【自己PRが書けない人必見】逆の発想で企業にウケる自己PRを書こう

【自己PRが書けない人必見】逆の発想で企業にウケる自己PRを書こう

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

pixta_75615013_M

就活において、エントリーシートや面接の際に自己PRを聞かれる機会は必ずあるといえます。

しかしながら、就活生の中には、いったいどのように書けば良いのかわからず悩む人も多いです。

ここでは自己PRを書けない人のために、書き方のコツについて伝授します。

書くために必要な準備や作業を一つずつこなし、自分らしい自己PRを作りましょう。

なぜ自己PRが書けないのか

自己PRが書けない理由はいろいろとあります。

PRを書く作業が初めての人もいるでしょうし、企業研究や自己分析ができていない人もいます。

そもそもなぜ書けないのかを知ることから、まずは始めていきましょう。

自己PRした経験がないから

就活でもしなければ、自己PRなど書く機会はそうありません。

いざ書くように言われても、初めての経験でやり方がわからない人は戸惑ってしまいます。

誰しも最初は悩むので、自分だけができないと思い込まずにやってみることが大事です。

いくつか面接を受けるうちに、だんだんと慣れてくるものです。

自己PR制作に対する苦手意識をなくして、まずは挑戦してみましょう。

自分と向き合う良い機会にもなります。

企業がどういう人材を求めているのかを理解していないから

就活において、企業研究をすることは不可欠です。

自己PR作成においても、企業について調べていない人はその企業がどんな人材がほしいのかわかりません。

そうすると、なおさら何を書けば良いのかわからなくなるでしょう。

受ける会社が求めているスキルや人間性がわかれば、自分自身と重ね合わせてそれに合う部分をアピールしたくなるはずです。

それ以前に、企業の募集要項もきちんと見ていない人もいます。

企業のホームページや求人内容、パンフレットなどに目を通すことで、マッチする人材も見えてきます。

その際には企業理念も把握することが大切です。

PRできることがないと思い込んでいる

自己分析できていない人も、自己PRが書けません。

自分自身の長所が自分でわかっていないからです。

そして、自分にはアピールできるところなど何もないと、思い込んでしまっているのです。

実際は、誰しも長所がありますしPRすべきスキルも持っています。

ほかの人の良さにばかり目がいくのももったいない限りです。

自信を持って、自分の良さを再確認しましょう。

書けるようになるために逆の発想をしよう

ここでおすすめしたいのが、いつもとは違う逆の考え方です。

日頃の思考で長所が思いつかないのであれば、まったく視点を変えて逆の発想をしてみましょう。

以下に具体的なやり方について説明していきます。

あなたはさまざまな面を持っている

就活生はかれこれ20年生きてきているわけで、誰しもそれなりの人生経験があります。

特に人に自慢できるような特徴がないという人も、20年の経験の中で何かしら自分の持っている良さはあるはずです。

良い方法として、過去の経験を書き出す手があります。

他人の世話をしたり引率したり、思いやったり楽しませたりとプラスの面を活かせている経験があるのではないでしょうか。

それこそが、自己PRにつながります。

逆から考えよう

逆の発想転換として、業界や企業研究から見えてきた必要とされるスキルに、「自分ならこの部分を活かせるのでは」と当てはめていくのもおすすめの方法です。

この発想を取り入れることで、好印象につながる自己PRが完成します。

なぜなら企業にマッチングする部分をアピールすることができるからです。

企業研究もできて自己PRも完成するという、一石二鳥の魅力的なやり方です。

PRするために手を動かしてみよう

頭で考えるだけでなく、実際に手を動かして作業をしてみることは大切です。

具体的には、企業雑誌を調べたりインターネットで企業のホームページを見たりする作業になります。

特に業界・企業研究は就活を進めるうえで非常に重要になってきます。

面倒臭がらずに、就活生のやるべき事柄だと捉えて成功のために時間を使いましょう。

業界・企業研究

興味を持った企業や業界について、調べていきます。

初歩的なやり方として、身の回りで気に入っているアイテムについて、それを製造している会社を調べてみることで会社選びの一歩になることもあります。

求人雑誌を見る人は多いですが、そこから気になる企業についてはさらにインターネットでホームページやインスタグラムなどもチェックしてみましょう。

関心を持った企業については、ピックアップしていきます。

企業研究用のノートを作って、各企業についての資料やパンフレットなどを挟んだりメモを書いたりしておくと便利です。

さらに、企業研究として会社の説明会に参加したり、OGOB訪問を活用したりすると、よりいっそう企業の詳細が見えてきます。

興味を持った業界・企業が求めている人物像を想像する

大切なのは、自身が関心を持った企業がどういった人材を必要としているのかを明確にすることです。

ここが見えてこなければ、ただ企業について知るだけで終わってしまいます。

もっと掘り下げて、「チームスタイルの営業職の会社なので、協調性が必要である」など具体的に把握しましょう。

性格や能力、それぞれをピックアップしていきます。

性格

企業が求めるのはどんな性格でしょうか。

人は誰しも、さまざまな面を持っています。

その企業で活躍できそうな人物像が見えてきたならば、それに当てはまる自分の性格はないかどうか探ってみます。

「この面は持っていないけれど、こちらの部分はまさに自分の代表的な性格だ」と感じたなら、それをしっかりとアピールしましょう。

一面だけでなくさまざまな面を見ることで、可能性が生まれます。

企業に合う性格を、自分の持つ「性格カード」の中から引き出すような感じです。

スキル・資格

今この時点で持っていない資格でも、これから勉強していけば良いのです。

企業が求める資格が自分にないからといって、あきらめる必要はありません。

勉強していこうとする前向きな姿勢は、人事担当者にもプラスに映るはずです。

会社によって、欲しているスキルも異なります。

優秀な就活生が必ずしもその会社にマッチするとは限りません。

自分のスキルを必要としている会社もあるはずです。

それを探すためにも、その企業が求めているスキルや資格詳細をピックアップしましょう。

手遅れにならないために

何事も、早めに行動することが吉となります。

業界研究も早くから始めて、自分が行きたい会社を見つけましょう。

資格の勉強をするのにも時間がかかります。

だからこそ、早くに企業研究をして必要な資格やスキルを知る必要があります。

就活できる時間も限りがあるので、多忙な中でなんとか時間を見つけてできることから行動することが大切です。

手遅れにならないように、スケジュール管理のうえで活動していくことが中身の濃い自己PR作成にもつながります。

まとめ

企業研究などの活動と自己PR作成は、切っても切れない関係にあります。

自分にはアピールする部分がないと考えてしまうのではなく、逆発想することでいくらでも長所が見えてくることがわかったのではないでしょうか。

思い立ったら行動して、自信を持って自己PRを書きましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます