エントリーシートの自由記入欄でESを差別化しよう!例文やポイントも解説!

エントリーシートの自由記入欄でESを差別化しよう!例文やポイントも解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

エントリーシートは、就職活動の行方を左右する非常に重要な応募書類です。

企業によっては、そのエントリーシートに、自由記入欄を設けている場合があります。

「自由」であるがゆえ、何を書けば良いのか悩む人も多いでしょう。

ここでは自由記入欄の攻略法を解説します。

柴田貴司
監修者

明治大学院卒業後、就活メディア運営|自社メディア「就活市場」「Digmedia」「ベンチャー就活ナビ」などの運営を軸に、年間10万人の就活生の内定獲得をサポート

この記事を読んでわかること  
  • エントリーシートの自由記入欄について
  • エントリーシートの自由記入欄に書くべきこと
  • エントリーシートの自由記入欄を書く際のポイント
この記事をおすすめしたい人  
  • エントリーシートを書きたい人 
  • 自由記入欄でアピールしたい人
  • 書き方のコツを知りたい人

【エントリーシートの自由記入欄】エントリーシートの自由記入欄とは

エントリーシートは、企業が選考に使うための資料として、さまざまな項目を設けて応募者に記入を求める書類です。

そのエントリーシートの最後に、自由記入欄を設けている企業もあります。

「自由」に記入して構わない項目であるため、自分自身をアピールするには格好の場所ですが、自由であるがゆえに何を書くべきか頭を悩ませてしまう人も多いでしょう。

一方、学生時代に何に力を入れてきたかを問う、いわゆる「ガクチカ」や、志望動機、自己PRなど、どの企業にも共通して設けられている一般的な項目については、答え方もある程度パターン化しているため対策はしやすいですが、他の応募者との差別化は難しくなっています。

つまり、魅力的なエントリーシートを作成するためには、自由記入欄をいかに攻略するかにかかっているといっても過言ではありません。

【エントリーシートの自由記入欄】エントリーシートの自由記入欄の出題パターン

自由記入欄には、文字どおり自由に記入できるスペースが設けられているだけの場合と、何かしらのテーマが与えられ、それに対して自由に記入する場合との2つのパターンがあります。

それぞれのパターンについて解説しましょう。

テーマに対して自由に答える

テーマを与えられるパターンでは、テーマといっても「自分を自由に表現してください」など、自己PR的なものを求められることも多く、この場合には自分自身をいかに魅力的に表現できるかに尽きます。

一方、新規事業のアイデアや提示された問題に対する意見など、正解のないテーマを与えられ、それについて自由な意見を求められることもあります。

この場合には、個性が出やすく、内容次第では、良くも悪くも企業側の評価を大きく左右する可能性があるため、企業理解を深めたうえで、企業の意図に沿った回答を心掛ける必要があるでしょう。

フリースペースに自由記入する

何も指定がなく、フリースペースが設けられており「自由に記入してください」と文言があるだけの場合もあります。

何を書いても良いので、個性や本音が出やすいのが特徴です。

自分自身をより効果的にアピールできそうな、自分が得意な方法で作成できれば良いのですが、ひとりよがりにならないよう注意しましょう。

社風や企業理念などを把握し、その企業でどのような内容が高く評価されそうであるかを研究しておく必要があるでしょう。

【エントリーシートの自由記入欄】自由記入欄で企業は何を評価している?

自由記入欄を攻略するには、企業がそれにより応募者の何を評価しようとしているのか、その意図を理解する必要があります。

以下に、自由記入欄から企業が見ているポイントを挙げましたので、これらが伝わるような自由記入欄に仕上げましょう。

熱意や志望度

自由記入欄は、何を書いても自由であるがゆえに、記入する題材を考えなければなりません。

志望度の高い企業の自由記入欄は、おのずと力が入り、その熱量は完成度に表れます。

それだけに、企業にとって自由記入欄は、他の項目より自社に対する熱意を感じられる項目と言えるでしょう。

他の応募者との比較もされやすいので、手を抜いた印象にならないように注意する必要があります。

何を書いたら良いか思い付かないという理由で、結果的に薄い内容になってしまわないように注意しましょう。

自社にマッチしているか

企業の選考は、自社にマッチした適切な人材を確保するために行われます。

自由記入欄は、そこから感じ取れる個性が、その企業の社風や企業風土にマッチしているかどうかが重要視されます。

就職活動では、どんなに優秀さをアピールしても、その企業で働くことがミスマッチであると判断されれば早期離職に繋がると判断されるため、採用に至ることはありません。

優秀であるにこしたことはありませんが、それ以前に、その企業にマッチして長く貢献できることをアピールすることが大切なのです。

【エントリーシートの自由記入欄】評価が高い自由記入欄の特徴  

では、どのように自由記入欄が作成できれば企業の高評価を得られるのでしょうか。

自由記入欄で企業から高く評価される自由記入欄には以下の特徴があります。

つまり、以下のポイントを満たした自由記入欄を作成することで、内定に一歩近づけるでしょう。

1.企業研究が行われている

企業側では、選考を通して自社とミスマッチのない学生を採用しようとしています。

そのため、学生が十分に自社を理解したうえで志望していることが感じられれば、安心して選考を通せるのです。

また、企業研究をしっかりと行うと、その企業の求めている人物像が把握できます。

自由記入欄を通して自分がその人物像に近いことをアピールできると高評価が得られます。

就職活動は、一連の選考を通して自分が志望企業の求める人物像であることをアピールする活動であると言えるでしょう。

2.わかりやすいように工夫がされている

自分では全力でアピールしたつもりでも、企業側に伝わらないのでは意味がありません。

反対に、わかりやすく読ませる工夫がされていると評価は高くなります。

表現力やプレゼンテーション力もアピールするつもりで、内容をわかりやすく伝えるための工夫をしてみましょう。

例えば、色付きのタイトルや見出しで視覚的に読みやすくする工夫や、数字のデータをグラフや図を用いて説明してみる、イラストや写真を入れるなど、自由記入欄ならではの表現方法を考えてみましょう。

【エントリーシートの自由記入欄】自由記入欄に書くおすすめのエピソード 

テーマも与えられず、全くのフリースペースの自由記入欄では、何を書くべきか思い付かない人も多いでしょう。

以下におすすめのエピソードを挙げてみましたので、参考にしてみてください。

いずれにせよ企業研究をしっかり行ったうえで、志望企業に合ったエピソードを選ぶことが重要です。

長所・短所

自由記入欄は、エントリーシートの中でも、とりわけ応募者の個性を見るために設けられます。

そのため長所や短所などをテーマとして書き、自分自身の人間性を表現するのに使うと良いでしょう。

その際は、企業研究をしっかり行い、企業の求める人物像を把握したうえで、企業とのマッチ度をアピールできるように作成するようにするとより効果的です。

長所・短所は、エントリーシートの他の項目で独立して記入欄が設けられている場合もありますが、小さな記入欄に簡潔に答えるようなエントリーシートであれば、書いた長所・短所を根拠付けるような具体的なエピソードを書いて、より自分自身を理解してもらえるように表現すると良いでしょう。

自分の長所や短所がわからないという場合は、以下のページを参考にしてみてください。

価値観や志望度

自分自身がどのような価値観を持つ人間であるかを説明し、その価値観に基づいた企業への熱意を表現することも、志望度の高さをアピールできるため有効です。

企業への熱意をアピールするだけでなく、その熱意の源泉となっている自分の価値観や考え方をわかりやすく企業へ伝えましょう。

自身の価値観や考え方が、その企業の企業理念とリンクしていることを強調してアピールできると効果的です。

また、入社後に、具体的に何に取り組みどのような活躍がしたいのか、自分が理想に掲げる将来の姿や、入社後の展望を書くことも長く貢献したい気持ちを伝えられるでしょう。

その際、描いたキャリアモデルがその企業で実現可能であるものであるかは、しっかりと調べておく必要があります。

自分のスキル

企業で活かせるスキルを持っている人にとっては、自由記入欄はそのスキルをアピールできる絶好のチャンスです。

発想力や企画力など、自分が長けていると思えるスキルは積極的にアピールすると良いでしょう。

入社後の業務に全く関係のないスキルではなく、少なからず企業に合った能力やスキルをアピールし、入社後の業務に再現性のあるものをアピールできると高い評価が期待できます。

例えば、広告業界などでは顧客が求めるものを形にするアイデアが求められ、営業職では高いプレゼンテーション力が求められます。

アピールする場合は、学生時代にそのスキルが評価された経験などを用いて、説得力を持った内容になるよう心掛けましょう。

入社後に即戦力となり得る資格や知識を習得している場合も、積極的にアピールしましょう。

他の解答欄の補足

エントリーシートには、ガクチカや自己PRなどをはじめ、応募者の人柄や個性を知るために求められている項目が多く設定されています。

しかし、それらの項目に字数制限が設けられていたり、記入欄が小さかったりという理由で、アピールしたいことを書き切れずに歯がゆい思いをすることもあるでしょう。

その場合には、書き切れなかった想いを存分に伝えるために自由記入欄を利用するのも良いでしょう。

もちろん、その面接に進めば書き切れなかった内容を語るチャンスもありますが、エントリーシートが選考に通らなければ、そのチャンスは巡って来ません。

後悔しないためにも「これはぜひ企業にアピールしたい」ことがあれば自由記入欄を使い補足して伝えましょう。

【エントリーシートの自由記入欄】例文5選

例文を見てイメージを確認してから書き始めたい人のために、以下に「長所」や「入社後の展望」などをテーマとした例文を挙げてみました。

あくまでも参考にとどめ、自分自身を最大限にアピールできる自由記入欄の作成に役立ててください。

長所

「言葉を超えたコミュニケーションで仲間をひとつに」

私は学生時代、英語サークルに所属していました。

自分も含め出身が英語圏ではないメンバーも多く、親交を深めることがなかなか難しいと感じていましたが、あるとき学園際で模擬店を出すことになり、自分がリーダーになってメンバーをまとめなくてはいけないことになったのです。

全員参加で学園際を成功させたいと思った私は、メンバーと打ち解けるためにそれぞれのメンバーの国の文化や歴史を学ぶことからはじめました。

わからないことを質問するうちに、自然と心の距離が近くなったように感じ、自分を中心にメンバーがひとつにまとまりはじめたのです。

学園際は全員で力を合わせて成功させられました。

貴社に入社後は、この経験を活かして多国籍チームで活躍したいと考えています。

入社後の展望

「5年後、10年後の私の理想像」

貴社のホームページを拝見すると、成長できる社風の中で、どの先輩も常に目標を掲げながら前進しておられるのがわかります。

その姿に感銘を受けたことが、貴社を志望するきっかけとなりました。

私自身の将来の展望として、5年後と10年後に目標を掲げています。

まず、5年後までに達成したいことは2つです。

1つは、ビジネスに支障のない英語力を身につけること。

もう1つは、それまでの自分の経験を活かしたアドバイスができる先輩になることです。

どのような困難や苦労も無駄にせず、後から入ってくる後輩へのアドバイスとして活かせる材料として捉えたいと考えます。

そして、10年後には海外拠点で多国籍のメンバーと協力しながら貴社のさらなる海外進出に貢献したいと考えています。

企画力

「アイデアを企画力で形にして仲間づくり」

私は、アイデアを形にすることが得意です。

学生時代には、自分と同じように語学力を伸ばしたいと考えている友達が多いことに気付き、語学力をお互いに高め合えるサークルを立ち上げました。

メンバーは、英語圏だけでなく、さまざまな母国語の留学生を誘い、できるだけ多国籍になるよう勤め、メンバー間のコミュニケーションは英語を使うことをルールとしました。

文化の違いからメンバー間で衝突することもありましたが、お互いの文化の理解を深めるためのイベントを企画し、実行するたびに打ち解けていくのを感じられ嬉しかったです。

学園際では、メンバーの母国の料理やお菓子を出すカフェを企画し、お客様にもさまざまな文化を知っていただけ大好評でした。

卒業後は、この企画力と実行力を活かし、国際的な事業に携わりたいと考えています。

ガクチカの補足

「ボランティア経験での気付きを商品開発に」

学生時代はボランティアサークルに所属していました。

その中で、障がいを持つ人のお手伝いをさせていただくことも度々ありましたが、その中でいつも気付かされるのは、さまざまな場面で障がいに対する配慮が足りないことです。

私自身、障がいを持っていることで何が困るのか、実際に直面してみてはじめて気付くことが多くありましたので、サークル活動では、その気付きを無駄にしないように活動してきました。

具体的には、その都度SNSで広く呼びかけを行ったり、パブリックコメントを通じて行政に提案したり、自らの気付きを社会と共有する活動をしました。

卒業後は、サークル活動でのさまざまな気付きを活かした商品開発で、障がいの有無に関わらず、できるだけ多くの人が便利になるよう配慮したユニバーサルデザインの商品を生み出したいです。

自己PRの補足

「分析力を活かしたメニュー開発で売り上げアップに貢献」

学生時代の飲食店のアルバイト先で、売り上げアップのためのメニュー開発のお手伝いをした経験があります。

得意の分析力を発揮し、お店の前を歩く人の性別や職業、近隣のお店の様子などを時間帯別に調査した結果、夜は会社帰りのサラリーマン、昼は近隣に住む主婦の方の需要があることに気が付きました。

ランチと夜のメニューを需要に合わせたものにし、また店の前が近くのジムへの通り道になっていることも考慮して健康を意識したメニューを提案した結果、売り上げが倍増し店長に喜んでもらえたのです。

この経験から分析力を活かした仕事がしたいと思い、マーケティングに興味を持つようになりました。

貴社に入社後もこの分析力を活かして活躍したいと思っております。

【エントリーシートの自由記入欄】最終確認のポイント

エントリーシートの自由記入欄を作成し終えたら、最終チェックを怠ってはいけません。

自由記入欄だけではなく、エントリーシート全体として魅力的に仕上がっていることが大切です。

とくに以下のポイントを中心に確認をしてみましょう。

1,伝えたいことが簡潔に伝えられているか

完成した自由記入欄を読んで、自分の伝えたいことが伝わる内容になっているかに注目して、改めて確認してみましょう。

自由記入欄は、自由に記入して良いとはいえ、他の項目と重複した話を書かないのが基本です。

他の項目に記入した内容と同じことが書かれていないかにも注意して確認してみましょう。

エントリーシート全体を通して読んでみた際に、伝えたい自分像がイメージできる内容になっているでしょうか。

伝わりにくい箇所があれば、わかりやすく伝わる工夫を施してみることも必要です。

2.話の軸がぶれていないか

自由記入欄に書いた内容が、エントリーシートの他の項目に記入した内容と一貫性がないものになってしまっていないか注意してみましょう。

自由記入欄に何を書くべきか悩んで苦戦して作成した場合は、全体の印象に構わず自由記入欄の作成だけに集中してしまうことが多く、話の軸がぶれてしまいがちなのでとくに注意が必要です。

エントリーシートは一通り全体を通して確認し、長所や短所、自己PRなどでイメージする人物像と自由記入欄からイメージできる人物像がチグハグな印象を与えないかチェックしましょう。

3.誤字脱字がないか

せっかく魅力的に仕上げたはずのエントリーシートも、誤字脱字があるだけで台無しになってしまうこともあるので注意が必要です。

どんなに素晴らしい自由記入欄に仕上げたとしても、誤字や脱字があることで途端に稚拙な印象になってしまいます。

また、誤字脱字があると、不注意な人物と思われ、志望する業種や業界によっては致命傷になる場合もあります。

適当に仕上げたような印象にもなり、熱意や志望度も疑問視されてしまうでしょう。

誤字脱字がないかは、厳重にチェックしておきたい部分です。

まとめ

自由記入欄は「自由」とはいえ空欄で提出するのはNGです。

何を書くべきか悩む人も多いですが、自分を存分にアピールできるチャンスと考えて積極的に活用したほうが良いです。

自由記入欄を攻略して、魅力的なエントリーシートに仕上げましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます