サマーインターンの正しい服装は?注意点や正しい身だしなみについて解説!

サマーインターンの正しい服装は?注意点や正しい身だしなみについて解説!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

サマーインターンに参加するにあたって、どのような服装で臨めば良いか悩んでいる方も多いでしょう。

そこで今回はサマーインターンに参加するにあたってのふさわしい服装の規定などについて詳しく紹介します。

サマーインターンにふさわしい服装は?

サマーインターンにふさわしい服装とはどのようなものなのでしょうか。

様々な場合に分けて紹介するため、あなたが参加するサマーインターンを中心に参考にしてみてください。

スーツ指定の場合

スーツを指定された場合はシンプルで清潔感のあるビジネススーツを着用することが基本です。

男性はダークカラーのスーツに白いシャツ、女性はパンツスーツやスカートスーツに白いブラウスを合わせるのが一般的です。

男性の場合、黒や白のネクタイは冠婚葬祭などのフォーマルな場面で用いられるため、派手すぎない、落ち着いた黒白以外のネクタイを利用することをおすすめします。

シューズも重要で、革靴を選ぶようにしましょう。

女性も同様に、派手すぎないシンプルなパンプスを選ぶと良いです。

アクセサリーやネイルなどは控えめにして、全体的に落ち着いた印象を心がけましょう。

オフィスカジュアル指定の場合

オフィスカジュアルを指定された場合、男性は襟付きシャツやポロシャツが適しています。

パンツはチノパンやスラックスが良く、靴は革靴や暗めの色の靴を選ぶようにしましょう。

女性はブラウスやカーディガン、スカートやパンツを組み合わせるとバランスが取れます。

カジュアルすぎず、ビジネスシーンにふさわしい清潔感を保つことが重要です。

また、派手な色やデザインは避け、落ち着いた色合いの服を選ぶと良いです。

全体のコーディネートを意識して、プロフェッショナルな印象を与えるように心がけましょう。

私服指定の場合

私服指定の場合でも、基本的にオフィスカジュアルを基準にするのが安全です。

ただし、個性を出すように指示を出してくる一風変わったベンチャー企業も存在します。

そのような場合は普段の服装で参加しても問題ありません。

しかし、この場合も清潔感を大切にし、あまりにもカジュアルすぎるスタイルは避けるべきです。

具体的にはデニムやスニーカー、派手なプリントのシャツなどは控えた方が無難といえます。

スーツは私服ではないため、この指定がある場合は避けるのが無難です。

全体的に会社の雰囲気や業界に合わせたスタイルを意識するようにしましょう。

服装自由の場合

服装が自由とされている場合でも、一般的にはスーツかオフィスカジュアルを選ぶのが無難です。

どちらが多数派かは当日の雰囲気に左右されることが多いですが、銀行や保険、証券会社など常に信頼が求められる業界ではスーツが好まれる傾向にあります。

一方で、IT企業やベンチャー企業などでは比較的自由度の高い社風が多いため、オフィスカジュアルが適しています。

いずれにせよ、清潔感とプロフェッショナルな印象を与える服装を心がけることが重要です。

オンライン開催の場合

オンライン開催の場合でも、基本的にはスーツかオフィスカジュアルが無難であるといえます。

万が一、全身を映さなくてはならなくなった際に備えて、上半身だけでなく下半身もしっかりとした見た目を整えるようにしましょう。

また、ライティングや背景にも注意を払い、明るく清潔感のある環境を整えることが望ましいです。

指定がわからない場合は、ひとまずスーツを着ておくのが無難です。

オンライン開催の場合は自宅から参加できるため、多少スーツなどで熱く感じる場合でもエアコンを効かせれば十分に耐えられます。

顔色が良く映るようにライトの明るさなども調整し、背景には余計なものを置かないようにしましょう。

服装指定がない場合

服装指定が全くない場合はスーツを着用するのが無難です。

スーツは最もフォーマルで信頼感を与える服装であり、特に初対面の場では好印象を与えられます。

スーツを着用することで自分の真面目さやプロフェッショナルな姿勢を示すことができるため、安心してインターンシップに臨めます。

アクセサリーや靴などの小物もスーツに合わせてシンプルかつ上品なものを選び、全体の調和を考えたコーディネートを心がけましょう。

サマーインターンの服装で注意すべき点

サマーインターンの服装で注意すべき点についても4つ紹介します。

以下のポイントを踏まえた上で、マイナスな印象を与えないように心がけましょう。

露出が多い服装を控える

露出が多い服装はビジネスの場では不適切とされています。

男性はノースリーブや短パンはさすがに避けて、清潔感のあるシャツとパンツを選ぶことが大切です。

女性も同様に肩を出すトップスや短すぎるスカートは控えるべきです。

ビジネスシーンでは露出が多い服装はプロフェッショナルな印象を損なう可能性があり、注意しましょう。

また、体にフィットしすぎる服も避け、適切なゆとりのある服装を選ぶことで上品さを保てます。

露出を控えた服装は他者への配慮を示すだけでなく、自分自身の信頼感を高めることにもつながります。

ジャケットを持参する

ジャケットを持参することで、周囲の服装を確認しながら適切な服装を選べます。

インターン先のオフィス環境や他の参加者の服装によって自分の服装を調整する場面があることも多いです。

ジャケットを持っていけば、カジュアルな場面でもフォーマルな場面でも対応できます。

また、急な会議や重要な場面に備えてジャケットを持参することで準備が整います。

身だしなみを整えるだけでなく、信頼感やプロフェッショナルな印象を与えるための重要なアイテムです。

さらに、インターン先の企業のエアコンが強すぎる場合など、想像以上に寒い場合もあるため、防寒対策としても優秀です。

暑さ対策をする

ジャケットが防寒対策に優秀であると話した直後ですが、もちろん暑さ対策も大切です。

通気性の良い服を選ぶことが快適に過ごすポイントといえます。

薄手のシャツやパンツを男性は選び、女性は涼しい素材のブラウスやスカートを選ぶようにすると良いです。

また、ハンカチやタオル、飲み物を持参してこまめに水分補給を心がけることも大切です。

オフィス内はエアコンが効いていることも多いですが、移動中や外出の際には暑さ対策が欠かせません。

特に取引先に営業に行く場合などは、汗だくで行ってしまうと暑苦しい印象を与えてしまうため、適度な涼しさを保ちながらビジネスにふさわしい服装を選ぶようにしましょう。

悩んだら採用担当者に聞く

サマーインターンに参加するにあたって「服装について質問してはならない」というルールは存在しません。

むしろ、質問することで「正直にわからないことは聞いてくれる、真面目な人物だ」という印象すら与えられます。

具体的な指示がない場合はどのような服装をすればいいか積極的に聞いてみましょう。

ただし、もちろん夜遅くや土日の連絡は控えるべきです。

一般的なビジネスマナーに合わせて9時から17時の間に連絡し、お昼休みの時間帯は避けるようにしましょう。

あらかじめ確認しておけば当日余計な心配をする必要もないため、悩んだらひとまず採用担当者に聞くことをおすすめします。

服装以外の身だしなみにも気をつけよう

サマーインターンにおいて気をつけなければならない見出しは服装に限ったことではありません。

以下の6点を確認した上で、服装以外にも清潔感を与えられる身だしなみを心がけて参加しましょう。

髪型

就活における髪型は清潔感を与えることが重要です。

男性は短髪か前髪を上げるスタイルが好まれ、顔がはっきりと見えることがポイントです。

髪が長い場合は整えて耳にかからないようにし、スッキリとした印象を心がけましょう。

女性の場合も同様に髪をまとめるか、顔にかからないように整えると良いです。

髪をまとめる際はポニーテールなど、きちんとしている印象を与えられるスタイルが適しています。

また、あまりにも明るすぎる髪色や過度なスタイリングは控え、自然な色合いとスタイルを選びましょう。

特に明るすぎる金髪や奇抜な色は避けることが無難です。

顔の見だしなみも第一印象を左右する重要な要素です。

女性はナチュラルメイクを心がけ、清潔感と健康的な印象を与えるようにしましょう。

メイクは肌のトーンを整え、口元や目元は控えめに仕上げるのがポイントです。

男性も顔のひげや産毛などを剃り、清潔に保つことが求められます。

また、眉毛も細すぎると高圧的な印象を与えてしまいますが、伸び放題だと清潔感がないため、ある程度整えることが重要です。

さらに、肌のケアも忘れずに行い、乾燥や油っぽさを可能な限り防ぐようにしましょう。

企業訪問などの際に明るく元気な印象を与えることにつながるため、清潔感が大切です。

靴は服装の一部として重要な要素であり、清潔な印象を与えるために適切な靴選びが求められます。

男性は革靴やローファーが一般的で、色は黒や茶色が無難です。

靴は日々手入れをし、汚れや傷がないように保つようにしましょう。

女性はパンプスやシンプルなフラットシューズが適しており、色は黒やベージュなど落ち着いた色合いが好まれます。

靴もまた清潔に保つことが大切で、汚れた靴は避けましょう。

また、就活においては歩き回ることも多いため、履き心地の良い靴を選ぶことも大切です。

カバン

カバンは必要な持ち物を整理して持ち運ぶために重要なアイテムです。

男女ともに自立性のあるダークカラーのカバンをおすすめします。

リュックは便利ですが、スーツが傷つきやすい点や自立性に欠けるため、できるだけ控える方が良いでしょう。

ただし、カバンにもリュックにもできる2WAYタイプのものであれば特に問題はありません。

カバンの選び方として黒やネイビーなどの落ち着いた色合いを選ぶことでビジネスシーンに適した印象を与えられます。

また、カバンの中身は必要な持ち物だけを入れるようにしましょう。

また、汚れがないように注意することも大切です。

持ち物

持ち物は必要最低限に絞り、整理整頓して持ち運ぶことが大切です。

基本的な持ち物としてはメモ帳やペン、身分証明書や学生証、ハンカチ、腕時計、飲み物などが挙げられます。

これらの持ち物は面接や企業訪問の際に必要となることが多いため、忘れずに準備しておきましょう。

ただし、荷物が多すぎると見た目がだらしなくなり、相手に悪い印象を与える可能性があるため、必要最低限に抑えることが大切です。

持ち物を整理整頓し、スムーズに取り出せるようにしておくことで面接や企業訪問の際に落ち着いて対応できるようになります。

その他

その他気をつけなければならない見た目の要素として、爪を短く切り清潔に保つことも重要です。

特に男性の場合はネイルなどをしていないでしょうから、短くしておきましょう。

女性の方で、普段ネイルをしていて「インターンが終わったらまたネイルをしたい」と思っている方は切る必要こそありませんが、当日はネイルを落としてから臨んだ方が良いでしょう。

また、香水やアクセサリーも原則として控えるべきで、特に香水は他人に強い香りで悪い印象を与えかねないため、使わないようにしましょう。

派手なアクセサリーもビジネスシーンには不適切であり、特に必要ないため外しておくことをおすすめします。

サマーインターンの服装でよくある質問

最後にサマーインターンの服装に関して多くの方からいただく質問を紹介します。

就活エージェントを運営する中で多くの就活生の方からいただく質問をまとめたため、ぜひ参考にしてみてください。

動きやすい服装とはなんですか?

「動きやすい服装」という指定があることも多いですが、その意味は「オフィスカジュアルの中でも、特に快適さと機能性を重視した服装」を指しています。

伸縮性のある素材のパンツやスカートが適しています。

長時間の座り仕事や移動が多い場合でも快適に過ごせるようになるからです。

トップスについても軽量で通気性の良い素材を選ぶことをおすすめします。

例えば薄手のコットンシャツやポロシャツ、またはシルクやリネン素材のブラウスなどが適しています。

また、靴も歩きやすく足への負担が少ないものを選ぶことが大切です。

ビジネスシューズであってもインソールにクッション性があるものや、適度なヒールの高さのパンプスなどが推奨されます。

動きやすい服装は仕事の効率を高めるだけでなく、快適さを保つための重要な要素です。

服装は選考要素に含まれますか?

結論として、サマーインターンにおいて服装そのものが選考の直接的な要素に含まれることはありません。

しかし、適切な服装を選ぶことは採用担当者に良い印象を与えるために重要です。

例えば、企業が指定したドレスコードをしっかり守れば、指示に従う能力や細かいところまで気を配る姿勢を示せます。

また、清潔感のある服装や適切なスタイリングは自己管理能力やビジネスマナーの一環として評価されることもあります。

服装が選考要素「そのもの」にはなることはありませんが、間接的にあなたの評価に影響を与える可能性があるということは覚えておきましょう。

クールビズは可能ですか?

サマーインターンにおいてクールビズが可能な企業がほとんどですが、企業の指定は確認しておく必要があります。

クールビズの指定がある場合はその指示に従い、ノージャケットやノーネクタイで問題ありません。

しかし、クールビズの指定がない場合や明確なドレスコードが示されていない場合は、基本的にはスーツを着用することが推奨されます。

特に初対面の場面や重要な会議などは、正式な服装を選ぶことで相手に対する敬意を示せます。

また、クールビズを実現する際も、シワだらけのシャツなどではなく、しっかりとアイロンをかけてから利用した方が良いです。

ただし、暑さに弱い場合や、初日から取引先に営業に行くことなどがすでに判明している場合は、参加前にクールビズで参加して良いか確認することをおすすめします。

就活の悩み相談ならジョブコミット

今回はサマーインターンにおける服装について紹介しましたが、サマーインターンに関する他の悩みなどを抱えている人も少なくないでしょう。

そこでおすすめなのは、就活エージェントサービスであるジョブコミットを利用することです。

ジョブコミットは完全無料で利用できるだけでなく、ESの添削や面接対策、様々なお悩み相談などにも利用できます。

サマーインターンでどのような企業を選べば良いのか、どうしたら選考通過できるのかなど、ありとあらゆる質問や疑問に対して、あなたの目標や特徴を踏まえた上で回答してくれるため、非常に信頼性が高いです。

ぜひ気になる方は、以下のリンクから登録してみてください。

まとめ

今回はサマーインターンの服装について詳しく紹介しました。

服装だけが判断材料となることはありませんが、あまりにも適していない服装はマイナスの印象を与えてしまう可能性が高いです。

間接的な評価の基準となることが多いため、ぜひ本記事の内容を踏まえた上で企業に良い印象を与える服装を心がけましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます