ヘルスケア業界の注目ベンチャー企業10選!仕事内容から将来性まで徹底解説!

ヘルスケア業界の注目ベンチャー企業10選!仕事内容から将来性まで徹底解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

目次目次を全て表示する

はじめに

pixta_73138735_M

ヘルスケア業界が注目されている昨今では、大手企業だけでなく、ベンチャー企業もまた人気が出ています。

健康寿命が重要視されるようになり、健康の維持や増進も注目されていることが主な理由です。

ヘルスケア業界は関連事業も多数あり、製薬メーカーなども開発がさかんに行われています。

また、直接患者の健康に携わる仕事にやりがいを感じる方も多いでしょう。

今回はヘルスケア業界の仕事内容や魅力、ベンチャー企業の種類などをご紹介します。

ぜひともヘルスケアの魅力や仕事内容などを参考にしてみてください。

【ヘルスケア業界のベンチャー企業】ヘルスケアとは?

ヘルスケアは、健康寿命をいかに延ばすかという観点からも、中心的な役割を果たします。

ヘルスケアは、健康の維持や増進に働きかけるものと、患者の生活を助けるものに分かれるのが一般的です。

また自己治療(セルフメディケーション)と、同じ意味で使われることも多々あります。

健康の維持や増進に働きかけるものの例としては、健康食やリラクゼーションなどが該当します。

一方、患者の生活を助けるものの例としては、医療保険や介護施設などがあたるでしょう。

製薬業界ではドリンク剤や市販薬を利用して、医師の力を借りずに自己管理をすることを、ヘルスケアと呼ぶこともあります。

医療費控除の特例など、健康診断を定期的に受ける風潮も高まっており、今後も健康管理が重要視されるでしょう。

【ヘルスケア業界のベンチャー企業】ヘルスケア業界のビジネスモデル

ヘルスケア業界では以前から、医療機関や製薬・医療機器、健康保険が重要視されていました。

昨今では医療サービスやフィットネスジム、介護でもビジネスモデルをしっかりもって展開しているところが多くなっています。

次世代型のヘルスケアとして、業界でもイノベーションが起こっており、今後も市場規模は広がっていくでしょう。

製薬メーカー

製薬メーカーでは医薬品の製造のほかに、その薬を必要とする患者に提供する役割もあります。

ドラッグストアで手軽に手に入る市販薬などもあれば、医師の処方箋が必要なものもあり、入手ルートには差もあるでしょう。

処方箋は医師の指示が必要なので、ドラッグストアでは手に入りません。

薬を医療機関に提供することで、処方箋を含めた料金を報酬として受け取るのが、製薬メーカーの1つのビジネスモデルです。

医師の指示がいらない薬もまた製薬メーカーが製造し、直販で販売するか、小売店が仲介して販売にあたります。

代表的な製薬メーカー

武田薬品工業株式会社
アステラス製薬株式会社
ファイザー
MSDが該当します。

医療機器メーカー

医療機器メーカーでは、医療機器を製造して医療機関に提供する形をとっています。

医療機器メーカーで作られた器具などを、医療機器卸業者に納品、もしくは販売するのも、ヘルスケアビジネスの1つです。

医療機器を使うのは患者ですが、メーカーにとっての顧客にあたるのは、医療機器卸・医療機関などです。

医療機器自体が患者の生命に関わるものであり、販売や製造に関しては厳格なルールが定められています。

そのためには国の許可はもちろん、安全に製造や販売するための意識も必要でしょう。

代表的な医療機器メーカー

オリンパス株式会社
テルモ株式会社
ジョンソンエンドジョンソン

ヘルステックモデル

「ヘルステック」とは、医療改革の新しいコンセプトを指す言葉で、ヘルスとテクノロジーを組み合わせた造語です。

医療や介護の現場や人々の健康管理におけるAIやウェアラブルデザインデバイスといった最新テクノロジーを活用することがコンセプトとされています。

医療分野の抱える様々な課題を解決する手段として、近年このヘルステックという言葉は注目されるようになっているのです。

電子カルテやAI診断ツールなども、ヘルステックの例として挙げられます。

代表的なヘルステックモデル

エムスリー
メディカルノート
外資ではNOVARTISがある

ヘルスケア関連事業

ヘルスケアでは、関連分野に力を入れているベンチャー企業が多くあります。

たとえば、健康食品の開発・リラクゼーション、フィットネスサービスなどです。

さらには遠隔地診療サービス、体調管理アプリなども代表的な例でしょう。

ヘルスケアとひとくちにいっても、サービス内容はさまざまです。

たとえば病気にかかる、もしくは介護が必要になったときには、製薬や医療機器・健康保険が活躍してくれます。

ほかにもフィットネスジムやリラクゼーションは、今後の健康を促すことから、病気予防に特化したサービスだといえるでしょう。

ヘルスケアのサービスを利用すれば、生活や人生を豊かにできます。

そのため、社会的なミッションとして位置づけられているといえるでしょう。

ヘルスケア業界の将来性は

これから自分が働くことになるかもしれない業界については、将来性を知っておくことも非常に重要です。

特に面接においてはヘルスケア業界の将来性について聞かれることもあるため、以下の2点を覚えておきましょう。

市場規模の拡大

市場規模の拡大が予想されるのも、ヘルスケア業界の将来性を考える上で最も重要なトピックです。

2040年までにはヘルスケア業界全体の市場規模は100兆円に達すると予想されています。

この急速な成長の主な要因は、高齢化社会の進行です。

特に日本や欧米諸国では平均寿命の延長とともに高齢者人口が増加しており、それに伴って医療介護サービスの需要が急増しています。

さらに生活習慣病やがん患者の増加も市場規模拡大の一因となっています。

これに対応するために、先進的な医療技術や新薬の開発が進められ、多様なサービスが提供されるようになっているのです。

デジタル化の進行

デジタル化の進行も、ヘルスケア業界の将来性を考える上で欠かせないポイントです。

近年、ITやデジタル技術の進展に伴い、ヘルスケア業界では大規模なデジタルトランスフォーメーションが進行しています。

これにより、医療データの電子化や遠隔診療、AIを活用した診断システム、ウェアラブルデバイスによる健康管理など革新的なサービスが次々と登場しているのです。

また、AIとビッグデータの活用は診断精度の向上や個別化医療の推進に大きな影響を与えています。

例えば、AIによる画像解析技術はがんの早期発見や治療計画の立案に役立っており、医療の質を飛躍的に向上させています。

【ヘルスケア業界のベンチャー企業】ヘルスケア業界の魅力と将来性

ヘルスケア業界の魅力は、健康関連の製品やサービスを提供し、他社の人生を豊かにできる点でしょう。

健康寿命が叫ばれる昨今では、より健康であることが課題とされます。

ヘルスケアのニーズは年を追うごとに高まってきており、将来的にもサービスの開発は進んでいくと予想されています。

社会問題の解決に貢献できる

ヘルスケア業界では、さまざまなヘルスケアサービスが普及しています。

医療が抱える人手不足などの問題解決や、業務の効率化を実現する手段として注目されているからです。

世界中でも大きな変革期を遂げているヘルスケア業界では、医療費の高騰や後発薬の急な拡大などの社会問題も抱えています。

世界的にみても、意思決定スピードや改革スピードが求められるようになり、それにともなうイノベーションが起きているともいえるでしょう。

ヘルスケアは、社会に大きく貢献している業界でもあります。

人の健康だけでなく、社会的な問題の解決にもヘルスケア業界の果たす役割は大きいでしょう。

それゆえに、働きがいのある魅力的な仕事として人気もある業界です。

最先端の技術を使って仕事ができる

ヘルスケア業界では、最先端の技術を利用して仕事ができる点も魅力の1つです。

最新技術には、データサイエンスやブロックチェーン、AR・VRなどがあります。

これらの最新技術をヘルスケア業界に応用する動きが加速しつつあり、背景にはデジタル技術の進歩があげられるでしょう。

昨今では、スマートフォンやウェアラブル端末などが急速に普及しつつあります。

そのような最先端機器を使って、健康データをクラウドに送り、AIが解析してユーザーにフィードバックする、などのサービスも可能となりました。

高度なヘルスケアサービスを簡単に受けられるようになったことで、関連する仕事の需要も増えています。

そのため最先端の技術に触れてみたい方にも、魅力的な仕事としてうつることでしょう。

就職難易度がそこまで高くない

専門性の問われる業務でなければ、資格や知識が特に必要とされないため、比較的就職しやすい業界です。

もちろん、企業によって就職難易度は様々ですが、特に資格を必要としない点ではあまり高くないと言えるでしょう。

さらに、幅広い業務があるため、文理を問わず活躍することができるというところも、魅力的なポイントです。

【ヘルスケア業界のベンチャー企業】ヘルスケア業界の主な職種

ヘルスケア業界は、将来性があり、社会に大きく貢献している業界であるというのが、分かったと思います。

ヘルスケア業界は多くの企業があり、それと同時に多くの職種があります。

ここからは、ヘルスケア業界に関わる主な職種についてご紹介します。

研究職

主に製薬メーカーでは、研究職が求められます。

新薬を作り出す研究から、開発された新薬の効果・安全性を評価する業務を行っています。

医薬品は人の命にかかわるため、新薬の検査には、多大なコストが掛かり、責任もとても重大です。

生物学、情報学、工学、薬学、医学、農学のどれかの博士号や資格を持っている必要があります。

開発職

研究職とは別に開発職というのもあります。

研究職は製薬を研究、開発することが仕事ですが、開発職では知見計画の立案やモニタリングを行う事が仕事となります。

そのため、研究のみではなく、マーケティング部から情報収集をして、消費者が求める製品の立案を行うことが主な業務となります。

営業職

営業職は基本的にどの業界でも求められる職種です。

ヘルスケア業界でも、営業職はなくてはならない職種となっています。

ここでは、製薬や医療機器を病院や介護施設に販売することが主な目的となっています。

製薬メーカーでは、MRという医療情報に関する医薬品の情報を取り扱う専門家の資格を取得して不特定多数ではなく、病院や医療所に営業をすることもあります。

そのため、相手が専門の知識を持っていることがあるので、中途半端な知識だと契約が成立しないこともあります。

IT技術職

ヘルスケア業界では、AIなどのIT技術を使って少子高齢化や朗度問題の社会問題を解決しようとしています。

ITの技術者はまだまだ人手不足であるため、ヘルスケア業界でも多くの募集があります。

近年では、スマホアプリやオンライン診療などで、ヘルスケアを行う人も増えているため、これから需要も増えていく職種になるのではないかと考えられます。

【ヘルスケア業界のベンチャー企業】ヘルスケア業界に向いている人

ヘルスケア業界の業種は多岐にわたります。

誰かの役に立ちたいという人や社会に貢献したいという人は多くいると思います。

その中でもどのような人がヘルスケア業界に向いているのかをご紹介します。

理論的思考ができる人

理論的思考とは、ヘルスケア業界だけでなく、ビジネスを行う上で基本的な考え方です。

社会問題という複雑な物事を説明するには、理論的に話す必要があります。

結論が分かると周りも問題を理解することができるため、周りと協力して仕事をするためにも理論的思考が求められます。

特に研究職や営業職では、理論的に考え、社会の問題にどのようなアプローチができるのかを説明できる人でなければなりません。

よって、理論的思考はヘルスケア業界で働く上で必要な考え方でしょう。

積極性・自主性がある人

これは、ベンチャー企業の求める人物像に当てはまります。

ベンチャー企業は、革新性や成長性を持っている人を求めているため、積極性・自主性がなくてはなりません。

ヘルスケア業界では、自分が解決したいと考える問題に対して、誰かに任せるのではなく、自分が積極的に行動し、周りを巻き込んで解決できる人が求められます。

そのため、社会貢献がしたい、社会問題を解決したいという人は向いているのではないかと考えます。

柔軟性がある人

ヘルスケア業界では、数々の社会問題に対してアプローチするため、柔軟な思考ができる人が求められます。

目の前の問題に対して、ただ解決するのではなく、その後の展望までを考えて対応することが、ヘルスケア業界では求められます。

よって、様々な問題に対して発想を展開させることが重要となります。

粘り強い人

ヘルスケア業界は注目されている業界ですが、成果を出すことも難しい業界です。

社会問題を解決するには、多くの労力が必要となります。

目標を持ってそれに対して努力できなくては、問題解決をすることができません。

そのため、1つの問題に対して、粘り強く行動できる人が向いていると考えます。

責任感が強い人

ヘルスケア業界では、人の命を扱う仕事です。

製薬の研究や医療機器など一歩間違えれば人の命を危険にさらす可能性があります。

よって、1人の失敗によって大きな問題となる可能性があるため、1つ1つの仕事を責任を持ってこなせる人が向いています。

【ヘルスケア業界のベンチャー企業】ヘルスケア業界で注目のベンチャー企業10選

昨今はヘルスケア業界でも、ベンチャー企業が注目されています。

たとえばメドレー・クリプラ、MICIN・KAKEHASHI・Ubieなどは代表例でしょう。

これらの企業では、さまざまな医療システムやサービスを提供しています。

以下にそれぞれの業務内容や、特徴などをみていきましょう。

メドレー(MEDLEY)

「MEDLEY」と呼ばれるオンライン医療辞典や、「JobMedley」という医療介護求人サービスなどを提供している企業です。

サービスの提供により人材不足へのアプローチ、医療と向き合う力の創造パートナーシップの投資などを可能としています。

被災地へのオンライン支援などは、当時話題となりました。

オンライン医療辞典「MEDLEY」は、症状や病気の部位などから薬や医療機関を調べられるサービスです。

自己の健康管理のためにも、将来的に必要になるサービスでしょう。

クリプラ(CLIPLA)

「CLIPLA」と呼ばれるクリニック向けの「クラウド電子カルテサービス」を、医療機関に提供している企業です。

CLIPLAの魅力はマニュアルが不要で誰でも簡単に使えること、クラウドならではの低コストや安い維持費などがあげられます。

同一のカルテを医師とスタッフが同時に編集できるサービスは、医療の効率化も期待できます。

視認性の高い画面デザインも人気の秘密ですが、医療事務を効率化できれば、時間短縮などのさまざまな効果も期待できるでしょう。

CLIPLAは医療現場の人手不足解消のためにも、役立つサービスです。

MICIN

MICINは「CURON」と呼ばれる、オンライン診療システムを提供している企業です。

CURONは患者と医師、または薬剤師などの医療従事者をオンラインでつなぐアプリケーションとして、注目を浴びています。

患者がスマートフォンやPCなどから簡単に利用でき、予約・問診・診察などがオンライン上で完結します。

患者だけでなく医師側もオンライン上で完結するので、利用頻度は高くなるでしょう。

また薬局向けの「curonお薬サポート」では、服薬指導などをオンライン上で行えます。

CURONのプラットフォームを活用すれば、新しいビジネスチャンスも生まれるでしょう。

KAKEHASHI

KAKEHASHIは「Musubi」と呼ばれる、「電子薬歴システム」を提供している企業です。

Musubiは薬局スタッフの働き方を改善するために作られたサービスで、薬局の変革をもたらしました。

たとえば店舗の状況の把握、服薬指導と薬歴作成を同時に行える働き方改革、患者の満足度を高めるなどの効果が期待できます。

Musubiにより薬局の効率化が進められ、服薬指導もスマートフォンなどの端末からできるようになりました。

従来のシステムとは違い、書かずに漏れなく記録できるシステムが人気の秘密です。

Ubie

AI問診サービスや診察サポート機能をもつ、高機能問診票アプリ「Ubie」を提供している企業です。

AI受診相談の「Ubie」では、症状について医師監修の質問に回答するだけで病気や症状が発見できます。

また、医療機関向けにもサービスが展開されています。

AI問診「Ubie」では事前問診を行うことで、問診内容の充実化、さらに診察業務の効率化もはかるサービスです。

患者へのサービスを行うと同時に、医療機関の働き方の改革を進められるサービスとして、今後の成長が期待されます。

メディカルノート

株式会社メディカルノートは、国内最大級の患者向け医療メディア「メディカルノート」を提供しています。

臨床研究や教育の第一線で活躍を続ける3000名超の医師の協力のもと、病気や症状などの信頼できる医療情報を提供しています。

また、患者向け・製薬会社向け情報発信を目的とした様々なサービスを提供しており、ヘルスケア業界の中でも特に注目されている企業といえます。

ファストドクター

ファストドクター株式会社が運営する「ファストドクター」は、夜間など外出できない方や通院できない方に緊急往診を行うサービスです。

夜間休日の問い合わせでも緊急度を判断し、緊急度が高い患者は119番案内、準緊急かつ往診適用の場合は速やかに緊急往診を手配するなど、今動けない、そして比較的緊急を要する人でも医療サービスを受けられる体制を整えています。

東京や大阪府、東京都医師会や経済産業省など各自治体とも連携しており、非常に信頼性が高い企業の一つといえます。

ヘルスケアテクノロジーズ

ヘルスケアテクノロジーズ株式会社はいわゆる「未病」と呼ばれる、体調が悪くなり始めた時やちょっとした体の不安を医師、看護師、薬剤師の医療専門チームに24時間365日気軽に相談できる健康医療相談チャット「HELPO(ヘルポ)」というアプリを提供しています。

「病気とは言えないけれど、何らかの不調を抱える状態」である「未病」の方にアプローチし、日々の健康サポートから健康維持増進に向けた主体的な選択を支援することを目的としている、素晴らしい理念を持った企業です。

アイリス

アイリス株式会社は病院や医師向けのAI関連医療機器を開発しています。

医師の素晴らしい技術を他の医師でも再現できるよう、AI技術を用いて新しい医療の実現に向け取り組んでいる企業です。

例えば、喉の奥にできる腫れ物や異常のパターンを目で診察し、判断する技術を持っている医師がいますが、このようなスキルをAIで汎用化し、世界中で活用できる未来を目指しているのです。

このように、医師の数が不足している現代において、その素晴らしい技術を他の医師でも再現できる取り組みは非常に貴重であるといえます。

MEDIWILL

株式会社メディウィルはデジタルマーケティングで疾患啓発(DTC)を推進している企業です。

近年は高齢化社会に伴い、病院嫌いなどの理由で、病気を発症しているにもかかわらず、なかなか病院に行かない方が増えています。

そのような状況において、疾患や治療の可能性に患者本人が検索から気づき、適切な病院を受診できるよう、スムーズな流れを設計しているのです。

また、株式会社メディウィルは医療業界に特化したデジタルマーケティングソリューションを提供することも目的としているのも特徴です。

Webサイト制作やデジタル広告運用、デジタル戦略支援など、製薬企業や医療機器メーカーのデジタルマーケティングをサポートしています。

【ヘルスケア業界のベンチャー企業】ヘルスケア業界のベンチャー企業に行くためには?

成長を続けているヘルスケア業界のベンチャー企業に、ぜひ就職したいと考える人も多いでしょう。

ただし、自力でいいベンチャー企業なのか、悪徳なのかを見極めるのは至難の業でもあります。

そこで活用したいのが、就活サイトや就活エージェントです。

就活サイトや就活エージェントをうまく活用すれば、理想の就職先がみつかる可能性も高くなります。

いいベンチャー企業であれば、働きがいも出て仕事も長続きするでしょう。

もし就活サイトや就活エージェントを利用するのであれば、以下を参考にしてみてください。

就活サイトでリサーチする

ベンチャー企業を就活サイトでリサーチするなら、「Wantedly」や「CheerCareer」「Goodfind」がおすすめです。

Wantedlyはプロフィール画面に特徴があり、仕事をよりおもしろくしてくれます。

また出会いを記録し、活躍した内容を共有できるのも魅力です。

CheerCareerでは、週間人気ランキングや社長ランキングなどから人気の仕事を探せます。

常時関連ニュースが更新されているので、それも選ぶきっかけになるでしょう。

Goodfindはハイポテンシャルな学生向けに、情報提供を行うプラットフォームです。

ビジネスリーダーを作るためのキャリアサイトとしても有名で、就活セミナーなども用意されています。

どのサイトもベンチャー企業に強いサイトなので、就活に役立ってくれるでしょう。

適職診断ツールを用いる

ここまでヘルスケア業界について詳しく紹介しました。

しかし、ここまで読んでも「自分が本当にヘルスケア業界に向いているのだろうか」「活かせる強みが思いつかない」など、悩みを抱えている人は多いでしょう。

そこでおすすめなのは適職診断ツールを活用することです。

こちらのツールでは、なんとLINEで質問に答えるだけで適職を判断できます。

就活のプロが監修した質問をもとに、数分であなたに向いている職業を知ることができる、非常に便利なツールです。

完全無料で利用できるため、気になる方はぜひ、一度お試しで利用してみてください。

就活エージェントを利用する

就活エージェントでは、ベンチャー企業の求人を幅広く紹介してもらえます。

自分に合った企業と出会える確率を上げるためにも、ぜひ利用してみましょう。

特におすすめの就活エージェントは、「就活市場エージェント」です。

就活市場エージェントは、60秒の簡単登録だけで担当者が個別に対応してくれます。

また、学生は利用料金がかからず無料で利用できる点もメリットでしょう。

ES対策などのサポートも厚く、より学生に寄り添った就活エージェントといえます。

ほかにも、即日で内定の確率が上がる就活イベントの開催もしています。

専任のエージェントから受けられるマンツーマンでの面接対策など、就活生向けのエージェントとしてもおすすめです。

まとめ

今回はヘルスケア業界の関連事業や、ヘルスケアはどういった魅力がある業界なのか、またヘルスケア業界の注目ベンチャー企業などをご紹介しました。

ヘルスケア業界は成長を続けており、IT化と同時に業務の効率化なども進められています。

ヘルスケア業界で働くのであれば、どういった魅力があるのかを確認しておきましょう。

もし自力で見つけるのが困難なら、就活サイトや就活エージェントの利用もおすすめです。

ぜひとも将来性のあるヘルスケア業界で、希望の就職先を探してみてください。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます