際のメリットメリット、デメリット

あなたはエントリーシートを、うまく書ける自信がありますか?

これから初めて書いてみる人の中には、自信がないどころか不安な気持ちを抱いてしまっているかもしれません。

そんな時にぜひ覚えておいてほしいのが、箇条書きを使って書いてみる方法です。

本記事ではエントリーシートで箇条書きをする際に注意すべきところや、具体的な例文まで詳しく紹介していきましょう。

【エントリーシート 箇条書き】評価

まず結論からいうと、エントリーシートで箇条書きを活用するのは、まったく問題ありません。

そのため、自分の中で箇条書きをした方が良いと判断できるところがあれば、積極的に使っていきましょう。

むしろ箇条書きの方が好印象を与えられるケースも、実は珍しくありません。

そのため、評価が下がってしまうのではないかと心配する必要はないといえます。

【エントリーシート 箇条書き】メリット

エントリーシートに箇条書きをすることで、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

大きく分けると、2つのポイントに分けることができます。

それぞれ詳しく説明しますので、必ず押さえておいてください。

(1)伝えたい内容が見やすくなる

そもそも箇条書きとは、物事の要点を1つずつ区切ってまとめることを指します。

つまり、箇条書きされた文章は、誰が見ても視覚的に見やすくなるのが大きなメリットです。

普段から長々と文章を書くことに慣れていない場合や、難しいことを説明したい時などにも、箇条書きが役に立つ方法になるでしょう。

また、箇条書きをする際には、見た目をより重視することも大事です。

例えば、1つの項目につき、1行だけ使うようにしてみてください。

その際には、文章との間に空白行を入れるのも良いでしょう。

あくまでも見やすさを重視することが、箇条書きをする上で大切になります。

(2)伝えたい内容がわかりやすくなる

箇条書きをする上で、もう1つ大きなメリットがあります。

それは、自分が伝えたいことを明確にできるところです。

例えば色々と説明しなければいけない中で、もっとも伝えたい部分があるとしましょう。

普通に文章を書くだけではわかりにくくなってしまうことでも、箇条書きにするだけで簡単に伝わります。

そして何よりも、相手に勘違いさせることがないのがポイントです。

もし文章を組み立てるのが苦手な人は、一番伝えたい部分だけでも良いので箇条書きをしてみてください。

すると、まったく同じ内容の文章を書くよりも、すっきりとした文章にまとめることができるでしょう。

【エントリーシート 箇条書き】デメリット

エントリーシートに何かをアピールする際に、箇条書きはとても便利に使うことができます。

しかし、だからといって箇条書きを使いすぎるのは、残念ながらあまりよくありません。

なぜ箇条書きを使いすぎてしまうといけないのか?その具体的な理由を2つ紹介します。

これから箇条書きをしようと考えている人は、メリットだけではなくデメリットについてもきちんと理解しておきましょう。

(1)伝えたい内容が薄くなる可能性がある

箇条書きを活用すると、見た目もわかりやすくなりますし、何より難しいことでも伝わりやすくなるのが優秀なポイントです。

ただし、箇条書きの性質上、すべて簡潔に記載することになってしまうのを理解しなければいけません。

そのため、自分の経験や実績を伝える際に、どれだけ努力した背景があったとしても伝わりにくくなるでしょう。

また、箇条書きになってしまうことで、何を伝えるにしても説得力を持たせることが難しくなってしまいます。

だからこそ、何でもかんでも箇条書きにまとめるのはおすすめできません。

自分で箇条書きをするべきかどうかを、都度判断するようにしましょう。

(2)手を抜いていると思われる

箇条書きは読み手のことを考えた、とても良い方法だといえます。

しかし、箇条書きをしすぎることで、エントリーシート全体のボリュームが必然的に少なくなってしまいます。

そのため、エントリーシートを見る人にとっては「この人は手を抜いているな」と思ってしまう可能性も、十分にあるでしょう。

つまり、逆にマイナスイメージにつながるおそれが出てくるのです。

また、文章が少ないとなると、入社したい本気度も伝わりづらくなってしまうかもしれません。

もしこれからエントリーシートで箇条書きを活用する場合は、あくまでも部分的に使うだけにするのを意識してください。

そうすれば、むしろ評価が上がりやすいエントリーシートになるでしょう。

【エントリーシート 箇条書き】注意点

エントリーシートに箇条書きをしてみたいと思っても、実際に書いたことがないと間違った書き方をしてしまうかもしれません。

そこでまずは、箇条書きを書く際に必ず押さえておいてほしい注意点を3つまとめておきます。

これさえ理解していれば、あなたもエントリーシートで箇条書きを書くことになっても、失敗してしまうことがなくなるでしょう。

(1)要点数を伝える

まずエントリーシートで箇条書きを書く時に気をつけてほしいのが、いきなり箇条書きでスタートしないことです。

少しでも読み手に対してわかりやすく伝えることが目的なので、箇条書きに入る前に必ず要点がいくつあるのかを提示しておきましょう。

例えば「私が御社を選んだ理由は、主に3つあります。

」と前置きすることで、スムーズに読み進めてもらえるようになります。

ちなみに箇条書きにする際には、要点の頭に数字を添えるのがおすすめです。

もちろん「・(中黒)」を使っても良いですが、数字にしておいた方がより丁寧でわかりやすい箇条書きになるでしょう。

要点数は3つまで

そもそも箇条書きをするべき理由は、どんなことも相手にわかりやすく伝えるためです。

また、綺麗にまとめたい時にも箇条書きを使うことになります。

だからこそ、意識しておいてほしいのが、要点をできるだけ3つに絞るようにすること。

なぜなら、3つにすることでまとまりのある箇条書きに見せやすくなるからです。

例えば2つだけだと、箇条書きをするには少し情報量として少なく見えてしまいます。

逆に要点を4つ以上挙げてしまうと、箇条書きだったとしてもまとまりが悪く見えてしまうでしょう。

そうなると相手の印象にも残りづらいエントリーシートになってしまうため、どんなことを箇条書きにするとしても3つにまとめることを意識してみてください。

(2)箇条書きの文字数を少なくする

箇条書きにするだけで、どんな文章も読みやすくなるのは間違いありません。

しかし、その書き方によっては必ずしも読みやすい箇条書きになるとは限らないのがポイントです。

例えば1つの要点につき、何文字の文章にするのかで読みやすさが大きく変わってくるでしょう。

特に箇条書きの場合は簡潔にまとめることが大切ですので、1行の文章につき15~20文字程度にするのを意識してみてください。

すると、誰が見てもわかりやすい箇条書きになるはずです。

逆にそれ以上の長い文章にしてしまうと、箇条書きとしての意味がなくなってしまうため、注意しなければいけません。

(3)箇条書きのみにしない

エントリーシートで箇条書きを使う場合、必ず気をつけてほしいのが箇条書きのみにしないことです。

いくら便利だからといっても、箇条書きだけで構成されたエントリーシートは、どんな企業に対しても悪いイメージをもたれてしまうでしょう。

その理由は、そもそも伝えたいことをわかりやすく強調するために使うものだからです。

つまり、すべての内容を箇条書きにするのは、間違った使い方といっても過言ではありません。

また、箇条書きだらけになってしまうことで、手抜きのエントリーシートだと思われてしまうおそれも出てくるでしょう。

どのみち良い印象は持ってもらえなくなってしまうため、どこで箇条書きを使うべきなのかをきちんと考えなければいけません。

【エントリーシート 箇条書き】例文

では実際にエントリーシートで箇条書きを使う場合、どんな形で文章をまとめていけば良いのでしょうか?

まだ箇条書きのイメージが沸かない人のために、ここでは箇条書きの例文を6つ紹介します。

もし自分で考えて書くのが難しいと悩んでしまう人は、一度こちらを参考にしてみてください。

箇条書きを用いた例文①ガクチカ

私は学生時代、サッカー部のキャプテンを務めていました。
そのため、どうすればチームメンバーが一丸になって結果を出せるのかを、毎日のように考えて行動していました。
そこで私が実際にたどり着いた取り組みが、以下の3つです。
・大きな目標を細分化する
・些細なことでも褒める
・メンバーの意見を尊重する
まず何事も大きな目標を決めがちですが、それを細分化して1つの小さな目標にすることで、メンバーに成功体験をたくさん積ませやすくなりました。
また、どんな小さなことでも積極的に褒めて評価するようにしました。
これにより、メンバーのモチベーションを維持しやすくなったため、徐々に良い結果も出しやすくなったのがとても嬉しかったです。
そして、1人1人の意見を尊重することも常に意識しました。
とても大変なことですが、きちんとヒアリングすることで全員がストレスなくプレイを楽しめるようになりました。
おかげで全国大会でも良い結果を残せたので、本当に良かったです。

箇条書きを用いた例文②ガクチカ

私は子どもの頃から音楽が大好きで、色々な楽器に触れてきました。
そのため、大学時代では警音サークルに入って、毎日のように練習をしてきました。
特に私が力を入れていたのが、以下の3つの楽器です。
・エレキギター
・キーボード
・ベース
エレキギターは軽音サークルに入ってから、本格的に触るようになりました。
やはり軽音といえばエレキギターだろうと思い、すぐ練習し始めたのがこの楽器です。
最初は苦戦しましたが、文化祭では失敗せずに演奏できるようになっていたので、素人でも努力すれば結果は出せるんだなと思いました。
そしてキーボードに関しては、小さい頃から長く触っていたため、少し難しい演奏でもすんなりできるようになって嬉しかったです。
ベースは一見するとエレキギターと同じような楽器に見えますが、実は役割が全然違うので最初は慣れるまで苦労しました。
しかし音楽自体はずっと触れてきたものなので、気づけばベースを弾いている他のメンバーと大差なく弾けるようになりました。

箇条書きを用いた例文①自己PR

私はどんな商品やサービスも、人に興味を持たせて売ることができる自信があります。
なぜなら、以下の3つの強みを持っているからです。
・初対面の人とも抵抗なく話せる
・失敗にくじけないメンタルがある
・人との出会いや会話を記憶できる
まず私は、どんな人とも楽しくコミュニケーションを取ることができます。
常に相手の立場になって物事を考えられるので、友達作りに困ることはありませんでした。
また、どんな悪いことが降りかかっても、すぐにはくじけないタイプです。
過去のアルバイトでもお客さんに悪い態度をとられることがありましたが、動揺せず常に冷静に対応してきました。
そして、記憶力が良いところも自慢できるポイントです。
人の顔や名前はもちろん、些細な会話の内容までほとんど覚えてしまう傾向があります。

箇条書きを用いた例文②自己PR

私が持つ最大の強みは、何事においても責任感があるところです。
なぜなら、以下の3つの理由があるからです。
・何事も最後までやり切りたい
・場をまとめるのが好き
・人から感謝されるのが生きがい
まず私は、遊びや仕事に問わず最後までやり切りたい性格です。
そのため、どんなことでも中途半端にすることは一切ありません。
また、大勢の間に入ってまとめ役になるのも得意分野です。
今までも部活の部長を務めたり、アルバイト先ではバイトリーダーになったりした経験があります。
だからこそ、たとえそれまでのプロセスが辛くても、最後まで責任を持ってやり遂げようとします。

箇条書きを用いた例文①志望動機

私が貴社を志望する主な理由は、以下の3つです。
・サービスが好きで利用している
・これまでの経験を活かせる
・起業支援をしている
そのため、貴社のサービスのことは、その辺の人よりも詳しい自信があります。
だからこそ、自分もチームに深く関わり、より良いサービスに向上させたいと考えています。
また、私は昔から何かを描いたりデザインしたりすることが、すごく好きです。
このような経験は、貴社のサービスにもしっかり活かせるのではないかと思っています。
そしてもう1つ魅力的に感じているのが、起業支援をしているところです。
将来的には私も起業をして、ビジネスをさらに拡げていきたいと考えています。
もちろんその際には、貴社にもしっかり還元できればと思っていますので、何卒よろしくお願いいたします。

箇条書きを用いた例文②志望動機

私が貴社を志望する理由は、以下の3つです。
・成果主義であること
・年齢問わず活躍できる
・新しいことに挑戦できる
まず会社で仕事をする際に、もっとも重視しているのは成果に伴った報酬があることです。
その理由は、常に成長意欲を持って仕事に取り組みたいと思っているからです。
また、貴社の場合はいくつになっても活躍できそうなところにも魅力を感じました。
私はできる限り貴社で長く働いていきたいと考えているので、これから10年20年先もずっと成果を出していきたいと思っています。
そして、常に新しい挑戦をしているところも自分にとってはすごく刺激的で良いなと感じています。
毎日同じ仕事をするだけではなく、さまざまな仕事も経験していきたいので、採用していただいた暁には全力で頑張らせていただきたい所存です。

まとめ

今回はエントリーシートに箇条書きをすることで評価にどう影響するのか?注意すべきポイントと例文を紹介しました。

普段からあまり文章を書き慣れていないと、なかなかうまくまとめるのが難しいと感じてしまうでしょう。

そんな時は、箇条書きで乗り越えてみるのが非常におすすめです。

本記事で紹介した注意点を元に、ぜひ素敵なエントリーシートを作ってみてください。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます