ベンチャーに転職することが不安な人が確認しておきたいことを詳しく解説!

ベンチャーに転職することが不安な人が確認しておきたいことを詳しく解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

 

はじめに

ベンチャー企業への転職を検討しているものの、不安を感じている人はいないでしょうか。

たしかに中小企業とベンチャー企業では、労働環境も向いている人のタイプも違ってきます。

この記事ではベンチャー企業に転職するうえでの不安要素と、その解消法を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ベンチャーに転職する不安要素

まずは、ベンチャー企業に転職するうえでの不安要素として代表的な5つを解説します。

ベンチャー企業で働いたことがない人は、不安要素をイメージすることが難しいかもしれません。

しかし、不安要素を具体的に把握しておけば、入社前に危ない会社かどうか見極められます。

また、すでに転職が決まっている場合でも、デメリットを認識体して準備することもできるでしょう。

入社してから「予想していたのと違った」とならないように、しっかり把握しておくことをおすすめします。

労働時間が長い可能性が高く体力が必須

ベンチャー企業で真っ先に出てくる不安要素は、業務内容が多く労働時間も長いため、体力が必要となってくることです。

加えて、残業や休日出勤なども多い傾向にあり、中小企業や大企業出身者は注意が必要でしょう。

ベンチャー企業は、従来の企業が取り組めないような領域の事業にスピード感を持って挑めることが強みと言えます。

しかし、事業立ち上げ段階では人数が不足することや想定外の業務が発生することで業務量が増えてしまうことも多いでしょう。

このため、社員一人ひとりへの負荷が高くなってしまうことは仕方がないとも言えます。

締め切りが決まっている業務であれば、残業や休日出勤によってプライベートが犠牲になってしまうでしょう。

このようにベンチャー企業で働く以上、多少は体力勝負のハードワークが必要なことは覚悟しておく必要があります。

労働環境面が整っていない場合が多い

次の不安要素は、ベンチャー企業の労働環境や福利厚生についてです。

ベンチャーでは労働環境が完全に整っていない可能性もあるため、以前の職場と比べて不満を抱く可能性もあるでしょう。

そもそも労働環境や福利厚生を整えられるのは、経営にある程度余裕のある企業と言えます。

事業が安定していないベンチャー企業は、まず安定的に利益を生み出す必要があるため、社員への還元は後回しにされがちです。

大企業であれば労使間で36協定などが締結されていることもありますが、ベンチャー企業ではそうでない場合も多いでしょう。

また、残業代が支払われない場合や上司からパワハラにあってしまうケースも考えられます。

ベンチャー企業には、そのような環境に耐えられて、時にははっきりNOと言える人が向いていると言えるでしょう。

研修制度がないケースもある

ベンチャー企業には、新卒・転職者関係なく研修制度がないケースもあるので、注意しましょう。

とにかく立ち上げた事業を黒字化する必要があるベンチャー企業では、即戦力の中途社員を採用しがちです。

このため、そもそも育成という概念が存在しないこともあり、研修やマニュアルがないので自分で仕事をしながら覚える必要があります。

中には先輩社員の一人が育成担当となり、OJT(On the Job Training)として研修を行ってくれる場合もあります。

しかし、いずれにせよ、自分に求められている役割を把握して、それに必要なことを自走式で身につけられたほうが良いでしょう。

「ベンチャー企業に入れば、勝手にビジネスマンとしてのスキルが上がるんじゃないか」と考えている人は、要注意です。

実力主義であること

今まで競争という風土のなかった中小企業出身者は、ベンチャー企業の実力主義に不安を覚えるかもしれません。

実際、ベンチャー企業は実力主義であることが多く、利益を上げるためにとにかく成果が求められます。

普段の職場での人間関係や仕事への姿勢など、定性的な評価をしてくれない可能性もあるでしょう。

目標を達成し成果を上げるためにはどうすれば良いか、主体性を持って仕事に取り組む必要があります。

そのためには決まりきったマニュアルをこなすだけではなく、自分なりの工夫を色々試すことが必要です。

個人としての成績が悪い場合や目標が未達となれば給与やボーナスが減ってしまうかもしれません。

今まで、上司から与えられた仕事をただこなしていたような人は注意が必要でしょう。

経営が安定している保証がない

ベンチャー企業は経営が安定している保証がないことも不安要素と言えるでしょう。

資本基盤が安定していないベンチャー企業は、事業がうまくいかなくなると途端に立ち行かなることもあるからです。

最悪の場合は倒産などもありうるので、そのリスクを想定しておく必要があります。

もっとも、最近では大企業においても倒産は決して他人事ではありません。

いつ、今働いている会社がなくなっても良いように、転職や独立を見据えて能力を高めておく必要があるでしょう。

そのためには漫然と仕事をこなすだけではなく、「この業務からどんな学びを得られるか?」を常に考える必要があります。

また、市場の動向などにも注目し、自分個人のビジネスマンとしての価値を常に意識しましょう。

メリットはないのか?

ここまで、ベンチャー企業に転職するうえで把握しておくべき不安要素について解説しました。

しかし、ベンチャーには不安要素だけではなく、メリットとなる部分も存在します。

ベンチャー企業は、経験を積むには最適な環境で、裁量権が多く成長でき、風通しの良い社風なことが多いです。

もちろんこれもすべての企業が当てはまるわけではないため、面接などの段階で確認することが望ましいでしょう。

転職先を検討するうえでは、良い面と悪い面を両方把握したうえで、最終的な判断を下す必要があります。

経験を積むには最適な環境

まず、経験を積むには最適な環境であることが、ベンチャー企業のメリットとして挙げられます。

ベンチャー企業自体が成長志向であるため、自分の意欲次第で積極的に仕事に取り組むことで、さまざまな経験が積めるでしょう。

大企業においては、すでに確立されている事業を安定的に運営することが求められます。

このため、社風としても安定志向が強く、思い切った事業にチャレンジしづらい可能性もあります。

一方、ベンチャー企業は事業が成熟しきっていないため不安定ではありますが、その分貢献できる部分も多いです。

社員数が少なく一人ひとりの成長が事業に直結する分、挑戦が容認されることも多いでしょう。

経験を通じて自らの能力を伸ばし、市場価値を上げてゆきたいと考えている人にとっては適した環境と言えます。

裁量権が多く成長できる

ベンチャー企業は裁量権が多く、成長できる可能性が高いこともメリットと考えられます。

社員数が少ない分、一人ひとりに任せる業務内容が多く、幅広い仕事ができるからです。

大企業などでは、決定権や決裁権を持つのは年次の高い社員なことが多く、業務が細分化されています。

このため、若手の間は上長の承認が降りず、やりたい仕事がなかなかできないことも考えられます。

一方、ベンチャー企業は事業にスピード感が必要なため組織構造がシンプルで、各担当に任せられる部分も多いでしょう。

このため、若手であっても幅広い業務に関われるうえに、裁量権も多いと考えられます。

当然業務負担は増えますし、失敗した際の責任もついて回りますが、それも含め成長の材料となるでしょう。

会社内の風通しが良い

会社内の風通しが良く、自分の考えや意見が反映されやすいこともベンチャー企業のメリットの一つです。

社長、経営者や役員、上司などとの距離が近く、関係性もフラットで、意思が伝えやすいでしょう。

ベンチャー企業は社員数が少ないことが多く、意思統一を図るためにもアットホームなことが多いとされています。

一方、大企業では一般社員と会社幹部の距離が遠く、直接話せる機会が少ないこともよくあります。

もちろんベンチャー企業であっても、社長や経営陣に受け入れられる提案をするのは容易ではありません。

提案が認められた場合には、期待されているために失敗できない責任を受け止める覚悟が必要です。

しかし、そのプレッシャーを力に変えて成長したいと考えている人には、おすすめの環境と言えるでしょう。

どんな人に向いているのか?

それでは、ベンチャー企業に向いているのはどのような人なのか、代表的な例を3つ紹介します。

結論として、ベンチャー企業のメリットの恩恵を受けられる人や、不安要素を苦にしない人が向いていると言えるでしょう。

先述したように、ベンチャー企業は経験が積めて成長できるとはいえ、決して楽な環境ではありません。

多少のつらいことがあっても、それを受け入れて頑張りたいと思えるかが大切です。

逆に、次に紹介するような考えを持っている人は、ぜひベンチャー企業への転職を考えてみましょう。

向上心の高い人

まずベンチャー企業に向いている代表的な性格は、向上心が高く、成長志向の強い人でしょう。

実力主義のベンチャー企業は実力主義であり、自分次第で多くの経験を積み、成長できる環境だからです。

裁量権が多く、さまざまな経験ができるベンチャー企業ですが、反面業務量が多く、長時間労働になりがちでしょう。

時には支払われる対価に比べて不当に多い労働を強いられることもあるかもしれません。

そのような時にふんばれるかどうかは、その人の向上心にかかっている部分が大きいと考えられます。

「ここを乗り切れば、自分はもっと成長できるはず」と前向きに捉え、目の前の業務に集中しなくてはいけません。

逆に、労働に見合った給与がもらえれば良い、と考えてしまう人は向いていないと言えるでしょう。

好奇心旺盛な性格の人

好奇心旺盛で、色んなことに挑戦したいと考えている性格の人もベンチャー企業に向いているでしょう。

ベンチャー企業では自分次第で多くの仕事を任せてもらえるため、常に新しいことを求めているような人には向いていると言えます。

大企業では踏み出せないような新しい領域の事業に積極的にチャレンジしてゆくのがベンチャー企業の特徴です。

業務内容も決まりきったルーティンワークがあるわけではなく、その都度必要な業務をこなすことになるでしょう。

このため、単純な事務作業や細かなプログラミングのような作業が苦手な人でも、ベンチャーでは活躍のチャンスがあります。

しかしその分、目先の利益を上げつつ事業を継続的に発展させることを考えなくてはいけず、それなりのバイタリティが求められるでしょう。

体力に自信があるタフな人

多くの業務をこなす必要のあるベンチャー企業において、体力に自信があるタフな人は、それだけで向いていると言えます。

ベンチャー企業は社員数が少ない分、一人ひとりに与えられる裁量権も多くなる可能性が高いです。

しかし、その分業務範囲も増えるため、業務量が多くなることも多いでしょう。

残業が多くなることや休日出勤を強いられることもあるかもしれず、それをこなす体力が必要になります。

それだけでなく、常に前向きで厳しい状況をプラスに捉えられる、精神的なタフさも重要です。

もちろん、単純に体力があってタフならば良いわけではなく、仕事に対する熱意や、効率的に業務をこなす能力も重要になってきます。

ともあれ、ベンチャー転職を考える際には自分の体力面も考慮する必要があると言えるでしょう。

ベンチャーに転職する不安を解消するために

ベンチャー適正が高いと感じている人でも、いざ転職を検討するとなると不安を覚えることもあるでしょう。

最後に、そんな不安を解消するための具体的なアクションプランを2つ解説します。

たいていの場合不安を感じる時は、具体的に何が不安なのか把握できていないことが多いです。

もしくはさまざまな要因が絡まり合っていて、一つひとつ整理が必要な場合もあるでしょう。

自己分析や企業研究など、できるだけ自分で手を動かして不安を具体化することが、解決の近道です。

自己分析を綿密に行う

ベンチャーに転職する不安を解消するためにまず行うべきことは、綿密な自己分析です。

自分のやりたい業務は何か、条件面で何を優先したいかなどをしっかり自己分析する必要があります。

自己分析をしっかり行うことで、転職にあたって重視すべきことが明らかになり、企業を選びやすくなるからです。

自己分析の結果はその時の気分や、メンタルの状況によって変わることも考えられます。

自己分析ツールなどは、「こう見られたい」という意思が回答に入り込み、本音がわからないこともあるでしょう。

そうではなくきちんと自分と向き合い、本当のところはどうなのかを突き詰めて考える必要があります。

また、自分では気づけていない部分を見つけてもらうため、友人や家族に協力してもらって自己分析を行っても良いでしょう。

企業研究は入念にする

ベンチャーに転職するにあたって不安を感じる時には、企業分析を入念に行う必要があるかもしれません。

先述した綿密な自己分析にもとづいて、重視したい条件をきちんと検討できていなければ企業研究は意味がないからです。

企業研究においては、事業内容・企業理念・経営方針など基本的な情報は当然把握しておかなくてはいけません。

それに加えて給与や福利厚生などの面において、転職する前と後でどうなるのかを調査しておく必要があります。

事前にこうしたことを把握しておくことで、自分と企業のミスマッチを防げるでしょう。

公式ホームページでわからない内容については、口コミサイトや知り合いを頼るという手もあります。

ただし、信憑性に欠ける情報の可能性も高いので、参考程度に考えておくと良いでしょう。

まとめ

この記事ではベンチャー企業に転職するのが不安な人に向けて、不安要素とメリットを洗い出し、それを解消する方法を解説しました。

ベンチャー企業は労働時間や研修などの労環境が整っていない可能性が高く、実力主義で経営も安定しているとは限りません。

反面、経験を積むには適した環境で、裁量権が多く、風通しも良いことがメリットと考えられます。

これらの良い点・悪い点を考慮して、自己分析を綿密に行い、入念な企業研究につなげましょう。

この記事が、あなたの納得いく転職活動につながることを願っています。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます