ベンチャー企業に転職するメリットは?詳しく解説!

ベンチャー企業に転職するメリットは?詳しく解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

 

はじめに

就活する人にとってベンチャー企業は、発展途上ながらも華やかな仕事ができ、企業の成長のために社員一丸で頑張っていくというイメージがあるでしょう。

そこで、今回はベンチャー企業に転職するメリットを細かくご紹介していきます。

ぜひ参考にしていただき、ベンチャー企業への転職へ意欲を燃やしていきましょう。

ベンチャー企業に転職するメリットは?

ベンチャー企業に転職した場合、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

大きく分けて4つのメリットを今回はご紹介していきます。

その前に、お伝えしたいのは「実際にベンチャー企業に転職するということは、そこまで甘く華やかなことばかりではない」ということです。

ですが、やはりベンチャー企業に転職した際に与えられる恩恵や影響は、その後の人生に大きく影響してくることでしょう。

では、実際にどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

業務が幅広く裁量権が大きい

ベンチャー企業のメリットとして、まず業務内容が幅広く裁量権が大きいという点があります。

具体的に説明すると、ベンチャー企業は事業そのものが多岐にわたるほど幅広い場合が多く、一人ひとりに任せてもらえる裁量が大きいということです。

これがどのようなメリットにつながるのかというと、さまざまな業務を経験することで経験値をほかの社会人より多く得られることができるでしょう。

そうすると、挑戦できる機会も多いので、就職して早い段階から多くの仕事を任せてもらえるかもしれません。

そのように経験することで、自分自身のスキルアップも一般的な企業に勤める会社員より見込めるでしょう。

やはり社会人は経験が物を言う世界になってきますので、より多くの経験ができるベンチャー企業は宝の山と言えるでしょう。

自分の能力次第で成長できる

大きなメリット2つ目としては、自分自身の能力次第でものすごい成長ができる環境にいられるという点です。

ベンチャー企業では、主体性のある人材にはどんどんさまざまな仕事が任せられる世界となっています。

そのさまざまな仕事の中で、成果や実力を評価してもらえることが多いため、自分自身の能力次第で大きく成長できる環境だと言えるでしょう。

ですので、常に自分自身がどのように成長していきたいかというビジョンを持った方でないと、ベンチャー企業の中で活躍することができないかもしれません。

逆に言うと、向上心を常に持った方はまずベンチャー企業に入ることをおすすめしたいです。

そのくらい、常に上を目指しながら日々成長という点を考えて仕事をできる人材をベンチャー企業側も求めているでしょう。

経営陣との距離の近さ

ベンチャー企業に転職するメリット3つ目としては、経営陣との距離が近いという点が挙げられるでしょう。

これはどういうことかというと、ベンチャー企業は社員も少数精鋭のため、経営者や役員の方・社長などとの距離がとても近いです。

ですので、経営陣に対して自分自身の意見を思いっきりぶつけることができるのが特徴の一つでもあります。

そして、その意見が通りやすい場合も多く、また経営者の仕事ぶりを間近で見ることができるのもベンチャー企業の利点と言えるでしょう。

やはり、成功している上司の仕事ぶりのほうが、さまざまな自己啓発本を読むよりも自分自身にとって一番近い手本となってくれることでしょう。

そのようなとてもありがたい環境で、成長目指して働くことができるのがベンチャー企業の最大のメリットです。

会社の成長も実感できる

ベンチャー企業に入った時の4つ目のメリットとして、会社自体の成長も感じることができるという点があるでしょう。

やはり、自分自身が働いている会社がどんどん成長していく姿を見ていくと、そこで働いている社員のモチベーションも上がってきます。

逆に、大手企業は安定した収入や仕事をできますが、会社自体が成長しきっているので、自分自身が大きな売上を上げることができても、そこまで実感がないことも少なくありません。

このように、やりがいを感じやすい環境で仕事ができるというのは、ベンチャー企業で働くうえで大きなメリットとなるでしょう。

人生の半分以上は労働をしていかなければいけませんので、せっかくなら楽しんでワクワクする会社で働きたいものです。

その点を考えると、ベンチャー企業は毎日が変化の連続ですので、やりがいを常に持って働ける環境と言えるでしょう。

逆にデメリットはあるのか

ここまでメリットについて4つに分けてご紹介しました。

では、逆にベンチャー企業に就職した際のデメリットとして、どのような点が挙げられるでしょうか。

今回は、2点のデメリットをご紹介します。

メリットをご紹介する前にもお伝えしたように、ここで紹介するデメリットがベンチャー企業の「華やかではない部分」と言えるでしょう。

しかし、これらのデメリットも成長次第ではすぐになくなってしまう可能性も高いので、その点も頭に入れておきながら見てみましょう。

福利厚生が不整備な可能性

ベンチャー企業のデメリット1つ目として、福利厚生が一般企業に比べて不整備である可能性が高いことが挙げられます。

なぜベンチャー企業の福利厚生が弱い傾向が多いかというと、ベンチャー企業は事業を拡大していくために、常にコストをかけています。

ですので、企業自体の成長に対してコストをかけるのに精いっぱいで、社員の福利厚生に対するコストまでは手が回らないということも少なくありません。

このように、やればやった分だけ給料が変動したり、会社自体の成長でやりがいを感じる傍ら、社員を守ったり手助けしたりする福利厚生の基盤が弱くなっているのです。

大企業であれば、さらなる成長より社員の生活を優先と考え、還元してくれる場合も多いでしょう。

しかし、どの企業も過去はベンチャー企業として、まず企業の成長を最優先に目指していたでしょう。

そう考えると、福利厚生の薄さも理解できるかもしれません。

経営が安定していないリスク

ベンチャー企業のデメリット2つ目として、その企業の経営自体が安定していないリスクがあります。

これも先ほどの福利厚生の話とつながってくるのですが、ベンチャー企業は発展途上の企業であるため、そもそも経営自体が安定していない場合が多いでしょう。

福利厚生の手薄さは経営事情と大きく関係してくるため、そのような危ない橋を渡るような企業にいたくないという方にはベンチャー企業はおすすめできません。

そのように、ベンチャー企業は常にいつ経営が傾いてもおかしくないというリスクを抱えながら踏ん張っているところも多いのです。

しかし、この経営を自分たち社員の力で立て直して、ベンチャー企業から大企業へ成長させていくという目標も生まれるでしょう。

そのように考えて働くことができれば、ベンチャー企業で活躍できる人材と言えるでしょう。

ハードワークの可能性が高い

ベンチャー企業のデメリット3つ目が一番大きいことで、それはベンチャー企業は基本的にハードワークな会社が多いという点です。

メリットの部分で最初に一人ひとりの仕事の豊富さや経験の大きさをご紹介しましたが、これは逆に言うと、毎日の業務がハードワークであると言えるでしょう。

どのくらいかというと、18時定時だとしても、その後2~3時間の残業が一般的であり、企業によっては日を跨ぐ可能性もあります。

このように、仕事の経験できる量が多いということは、同時に仕事の大変さも増えるということになります。

その点を理解しておかないと、向上心があっても心が折れて仕事ができない状態になってしまうでしょう。

ですので、まず自分自身の仕事のキャパシティがどのくらいなのかを事前に知っておき、そこからベンチャー企業に転職しても遅くはないでしょう。

向いている人の特徴

ここまでベンチャー企業のメリットとデメリットについて紹介してきましたが、実際にベンチャー企業に向いている人はどのような人なのでしょうか。

この項では、実際に向いている人の特徴を3つご紹介していきます。

今ベンチャー企業への転職を考えている人の中で次の項目に当てはまらなくても、今後そのような特徴を得られるように成長できるように努力していきましょう。

また、もし転職を考えていなくても特徴に当てはまる人であれば、ぜひベンチャー企業も候補に入れてみてください。

タフな人

まずベンチャー企業で働くうえで一番大切なのは、心も体もタフであるという点です。

やはり、ベンチャー企業はデメリットの部分でもお伝えした通り、とにかくさまざまな仕事が来るのでとても多忙になる場合が多いでしょう。

そのような場合、心も体もタフな方でないとまず乗り切っていくことができません。

ですので、まずベンチャー企業で働くうえでは体力をつけることが大切となってきます。

体力は身体的なものだけではなく、精神的にストレスを溜め込みすぎない心を作るという意味でもあります。

そのように、自分自身で過酷な環境に耐え得る状態を作ってからベンチャー企業に転職するのが、成長への一番の近道かもしれません。

ですので、日頃からタフな自分になれるように日々努力していきましょう。

柔軟に対応できる人

ベンチャー企業において一番重宝される人材はどのような人かというと、何事にも柔軟に対応できる人でしょう。

これはどういうことかというと、ベンチャー企業は新しい事業をスタートさせていくことが多く、業務内容の変化がつきものです。

そのため、さまざまな変化においても柔軟に対応して仕事を進めていける人材が求められているのです。

また、人の入れ替わりも多いため、職場の環境自体が変わっていくことも多いでしょう。

そのような場合も、柔軟に新しく入ってきた人に対応しながら共に仕事を進めていくことができれば、会社としてもスムーズに社内が回るので、そのような人材は重宝されるはずです。

ですので、いかなる状況においても、自分の引き出しの中から柔軟に対応できるような発想力を身につけるように努力しておきましょう。

成長意欲のある人

この3つ目の特徴が一番大切なのですが、メリットの中でもお伝えした通り、ベンチャー企業を目指す人は自分自身の成長意欲がないと、働き続けることができません。

もし成長意欲なくベンチャー企業に転職できたとしても、どこかで目標を見失い挫折してしまう可能性が高いでしょう。

また、ベンチャー企業自体が成長志向のある企業ですので、その点において人材と企業そのものがマッチする環境と言えるでしょう。

このように、自分自身の成長を常に考えている方にとっては、ベンチャー企業は最適な企業であると言えます。

ですが、成長意欲があってもそれに伴うスキルや発想力は伴っておかないといけませんので、意欲だけだと思われないようにしておきましょう。

ベンチャー企業ではとにかく即戦力が重宝される傾向にありますので、必要な人材だと思われるように努力しておくことが大切です。

実際に転職する前に

ここまでベンチャー企業の中身や向いている人に関してご紹介してきましたが、実際にベンチャー企業に転職すると決意した場合、何から始めれば良いのでしょうか。

この項では、転職前に行うべき行動を2点に分けてご紹介します。

どちらも、ベンチャー企業に転職する以外の場合でも必ずやっておきたいことではありますので、ぜひ参考にしてください。

また、ベンチャー企業に転職することを考えている方は、特に重点的に次の2つを実践しておきましょう。

自己分析を再度行う

まずはじめに、ベンチャー企業に転職する際には徹底的に自己分析を再度行うことから始めましょう。

これはなぜかというと、ベンチャー企業に転職する際に自分の優先したいことや条件など、自分について細部まで分析することで、転職時に起こり得る企業とのミスマッチを避けられます。

このミスマッチは転職した後に一番後悔する種になるので、お互い転職後に気持ちよく働く・働いてもらうためにも、自己分析は徹底して行いましょう。

また、自己分析することによって、自分自身の新たなスキルや特徴を知ることもできます。

その知ることができた情報によっては、ほかに最適な企業を見つけることもできるため、手を抜かずに必ず行ってください。

このように、どのような企業で転職をするにしても、自己分析は大事なものとなってきます。

企業の情報を集めておく

転職する中で一番大切なことですが、転職候補先の情報も改めてよく調べておくことが大切です。

この下調べをすることによって、企業の事業内容や基本的な状況など細部まで情報を収集し、転職の際のさまざまなリスクを回避することができます。

このリスクの中には、先ほど自己分析の中でもお伝えした企業と転職者のミスマッチを防ぐという点もあります。

ですので、企業の情報は更新されるたびに逐一チェックをしておき、新しい情報から古い情報までくまなくチェックしておきましょう。

また、さまざまな企業の情報を細かく調べることで、企業同士比べることも可能です。

そのように情報の比べ合いをすることでよりより条件の企業を洗い出すことも可能ですので、企業の情報は1つではなく複数の情報を集めておくことを意識しましょう。

まとめ

ここまでベンチャー企業のメリットやデメリットについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

ベンチャー企業だけに限らずどの仕事もそうですが、やりがいのある仕事の裏には、自分にとって不利益・心配な部分は出てくるでしょう。

しかし、そのようなデメリットばかりを考えず、自分自身に与えられるメリットもよく考えながら、バランスを見て転職を考えるのが良いかもしれません。

その中で、ベンチャー企業という選択肢も入れながら、自分自身にとって最適な転職先を見出していきましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます