【就活生必見】高校時代の経験ってガクチカに使ってもいいの?デメリットやポイントを解説

【就活生必見】高校時代の経験ってガクチカに使ってもいいの?デメリットやポイントを解説

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

pixta_15479731_M

ガクチカとは学生時代、特に力を入れて熱心に取り組んできたことの略です。

これから就職活動を始めようとする学生にとっては、まだ耳慣れない言葉かもしれません。

しかし、学生時代に取り組んだこというのは面接においてもっともよく聞かれる質問の1つでもあり、就職活動をするうえで避けて通れないのです。

早い段階から対策を練っておくためにも、質問の意図などについて深く理解をして、自らの学生時代を振り返ってみるきっかけにするのもよいでしょう。

高校時代の経験はガクチカに使ってもいい?

大学生の就職活動において学生時代とは、一般的には中学生や高校生ではなく大学に入学してからのことを指すといえるでしょう。

つまり、学生時代に力を入れて取り組んだことについての質問に対しては、大学生になってから注力したことをアピールするとよいでしょう。

しかしながら現在の自分を形成するうえでは、大学時代の経験よりも高校時代に経験したことのほうが影響の大きかったということもあります。

たとえば高校時代の部活動においてインターハイで好成績を残し、その実績を認められて進学先が決まったというケースもあるでしょう。

「高校時代の頑張りがなければ今の自分はなかった」と言える自信があれば、現在の自分のいしずえとなった当時のエピソードを含めてもまったく問題はありません。

企業がガクチカを通して知りたいこと

そもそも面接において企業側が学生時代について質問するのは、経験してきたことやエピソードを単に知りたいからではありません。

人柄はもちろん、モチベーションの源泉がどんなところにあるのかを知り、入社したあとのポテンシャルを見極めようとしているのです。

あわせて価値観やどんなことを大切にしているのかを聞き出して、自社の社風とのマッチ具合を見定めたいという思惑もあるでしょう。

したがって、職種によっては責任感や協調性などを判断するため、サークル活動においてリーダーシップを発揮したというエピソードが有効になるかもしれません。

いずれにしても、自分の体験を振り返ったり深掘りしたりしておくことが、面接における総合的な対策となるでしょう。

高校時代の経験をガクチカに使う際のデメリット

先述のように、高校時代の話題を取り上げることは必ずしも御法度というわけではありません。

高校から大学にかけて継続的に取り組んできたことなどがあれば、高校時代の活動に触れなければならない場面もあるでしょう。

一方で、質問に対して高校時代のことばかりを答えてしまうと、採用者側にとってあまりよい印象を与えない場合もあるようです。

それでは一体どのようなデメリットがあるのか、具体例などとともに見ていきましょう。

大学時代に何もしていなかったと思われる

特に大手企業の場合には応募者が数百人単位に及ぶこともあり、そのなかから採用されるのは一握りということもあります。

そうしたケースにおいては、採用の合否はどうしても相対的に決められることになります。

したがって1人だけほかとは違うエピソードを取り上げてしまうと、不利に働くこともあるでしょう。

みんなが同じように大学時代のことを話しているのに、1人だけ高校時代のことを話せば比較対象とはなりにくいからです。

なおかつ、高校時代の話題ばかりが先行してしまうと、果たして大学時代はなんにも取り組んでいなかったのかという印象を与えかねません。

あくまでもエピソードを知りたいのではなく、ポテンシャルや適性をはかることが目的ではあるものの、大学で力を入れたことがまったくないととらえられてしまえば大きなマイナスです。

もちろん他人とは違う個性や才能をアピールすることも大切ですが、学生時代について回答する際はそのような場面ではないとわきまえておきましょう。

企業によっては高校時代のエピソードを使えない場合もある

質問などに対して、高校時代の話題は必ずしも無効でないこと、ただしデメリットがあることを理解しておけば支障はありません。

注意しておきたいのは、企業によっては、設問そのもので大学時代を限定していることがある場合です。

高校時代を含めないという条件をつけ、回答を比較しやすくしたいという意向もあるのでしょう。

いずれにしてもこのようなケースにおいては、当然ながら高校時代のエピソードは使えません。

どんなに華やかな経歴などがあったとしても、企業によっては通用しないことも理解しておく必要があるのです。

高校時代のエピソードだけでは乗り切れないこともあるため、過去の設問などはしっかりと確認しておきましょう。

高校時代の経験をガクチカに使う際のポイント

企業によってはエピソードを大学時代に限定するところがあるものの、それ以外のケースにおいては高校時代を振り返ってみるのもよいでしょう。

ただしただ単にエピソードを披露するだけではなく、あくまでも採用面接に有効な手立てとして話題をまとめておかなければなりません。

高校だけに話題が集中してしまうと大学時代は何もしてこなかったと思われるのと同様に、話がかたよりすぎると独善的な人物に思われかねないため注意や対策が必要です。

必ず現在に絡める

ここまで見てきたように、企業側によって条件の設定がされていなければ、高校時代のことを取り上げても問題はありません。

それでも質問されるのは大事な採用試験の場なので、問われている意図をしっかりくまなければならないのは当然のことです。

質問の目的が学生時代の功績を知りたいわけではなく、大切にしてきた価値観を知るためであると理解していれば、答え方は自ずと工夫できるでしょう。

企業側にとって学生時代に取り組んできたことに対する質問は、どんなモチベーションによって頑張りへつなげられたのか、それが仕事に結びつくのかを知りたいわけです。

つまり、一時の頑張りよりも継続して続けられること、高校時代から現在まで一貫して取り組んでいることをアピールできればよいのです。

高校時代があったから現在の自分が形成されているという漠然としたものではなく、現在も継続しているという最近の状態をうまく伝えられれば採用者の心にしっかりと響くことでしょう。

ほかの設問で大学時代のエピソードを使う

高校時代のエピソードを使うにしても、質問に対しては現在にわたって引き継がれていることをしっかり伝えなければなりません。

高校から大学まで一貫して頑張ってきたことであれば、大学時代に何もしてこなかったという印象を避けられるでしょう。

しかし、あくまでも企業側は最近の状態を知りたがっています。

自分をアピールする場において、できるだけ大学時代のエピソードを使いましょう。

あらためて学生時代を振り返ることは面接における対策だけではなく、自分の強みを見出し、新たな発見につながるなど有意義な時間です。

大学時代に力を入れてきたことについてうまくまとめて、面接においてしっかり伝えられるよう準備を進めておきましょう。

高校時代の経験を用いたガクチカの例文

私は高校時代にサッカー部に所属しており、キャプテンとしてリーダーシップを発揮してきました。

チームをまとめ上げるだけではなく練習方法にも工夫を凝らし、サッカー界では無名の高校ながら全国大会まであと一歩のところまで進んだことは今も誇りです。

大学に進んでからもサッカーは継続しましたが、怪我などもありレギュラーから外れることもしばしばでした。

その経験から補欠部員の気持ちを理解するようになり、高校時代よりも視野を広げられたと自負しています。

より協調性や組織への貢献意欲を高められたことにより、最終学年では大学においてもキャプテンを任されました。

貴社に入社したあとも、大学時代に培ってきた経験を糧に業務へ力を注いでいきたいです。

まとめ

面接において、自分をアピールするために、高校時代の経験を使いたいと思っている就活生もいるでしょう。

大学時代に胸を張って言えるような経験ができなかった、思うような経験ができなかったということもあるかもしれません。

条件が限定されている場合をのぞき、質問への回答に対して高校時代のことを使うのは間違いではないです。

ただしあくまでも、高校時代から今に至るまで継続していることを交えながら、採用者側にうまく伝わるように意識してみましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます