エントリーシートの自己紹介は何を書けばいい?詳しく解説!

エントリーシートの自己紹介は何を書けばいい?詳しく解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

 

はじめに

就職活動では、エントリーシートを提出する企業がほとんどです。

しかし、いきなり書くとなると苦戦する人も多いでしょう。

特に自己紹介の欄は、自分の強みや経験を上手にアピールする必要があります。

今回は、エントリーシートの自己紹介の仕方を詳しく紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

自己紹介を書く目的

まずは、自己紹介を通して企業に人物像を知ってもらうことが大切です。

実際に自分のすべてを理解してもらうことは困難です。

あくまで文面のイメージであることは、採用側も理解しているでしょう。

しかし、エントリーシートは、選考での第一印象になります。

特に自己紹介の欄は、自分の個性をアピールできます。

今までの経験を活かして、印象に残れるよう意識してください。

また、文面では、事務的な言い回しになってしまう場合があります。

たとえば、明るい元気な人柄をアピールしたいとします。

それを淡々と文章にしても、説得力に欠けるでしょう。

その際は、言い回しなどに気を付けてください。

なるべく断定した言い方は避けたほうが無難です。

読み手の気持ちになって文章を書くことが大切です。

実際に記載する内容とは

企業に提出するエントリーシートに大きな違いはありません。

しかし、独自の媒体を用意している企業も増えています。

提出する間際に気付いて慌てるケースも多く見受けられます。

事前にきちんと情報をチェックしましょう。

自己紹介の欄についても同様のことが言えます。

企業に指定されたテーマなどがある場合は、それに従ってください。

最低限のルールを守りつつ、自分の経験などをアピールしましょう。

しかし、何を記載すれば良いか疑問に思う人もいるかもしれません。

今回は、実際に記載する内容を詳しく紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

学校名・学部・学年・名前

学校名や学部などの基本的な情報を記載しましょう。

その際は、必ず正式名称で記載してください。

また、学部で何を学んでいることを詳しく紹介することをおすすめします。

研究テーマにも触れることで、自己PRにもつなげやすくなります。

面接官の興味を引ける可能性が高いでしょう。

また、面接担当者と出身校が同じ可能性もあります。

企業の選考は、どのような人材でも平等であることが前提です。

しかし、少しでも共通点が見つかれば、印象にも残りやすいでしょう。

自分の興味のある分野を紹介する手間が省けます。

学生生活について

自分の学生生活についても、詳しく紹介してください。

インターンや留学経験などがある場合は積極的にアピールしましょう。

その際は、実際に自分が感じたことや学んだことを重点的に書いてください。

たとえ同じことを経験していても、人によって感想は異なります。

また、学生生活以外で力を入れている活動を記載するのもおすすめです。

業種によってアルバイトでの経験などが評価されるかもしれません。

特にアパレルや飲食業界などを希望する場合、接客の経験があると強みになります。

学校生活で接客やマナーを学ぶ機会はほとんどありません。

学んだことがあれば積極的に書いてください。

そうしたアルバイトのエピソードで自分の強みをアピールできます。

うまくアピールできれば、面接官の印象にも残りやすいでしょう。

簡潔な自己PR

経験を活かす自己PRがある場合、積極的にアピールすべきです。

その際は、なるべく簡潔な文章を心がけましょう。

特に熱が入ると、複雑な表現を使いがちです。

結果として文章全体が間延びした印象を与えてしまいます。

やる気があるのにそれが伝わりづらいのはとてももったいないです。

最初に結論から書き出すことで、主張がわかりやすくなります。

その後に、結論の内容を説明するように文章を書いていきましょう。

そうすることで説得力のある文章になります。

また、採用側の印象にも残りやすくなるでしょう。

中には文章構成に苦戦する人もいるかもしれません。

その際は箇条書きをしてから、文章にするのをおすすめします。

いくつかのキーワードをあらかじめ指定しておきましょう。

そうすることで、伝えたいことを明確にできます。

記載する際の注意点

これまでは、自己紹介文に記載する内容を紹介しました。

まずは、簡潔な文章構成を考えることが大切です。

さらに、自分の個性を積極的にアピールしましょう。

魅力的な文章が書ければ、面接官の印象にも残りやすくなります。

ポイントをしっかり押さえることで選考に進めます。

その際は、注意すべき箇所にも目を向けてください。

それらを理解したうえで自己紹介文を書きましょう。

実際に記載する場合の注意点を詳しく紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

誤字脱字は絶対にしない

誤字脱字は禁物です。

もちろん人間なので、必ずミスはします。

それを差し置いても、誤字脱字には細心の注意を向けましょう。

特にエントリーシートは、企業に提出する書類です。

採用担当が初めて人材を見る資料でもあります。

誤字脱字が原因で、印象が悪くなる可能性も視野に入れておきましょう。

自分が書いた文章を校閲するには限界があります。

その際は、第三者に添削をお願いするなど対策を進めてください。

客観的に見て、違和感のある言い回しなどを指摘してくれる場合があります。

文章はその人の思考の癖が反映されます。

他人から見てわかりにくい表現が含まれているかもしれません。

その傾向を自分で分析するのは、かなり困難です。

友人などの第三者の意見を取り入れることを心がけましょう。

そうすることで、文章全体のバランスが取れるようになります。

簡潔に書く

文章はなるべく簡潔にまとめましょう。

間延びした文章は読みづらい印象を与えてしまいます。

できるだけ避けてください。

まずは、自分の意見を明確にすることが大切です。

文章を書き始める前に、キーワードを指定しておくことをおすすめします。

また、PREP法を活用するのも良いでしょう。

PERP法とは、結論、理由、具体例、結論の順番で文章を構成する手法です。

これを意識することにより、文章全体に説得力が出てきます。

たとえば、留学経験があることをアピールしたい際には、はじめにそれを伝えてください。

その後に、留学に至った経緯や学んだことを詳しく述べましょう。

そして、最後に留学した結果を伝えてください。

いくら良い経験があってもそれが伝わらなければ意味がありません。

できるだけ簡潔な文章を心がけてください。

丁寧な言葉遣いを心がける

エントリーシートは、面接官が人材を最初に判断する資料です。

文面の言葉遣いに気を配りましょう。

SNSが普及している現代、間違った言葉や意味を目にする機会が多くなりました。

自分でも気付かないうちに誤用している可能性もあります。

疑問がある表現はしっかりと意味を調べてから使用してください。

慣れていない作業を苦痛に感じる人もいるかもしれません。

しかし、誤用することで印象が悪くなる可能性があります。

そのようなリスクはなるべく避けるべきです。

慎重に文章を書いていくことを意識しましょう。

さらに、文面の印象だけだと人柄が伝わりにくい場合があります。

冷たい印象を受ける言い回しはしないほうが無難です。

できるだけ断定した言い方は避けてください。

全体的に柔らかい表現を心がけましょう。

自己紹介を書く時のコツ

これまでは、自己紹介文の内容や注意点について紹介しました。

実際に文章を書くとなると、苦戦する人も多いでしょう。

いきなり印象に残る文章を書く必要はありません。

一度、自力で文章を書いてみてください。

その後、友人などに添削してもらい改善点を見つけましょう。

また、何度も書いてくるうちにコツが掴めてくるはずです。

まずは、感覚で理解することが大切です。

同時に文章を書く際のポイントを理論的に理解する必要があります。

詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

わかりやすい文章にする

いくらやる気があっても、文章によっては伝わりにくい場合があります。

これほどもったいないことはありません。

自分の強みや個性をアピールすることはとても大切です。

それと同時にわかりやすい文章を書くことを心がけてください。

まずは、自分の最も伝えたいことを明確にしましょう。

文章のはじめに持ってくることにより、簡潔な印象を与えられます。

面接官は一日たくさんの書類に目を通します。

結論が先延ばしにされている文章は、読みにくいと感じる人も多いでしょう。

特に大企業の場合、文章すべてに目を通すことは困難です。

はじめの数行で合否が決まるケースも珍しくありません。

そのような場合、間延びした文章は選考に進みにくいと言えます。

これまで紹介してきた内容を参考に、簡潔な文章を目指しましょう。

企業の募集要項に照らし合わせる

事前に企業の求める人物像をチェックしておきましょう。

募集要項の欄に詳しく書いてある場合がほとんどです。

なるべく条件に沿うような自己紹介を意識してみてください。

求める人材像は、いわばその企業の理想です。

全体的な社風やどのようなことに価値を置いているかがわかります。

特に人材を採用する場合、重視するポイントは企業によってさまざまでしょう。

自分の個性をアピールすることはとても大切です。

ただ闇雲に意見を述べれば良いというわけではありません。

自分の個性と企業の求める人材をきちんと照らし合わせてください。

そうすることで、印象に残りやすくなります。

そのためには、業界を研究することが必要不可欠です。

選考を受ける前に、事前の準備を進めておきましょう。

伝える要所を絞る

伝えるポイントや要点をあらかじめ設定しておいてください。

その際は、なるべく伝えたいことを絞りましょう。

箇条書きでいくつかキーワードを出してみるのもおすすめです。

先ほど紹介した企業の求める人材と照らし合わせましょう。

似たような単語がある場合、それを軸に文章を構成してください。

企業の印象に残る自己紹介文に近付けます。

その際は、伝えたいことを詰め込みすぎないように注意しましょう。

やる気や情熱があるのは素晴らしいことです。

しかし、複雑な表現を使いすぎると印象が薄れてしまう可能性があります。

自分の経験を述べる際も同様のことが言えるでしょう。

たとえば、自分が何を学んだかということを伝えることは大切です。

しかし、そこに至るまでの過程は、ある程度まとめた方が読みやすくなります。

余計な部分な省き、なるべく簡潔な文章を心がけてください。

自己紹介の例文

これまでは、自己紹介を書く際のポイントや注意点について詳しく紹介しました。

しかし、実際に書いてみると苦戦する人も多いでしょう。

そこで、自己紹介の例文を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

「○○大学○○学部4年の○○○○です。

大学在学中は、フランスのパリに留学していました。

留学の主な目的は、ヨーロッパ地域における日系企業のビジネス戦略の分析です。

現地調査をして、提携校の生徒や教授に研究成果を発表するというプログラムです。

それをきっかけに、国際的な視野を持つことの重要性を学びました。

勉学だけではなく、現地の学生との親交を深められたのも、有意義な経験の一つです。

引率してくださった○○教授のおかげで、国際社会に対する関心がさらに強くなりました。

現在は教授のゼミに所属しており、さらに見聞を広げています。

研究は「○○○○」をテーマとして進めています。

最近は、ニュースでも取り上げられた○○に関しての資料を調べていました。

貴社でもその経験を活かし、国際的な事業の発展に貢献したいと思います。

よろしくお願いいたします。」

まとめ

今回はエントリーシートの自己紹介文について詳しく解説しました。

ぜひ紹介したポイントを意識してみてください。

もちろんいきなり良い文章が書けるとは限りません。

最初のうちは、簡潔な文章を心がけましょう。

また、メモのような短文を組み合わせるのもおすすめです。

伝えたいことがより明確になります。

余裕がある場合は、自分の個性と企業の求める人材を照らし合わせてください。

文章を書いた後は、自分以外の第三者に添削してもらいましょう。

はじめは少し抵抗があるかもしれません。

しかし、何度も文章を練り直すことで、より魅力的な自己紹介文になります。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます