新卒の公務員の自己PRの作り方について解説!書き方のコツや例文もご紹介!

新卒の公務員の自己PRの作り方について解説!書き方のコツや例文もご紹介!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録
この記事を読んでわかること
  • 公務員の自己PRについて
  • 公務員試験と民間企業の自己PRの違い
  • 公務員の自己PRで得られる強み
この記事をおすすめしたい人
  • 公務員を目指している人
  • 公務員の自己PRを知りたい人
  • 公務員の自己PRの例文を知りたい人

公務員試験を控えている方にとって、自己PRは非常に重要になります。

公務員の職務は、地域社会や国家の運営に直接関わるため、採用担当者は応募者の人柄や性格、強みを重視します。

この記事では、公務員試験における自己PRの重要度と試験の配点比率、自己PRが重要視される理由について解説します。

目次目次を全て表示する

公務員の自己PRの重要度と試験の配点比率

公務員試験は、筆記試験と面接試験の二つの主要な部分に分かれます。

筆記試験は、応募者の基本的な知識や能力を測るためのものであり、面接試験は応募者の人柄や適性を評価するためのものです。

筆記試験が合格の第一関門である一方、面接試験は最終的な合否を決定する重要なステップです。

面接試験の配点比率は高く、多くの自治体や省庁では、面接試験が最終評価の50%以上を占めることが多いです。

そのため、自己PRの内容が合否に大きな影響を与えます。

公務員で自己PRが重要視される理由

公務員で自己PRが重要視される理由はどのようなものがあるのでしょうか?

下記の内容を理解して、自己PRが重要視される理由について理解しておきましょう。

人柄や性格を重視して採用する自治体が多いため

近年、多くの自治体では、人物重視の採用方針を採っています。

これは、公務員が市民との直接的なコミュニケーションや協力を必要とする仕事であり、人間性が職務に当たる上で大きな影響を与えるためです。

筆記試験で優れた成績を収めても、人柄や性格に問題があれば、実際の業務で支障をきたす可能性があります。

採用担当者は、面接試験を通じて応募者の人柄や性格、価値観を見極めようとします。

自己PRは、応募者が自分の強みや価値観を具体的なエピソードを通じて伝える場です。

ここでしっかりと自分の人柄をアピールできることが、採用につながる重要なポイントとなります。

公務員の働き方に合っているか確かめるため

公務員の職務は、多岐にわたり、地域や社会全体に奉仕するという使命があります。

このため、公務員として働く上での適性や価値観が重要視されます。

自己PRを通じて、応募者が公務員の働き方にどれだけ適しているかを確かめることができます。

公務員の職務は、しばしば困難な状況や高いプレッシャーの中で行われます。

そのため、責任感、忍耐力、コミュニケーション能力などの基本的な資質が求められます。

自己PRでは、これらの資質を具体的な経験を通じて示すことで、公務員としての適性をアピールできます。

公務員試験と民間企業の自己PRの違いとは

公務員試験と民間企業の自己PRには、その職務の性質と求められる資質に基づく明確な違いがあります。

これらの違いを理解し、それぞれに適した自己PRを作成することが重要です。

公務員企業の自己PRで求められること

公務員の自己PRで求められることとしてあげられるのものはどのようなものでしょうか。

社会貢献性

公務員は、地域社会や国全体に奉仕する立場にあります。

そのため、自己PRにおいて社会貢献性を強調することは非常に重要です。

例えば、ボランティア活動や地域貢献活動に参加した経験があれば、その具体的なエピソードを通じて、社会に対する貢献意識の高さをアピールすることが求められます。

さらに、社会全体の利益を優先する姿勢や公共の福祉を重視する価値観を明示することで、公務員としての適性を示すことができます。

協調性とチームワーク

公務員の仕事は、他の部署や機関との連携、市民とのコミュニケーションが不可欠です。

自己PRでは、協調性とチームワークの重要性を理解し、それを実践してきた具体例を示すことが必要です。

例えば、大学時代にプロジェクトチームのリーダーとしてメンバーと協力して目標を達成した経験や、困難な状況でもチーム全体の利益を優先して行動したエピソードを紹介することで、採用担当者に強い印象を与えることができます。

倫理観と責任感

公務員には高い倫理観と責任感が求められます。

公共の利益を守るために、公正かつ透明な行動が求められるため、自己PRではこれらの資質を強調することが重要です。

具体的には、過去の経験で自分がどのように責任を持って仕事を遂行したか、倫理的な判断を必要とする場面でどのように行動したかを具体的に述べると良いでしょう。

これにより、採用担当者に対して、信頼できる人物であることをアピールできます。

民間企業の自己PRで求められること

民間企業の自己PRで求められることとしてあげられるのものはどのようなものでしょうか。

公務員で求められる自己PRと比べてみましょう。

成果志向

民間企業では、結果を出すことが非常に重視されます。

そのため、自己PRにおいては、過去の実績や成果を具体的に示すことが求められます。

例えば、売上目標を達成した経験、新規プロジェクトを成功に導いた実績、業務改善によってコスト削減を実現したエピソードなど、具体的な数字や結果を用いて、自分の成果志向を明確に伝えることが重要です。

独自性

企業は競争力を高めるために、独自の視点や創造力を持つ人材を求めています。

自己PRでは、自分の独自性やクリエイティブな思考をアピールすることが大切です。

例えば、新しいアイデアを提案して実行した経験、既存の方法にとらわれずに問題を解決したエピソード、自分ならではの視点で業務を改善した事例などを紹介することで、他の応募者との差別化を図ることができます。

柔軟性と適応力

化の激しいビジネス環境において、柔軟性と適応力は重要な資質です。

自己PRでは、これまでのキャリアでどのように環境の変化に対応してきたか、異なる業務や役割をどのようにこなしてきたかを具体的に述べると良いでしょう。

例えば、新しいシステムやプロセスに迅速に適応した経験、異なる部署での業務を円滑にこなしたエピソード、多様なチームでのプロジェクトを成功させた事例などを紹介することで、柔軟性と適応力をアピールすることができます。

公務員の自己PRアピールできる強み

公務員試験における自己PRでは、特定の強みを明確にアピールすることが重要です。

以下に、公務員の自己PRで評価される主要な強みについて説明します。

コミュニケーション能力

公務員の仕事は、市民との接触が多く、情報を正確に伝え、相手の意図を理解する能力が求められます。

例えば、窓口業務や市民との会議において、相手の意見をしっかり聞き、適切な回答を提供することが必要です。

自己PRでは、過去の経験からコミュニケーション能力を発揮した具体例を述べることで、この能力をアピールできます。

コミュニケーション能力の自己PRについてはこちらの記事を参照して下さい。

問題解決能力

公務員は様々な課題に直面することが多く、これを迅速かつ効果的に解決する能力が求められます。

問題解決能力は、自ら課題を見つけ、適切な方法で解決する力を示します。

例えば、地域の問題を解決するために新しい施策を提案し、実行に移した経験などが有効です。

問題解決能力の自己PRについてはこちらの記事を参照して下さい。

協調性

公務員の仕事は多くの人々と協力して行うことが多いため、協調性が非常に重要です。

自己PRでは、チームでの活動やプロジェクトにおいて、どのように他のメンバーと協力して目標を達成したかを具体的に示すと良いでしょう。

例えば、大学のサークル活動やボランティア団体でのリーダー経験などが効果的です。

協調生の自己PRについてはこちらの記事を参照して下さい。

忍耐力・ストレス耐性

公務員は、市民からのクレーム対応や不規則な業務時間など、ストレスの多い環境で働くことがあります。

忍耐力やストレス耐性は、こうした環境で安定して働くために重要です。

自己PRでは、過去に厳しい環境で働いた経験や、長期間にわたって継続的に努力したエピソードを述べると良いでしょう。

忍耐力の自己PRについてはこちらの記事を参照して下さい。

柔軟性

公務員の仕事は、時には急な変更や新しい政策に対応する必要があります。

柔軟性は、こうした変化に迅速に対応する能力を示します。

例えば、急なプロジェクト変更に対応し、成功に導いた経験や、新しいシステムの導入に迅速に適応したエピソードを紹介します。

柔軟性の自己PRについてはこちらの記事を参照して下さい。

責任感

公務員の仕事には、市民の生活に直接影響を与える責任が伴います。

責任感を持って仕事を遂行する能力は重要です。

自己PRでは、責任を持って任務を完遂した経験や、リーダーとしてチームを引っ張ったエピソードを述べると良いでしょう。

責任感の自己PRについてはこちらの記事を参照して下さい。

論理的思考力

公務員の業務には、複雑な問題を解決するための論理的な思考が必要です。

論理的思考力は、問題を筋道立てて考え、効果的な解決策を導き出す能力を示します。

例えば、論文の執筆や研究プロジェクトにおいて、論理的に問題を分析し、解決策を提案した経験を述べると良いでしょう。

論理的思考力の自己PRについてはこちらの記事を参照して下さい。

公務員の自己PRの書き方のコツ

効果的な自己PRを作成するためには、いくつかの重要なポイントを押さえる必要があります。

以下のコツを参考に、自分の強みを最大限にアピールできる自己PRを作成しましょう。

結論をはじめに伝える

自己PRの冒頭では、結論を明確に伝えることが重要です。

最初に何をアピールしたいのかをはっきりさせることで、面接官の注意を引きつけ、あなたの主張がスムーズに伝わります。

例えば、「私の強みは問題解決能力です」といった具体的な結論を最初に述べることで、その後の内容に対する理解が深まります。

自己分析を徹底する

自己PRを効果的にするためには、自己分析を徹底的に行うことが重要です。

自分の過去の経験を振り返り、どのような場面でどのような強みを発揮したかを具体的に把握することが大切です。

自己分析では、成功体験や失敗体験、他人からの評価やフィードバックを参考にすることで、自分の強みや弱みを明確にします。

これにより、自己PRの内容に説得力が増し、面接官に強い印象を与えることができます。

具体的なエピソードを伝える

自己PRでは、強みをアピールするために具体的なエピソードを伝えることが重要です。

抽象的な表現だけでは、面接官に強みが伝わりにくいため、実際の経験に基づいた具体的なエピソードを盛り込むことで、説得力を持たせます。

例えば、過去に取り組んだプロジェクトや活動でどのように強みを発揮し、どのような結果を得たかを詳しく説明します。

強みを仕事にどう活かすかをアピールする

自己PRの最後には、自分の強みを公務員としての仕事にどのように活かすかを具体的にアピールします。

これにより、面接官に対して自分が公務員としてどのように貢献できるかを明確に示すことができます。

例えば、特定の部署や役職において自分の強みがどのように役立つかを説明し、公務員としての適性を強調します。

公務員の自己PRで注意すべきポイント

自己PRは、公務員試験において自分の強みや適性をアピールする重要な要素です。

しかし、公務員として求められる資質や期待される役割を理解していないと、効果的な自己PRを作成することは難しいです。

以下のポイントを押さえて、適切な自己PRを作成しましょう。

民間企業と公務員の違いを理解する

公務員と民間企業では、仕事の目的や求められる資質が大きく異なります。

公務員は社会全体の利益を追求し、公共の福祉を重視する役割を担っています。

そのため、自己PRでは利益追求や個人の成果を強調するのではなく、社会貢献や公共サービスへの貢献をアピールすることが重要です。

民間企業で評価されるような売上の増加や市場シェアの拡大といった成果志向の内容は、公務員の自己PRには適していません。

地方公務員と国家公務員の違いを理解する

地方公務員と国家公務員では、その職務内容や求められる役割が異なります。

地方公務員は地域住民に直接関わるサービスを提供し、地域の課題解決に取り組むことが主な役割です。

一方、国家公務員は国全体の政策立案や実施、国際関係の維持など、広範な業務を担当します。

自己PRでは、志望する公務員の種類に応じて適切な強みや経験をアピールする必要があります。

それぞれの職務内容や求められる能力を理解し、それに合わせた自己PRを作成することが大切です。

求められていない強みを避けるようにする

自己PRでは、公務員として求められる強みをアピールすることが重要です。

例えば、独創的なアイデアや芸術的なセンスといった民間企業で評価される強みは、公務員の業務にはあまり関連しない場合があります。

公務員には、協調性、責任感、コミュニケーション能力など、公共の利益を考えた行動が求められるため、これらの資質を強調するようにしましょう。

求められていない強みを避けることで、より効果的な自己PRが作成できます。

公務員の業務理解の重要性を理解する

自己PRでは、公務員の具体的な業務内容や役割を理解していることを示すことが重要です。

公務員の仕事には、多岐にわたる業務があり、それぞれの業務に求められるスキルや知識が異なります。

自己PRでは、自分がどのようにその業務に貢献できるかを具体的に述べることが求められます。

例えば、地域住民の相談対応や公共政策の立案など、具体的な業務を理解し、それに対してどのように自分の強みを活かせるかを明確に示しましょう。

公務員の自己PRの例文を強みに沿って紹介

公務員試験の自己PRでは、自分の強みを具体的なエピソードとともにアピールすることが重要です。

以下に、主要な強みごとに効果的な自己PRの例文を紹介します。

コミュニケーション能力

私の強みはコミュニケーション能力です。
この強みは、大学時代にボランティアサークルで広報担当を務めていた経験です。
大学時代、私はボランティアサークルで広報担当を務めていました。
ボランティアサークルでは、イベントの企画から運営まで多くの関係者との連絡が必要でした。
特に、地元企業とのスポンサー交渉では、相手のニーズを的確に把握し、双方に利益がある提案を行うことが求められました。
私は、連絡を定期的に返すことを徹底するとともに、ミーティングを複数回開きコミュニケーションを活発化させました。
その結果、複数の企業から協賛を得ることができ、イベントは大成功を収めました。
この経験を通じて、市民との信頼関係を築き、円滑なコミュニケーションを通じて地域社会に貢献したいと考えています。

問題解決能力

私の強みは問題解決能力です。
この強みは、大学での研究プロジェクトにおいて発揮されました。
私の研究室では夏に大きな研究発表を控えていました。
しかし、研究内容のデータに欠損があることが判明し、このままでは研究内容を発表できないという問題がありました。
その問題を解決するために、いち早くバックアップ用のデーターを引き出し復旧を試みました。
結果として、研究発表は無事に完了し、学会で発表することができました。
この経験を活かして、公務員として地域や行政の課題発見に注力し、住民の生活向上に貢献していきたいと考えています。

協調性

協調性が私の強みです。
この強みは、大学でのグループ研究のリーダーを務めた経験で発揮されました。
当時のグループ研究では、メンバー間で意見が対立することが多くうまく研究を進めることができませんでした。
その問題を解決するために、各メンバーの意見を尊重し、全員が納得できる解決策を見つけることを心掛けました。
その結果、メンバー全員が一丸となって研究を進めることができ、学内のコンペティションで優勝することができました。
この協調性を活かして、公務員として多様なバックグラウンドを持つ同僚や市民と協力し、地域社会の発展に寄与したいと考えています。

忍耐力・ストレス耐性

私には強い忍耐力とストレス耐性があります。
この強みは、大学時代の新聞配達のアルバイトで発揮されました。
私は、大学時代、新聞配達のアルバイトをしていました。
早朝の厳しい寒さや長時間の労働に耐えながら、毎日欠かさず配達を続けました。
この経験を通じて、どんな困難な状況でも諦めず、粘り強く取り組む力を培うことができました。
この忍耐力とストレス耐性を活かして、公務員として困難な状況でも冷静に対処し、市民の信頼を得ることで、より良い公共サービスの提供に貢献したいと考えています。

柔軟性

私の強みは柔軟性です。
大学時代、ゼミで行っていた地域活性化プロジェクトにおいて、急遽研究テーマの変更が必要になったことがありました。
当初は地元商店街の経済効果に関する調査を進めていましたが、指導教授から地域住民の高齢化問題を取り扱うよう指示がありました。
限られた時間の中で、新しいテーマに迅速に対応する必要がありました。
私はまず、チームメンバーと共に新しいテーマに関する資料を調査し、高齢化問題に関する文献や統計データを収集しました。
その結果、私たちの研究は無事に完了し、ゼミ内の発表会で高い評価を受けました。
特に、指導教授からは「急なテーマ変更にも関わらず、短期間で質の高い研究をまとめ上げた点が素晴らしい」との評価をいただきました。
また、地域住民へのインタビュー結果が地元新聞にも取り上げられ、地域社会の課題解決に貢献することができました。
この経験から、環境の変化に柔軟に対応し、状況に応じて最適な行動を取る能力を身につけることができました。
この柔軟性を活かして、公務員として変化の多い行政環境においても迅速に適応し、市民のニーズに応える最適なサービスを提供することで、地域社会の発展に貢献したいと考えています。

論理的思考力

私の強みは論理的思考力です。
大学のゼミで行った都市交通計画に関する研究では、膨大な交通データを分析し、問題の原因と解決策を導き出す作業が求められました。
具体的には、都市部の交通渋滞の原因を特定し、改善策を提案するために、多くのデータを収集・整理しました。
まず、交通量や事故件数、通行時間などのデータを統計ソフトを使って整理し、渋滞が頻発するエリアと時間帯を特定しました。
次に、仮説として「特定の交差点の信号設定が渋滞の原因になっているのではないか」を設定し、その仮説を検証するために現地調査を行い、さらなるデータ収集を行いました。
データの分析と仮説検証を繰り返した結果、いくつかの具体的な改善策を提案することができました。
その中には、信号のタイミング変更や特定の交差点への交通誘導員の配置などが含まれていました。
これらの提案はゼミ内で高く評価され、最終的に市の交通計画部門に提案書として提出されました。
また、この提案が元になり、実際にいくつかの交差点で信号設定の見直しが行われました。
この経験から、複雑な問題を筋道立てて解決する力を養うことができました。
この論理的思考力を活かして、公務員として地域や国が直面する複雑な課題に対して論理的にアプローチし、効果的な解決策を提供することで、社会の発展に貢献したいと考えています。

リーダーシップ

リーダーシップが私の強みです。
大学のサークルで、地域の夏祭りイベントの実行委員長を務めました。
企画段階から運営まで、全体を統括し、20人のメンバーの意見をまとめる役割を担いました。
準備を進める中で、予期せぬトラブルが発生しました。
イベントの一週間前に、予定していたメインステージの音響設備が故障し、使用できなくなったのです。
冷静に状況を把握し、迅速に代替策を講じる必要がありました。
私はまず、メンバー全員に状況を説明し、意見を募りました。
その後、迅速に新しい音響機材を手配するために、地元の音響レンタル会社に連絡を取りました。
しかし、全ての機材が既に予約済みであることが判明しました。
そのため、大学の他のサークルや地域の音響設備を所有している団体に協力を依頼した結果、無事に代替機材を確保しました。
結果として、イベントは予定通り開催され、大成功を収めました。
特に、参加者からは「スムーズな進行と素晴らしい音響設備だった」と高い評価を受けることができました。
この経験を通じて、困難な状況でも冷静に対処し、チームを導いて目標を達成する力を培うことができました。
また、メンバー全員が一丸となって問題を解決できたことは、チームの結束力を高める良い機会となりました。このリーダーシップを発揮し、公務員として効果的に運営することで、地域社会の課題解決に貢献したいと考えています。
特に、緊急事態や予期せぬ問題に直面した際にも冷静に対応し、チームを導いて最良の結果を導き出す力を活かして、地域住民の生活向上に努めたいと考えています。

公務員のNGな自己PRの例文

ここでは公務員の自己PRとしてNGな例文を紹介します。

下記の内容になっていないか注意して確認してみましょう。

抽象的な表現

注意

私の強みは、優れたコミュニケーション能力です。

私は人と話すのが得意で、どんな人とでもすぐに打ち解けることができます。

また、話し合いの場でも、相手の意見を尊重しつつ自分の考えを伝えることができます。

この能力を活かして、公務員として多くの人と良好な関係を築き、市民の皆さんに信頼される存在になりたいと考えています。

Profile Image

監修者
ポイント

プロフィール

この例文は抽象的で具体的なエピソードが欠けています。

実際の経験や成果を示すことで、コミュニケーション能力の具体性を持たせる必要があります。

公務員に関係のない強み

注意

私の強みは、デザインセンスです。

大学時代にグラフィックデザインのコースを専攻し、様々なデザインコンペに参加しました。

その中でいくつかの賞を受賞した経験があります。

このセンスを活かして、公務員として街の景観を美しくするプロジェクトや公共施設のデザインに貢献したいと考えています。

Profile Image

監修者
ポイント

プロフィール

デザインセンスは公務員の多くの職務に直接関係がない場合が多いです。

公務員に求められるのは、公共サービスに関連するスキルや経験です。

公務員に直結するような強みをアピールするようにしましょう。

民間企業向けの自己PRをそのまま使用

注意

私の強みは、売上を最大化する能力です。

大学時代にアルバイト先のカフェで、マーケティングキャンペーンを提案し、売上を20%増加させることに成功しました。

また、SNSを活用した宣伝活動も行い、新規顧客を多く獲得しました。

この能力を活かして、公務員としても高い成果を上げたいと考えています。

Profile Image

監修者
ポイント

プロフィール

公務員の職務は利益の追求ではなく、公共の福祉を重視するため、売上を最大化する能力はあまり関連性がありません。

公務員向けの自己PRに適した内容に変更する必要があります。

具体的なエピソードが欠けている

注意

私はリーダーシップがあります。

チームをまとめることが得意で、いつもチームの成功に貢献しています。

大学時代に多くのプロジェクトに参加し、リーダーとしての経験を積みました。

この力を公務員としても発揮し、地域社会の発展に貢献したいと考えています。

Profile Image

監修者
ポイント

プロフィール

この例文は具体的なエピソードが欠けており、リーダーシップの実際の発揮例がわかりません。

具体的な状況や結果を含めることで、説得力を持たせる必要があります。

嘘や誇張

注意

私は、大学時代に100回以上のボランティア活動に参加し、全ての活動でリーダーを務めました。

どんな困難な状況でも、必ず解決策を見つけ出し、周囲を引っ張っていく力があります。

例えば、大規模な災害ボランティア活動では、私が中心となって200人以上のボランティアを指揮し、被災地の復興に大きく貢献しました。

Profile Image

監修者
ポイント

プロフィール

嘘や誇張はすぐに見抜かれる可能性が高く、信頼を失う原因となります。

自己PRは正直かつ正確な情報を提供することが重要です。

まとめ

この記事では公務員の自己PRについて説明しました。

公務員の自己PRでは、民間の企業とアピールの内容が異なることが多く、難しいと感じる人が多いと思います。

この記事を参考にしてよりアピールに繋げることができる自己PRを作成してみましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます